スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海に住む少女――あなたは……ですか――

海に住む少女
著:シュペルヴィエル
訳:永田千奈
出版:光文社古典新訳文庫
ジャンル:幻想小説


 この光文社古典新訳文庫って紙質がすごい好きです。手触りがいい。カバーのシンプルなデザインもいいですね。って、前も言いましたっけ。まあいいや。
 ただ、この光文社古典新訳文庫なんというか、訳者によるのかもしれませんが、訳が良くも悪くも非常に独特な印象を受けます。まあ、他の訳を読んだことがある作品との比較としての感覚であって、原文から見てどうこうというわけではないですけども。あー、やっぱり、この文庫のコンセプトに合わせて、訳者が現代風な訳というものを意識して訳しているんでしょうかねえ。


 さて。私はこのシュペルヴィエルという作家を、この作品で読むことで初めて知りました。現代にまで残る古典というと、わりと有名な名前が多く、事実、光文社古典新訳文庫をざっと眺めてみるとどこかで聞いたような名前ばかりが並んでいます。そんな中、私がこの作品を手に取った理由は単純、タイトルの“少女”という言葉につられました。良い美少女が出ないものかと私はいつもなにかしら探しています(目を血走らせながら)
 いや、しかし、その私の期待に見事に適いました。私が想像する、“少女”と呼ぶに相応しい少女がこの作品の短篇集に登場します。
 表題作『海に住む少女』、『セーヌ河の名なし娘』、『バイオリンの声の少女』。いずれも、無垢な性を思わせる、たおやかな少女が登場します。こういう、なんていうんですかね、そのままの意味で言えば、女を感じさせない少女ということですが、とにかくそういうのは私の好きな少女象の一つなんですよ、はい。超次元ネプテューヌのキャラみたいに女(というより女の子っぽい無邪気さ)を感じさせる少女も大好きですけどね。

 それはさておき、この短篇集でまず特筆すべきは豊かな空間の表現です。現実に即したものを上手く重ね合わせていることで、非常に密なリアリティのある世界観を創りだしています。
 それらを読み終えたとき、主人公という立場として引き合いに出されたものたちの息づかい、あるいは日常に限りなく近い幻想が、物語という枠組みの中で読者による幕引きを待ち望んでいることがわかります。この作品の短篇集はすべて、物語としての死に向かって緩やかに、かつふらふらと蛇行しながら向かっているのです。
 表題作『海に住む少女』は、その傾向がもっとも顕著で、作中での少女がただただ続ける日常行為の中に、読者は悲嘆と慟哭を見いださずにはいられなくなります。それは少女を憐れに思うからではなく、読者が少女を通して見ている物語が音もなく死に絶えていく様をまざまざと見せつけられるからに他なりません。作中で少女が唯一口にした「助けて!」という言葉は、少女ですら物語の中にいられなかったということを、読者に強く印象づけることでしょう。

 この短篇集の中での私のおすすめは、先に挙げた、少女の作品。そして、『ラニ』という作品です。他にもいくらかありますが、まあ、面白いことは面白いとはいえ、それほどおすすめしたいものではありません。作品そのものの量はそれほどないものの、ロリキャラ大好きな人なら一度は読んでおくべき、と言っておきます。『バイオリンの声の少女』なんかもベタですけど、すごく柔らかくて、良い感じの少女作品ですよ。四ページしかないけど。

 それにしても、こういう少女がメインに据えられた話を読むと、脳内で二次美少女の容姿を想像してしまうわけですが(仮に作中で十人並みの少女と言われても思い浮かべるのは美少女)、私が想像する容姿っていつも金髪か桃髪なんですよね。もう自分でもどうかしているとしか思えない。たまには十二単が似合う黒髪少女を空想したいものです。

神様のパズル――“無”ならばそこら中にある――


神様のパズル
著:機本伸司
出版:ハルキ文庫
ジャンル:ツンデレ属性啓蒙小説


 小松左京賞を受賞した作品のようで、結構前に評判になっているんでしょうね。映画化、漫画化もされているようです。


「宇宙は“無”から生まれたと本には書いてある。なら、人にも宇宙は作れるんですか? “無”ならばそこら中にある」


 この作品ではSFの話がメインといえばメインなんですが、教科書的なSFというよりは、亜流のSFと言える内容。強いて挙げるならSF考察小説。ただ、個人的にこの作品に対してこれだけは絶対に言えるということがあります、それはこの作品のメインヒロインほどお手本に近いツンデレを体現している少女は、これまで私が読んできた小説の中でも非常に希有な存在だということです。脳内で黒髪ツインテール少女をモデリングできる人なら、きっと悶え狂うはず。


 内容としては、うだつの上がらない男子学生が、ひょんなことから受けることになった大学のゼミで教授から「ちょっとお前、あの天才を呼び出してこい」と言われ、そこからなんやかんやと巻き込まれていって、途中からえらく壮大な話になっていく、という感じです。まあ、そんなことはどうでもいいんです、たいした問題じゃあない。
 この天才少女がとにかく可愛い。主人公と恋愛関係には至らないんですが、とにかく可愛い。主人公の肩からのめり込むようにして天才少女の一挙手一投足を眺めるのがこの作品の正しい在り方と言えるでしょう。

 あと、この作品には続編があります。そちらも天才少女が遺憾なく可愛さを発揮してくれるので、なかなかオススメです。ノーツンデレ、ノーライフ。


デュシャンは語る

デュシャンは語る
マルセル・デュシャン
聞き手:ピエール・カバンヌ
訳:岩佐鉄男・小林康夫
出版:ちくま学芸文庫
ジャンル:インタヴュー


 マルセル・デュシャンのことをまったく知らなかった私が、ジョン・ケージの名前につられて興味本位で手にしたインタヴューまとめ本。結局マルセル・デュシャンってどういう人なの、と疑問が最後まで残る本でもあります。エキセントリックの仮面をかぶった、最高にノーマルな人間で芸術家っぽい、謎の人物。インタヴューの中で「私は最高度にノーマルな人間だ!」を本当に言ってるから困る。

 さて、デュシャンのことをまったく知らず、しかもいまだに彼の作品というものを見ることすらないまま、こうしてこのインタヴュー本についてなにやら書き始めた理由は単純、この本がこれそのもので十分に楽しめるからです。エンターテイメントとしてから、さらにもうひとつ踏み込んだところで。デュシャンという人となりがこの本を読んでわかるかどうかは人によりますが、このインタヴューを読めばデュシャンの軌跡というものが見えてくるのは間違いありません。二つの大戦の傍らで彼がどういった生活を送ってきたか、どんな交流を経てきたか、彼の知人・友人はどう過ごしたか――インタビュワーもずいぶん癖が強いですが、このデュシャンという生き方は読者に、あるいは読者たちが営むであろう生活に対して、いたって痛烈で濁りのない反射板の存在を思い起こさせてくれるでしょう。それほど普通で、底知れない常識がうかがえます。そう、デュシャンは私たちにとっての普通を疑わせるほど、あまりに普通すぎるのです。
 『誰かに起こりえたことは誰にでも起こりうることである』。彼がインタヴューの最後で述べる「七十九歳のすべての人を襲う身体の不調を経験しただけなのですよ」は彼のインタヴューに触れた読者に、正しくそれを体現してみせました、あくまで自然の成り行きで。


 話は終始、芸術家やその周りで起きたことに尽きますが、話している内容は非日常とは程遠く、それでいて芸術家らしい思想や立ち位置からは離れることがないので、芸術を通しての、在り来りな日常というものが見えてきます。これはデュシャンという物語を読む本だ、と言い換えてもいいです。退屈で刺激的な物語、魅力的なものです。


 ところで、この本、読むのに何ヶ月か掛かりました。いやー、いつ読み出したか覚えていないんですけど、がっつり読むということをせず、空いた時間でたらたらと読んでいたからなんですが、いやはやこれほど長く時間をかけておきながら放り出さなかったのは久しぶりです。私は飽きっぽいので途中で駄目だと思ったらすぐに読むのを止めるんですけどね。なので、一気に読み切る勢いをなしに最後まで目を通すというのは珍しい。
 まあ、かといって、特段面白いというわけでもなかったんですが。面白いというわけではないんですけど、魅力があるんですよ。なかなか不思議な本でした。

桐野くんには彼女がいない!?――夢から覚める、ひとつの死――

桐野くんには彼女がいない!?
著:川口士(かわぐち つかさ)
絵:美弥月いつか
出版:一迅社文庫
ジャンル:タイトル詐欺


 設定もさることながら、ストーリーの展開がこりゃまたブラボー。日常と非日常の繋ぎが上手い具合にグラデーションになっていて、読めば読むほど期待感が煽られます。
 あと美奈。いいですね、ラノベでこれほどロリキャラっぽいロリキャラは久しぶりに見ました。はやくもこの子といちゃいちゃする短編が見たくてたまらない。いや、むしろ私は2巻が美奈だけの為の話でも構わないんですがね(チラッ)
 まあ、露骨に催促しても意味がないのでやめておきましょう。いやしかし、途中まで読んでいてロリキャラの登場を諦めていただけに嬉しい誤算でした。こういう、隠し玉的なロリキャラは大歓迎。

 話は、よくある学園日常系、ではなく、学園異能力もの。バトルはほぼなし。パロネタ若干多め。

 入学式の日の出来事が切っ掛けで“邪気眼”持ちと揶揄されることになった桐野康介。彼は、本当に異能力を持っていた。
 桐野康介と桐野康介の幼馴染みである沙由里、転校生でロシア系クォーターであるレナ、写真撮影を得意とする麻耶。四人から構成される鉄道研究会兼ラノベ部は、ちょっと不思議でスリリングな物語に巻き込まれていく。


 と、裏表紙のあらすじと似たようなものですが、そんな感じ。この一巻、かなり伏線っぽいものが隠れているような気がしないでもないんですが、まあそれはておき、作中でわりとすぐに明かされる設定のひとつに「桐野康介は十八歳までに童貞を捨てなければ死ぬ」というものがあります。これはこの巻の進行でかなり重要な役割を持つ設定でして……まあ、その点に関してはさておきましょう。
 この作品、それほどヒロインが表に出てきません。出番が少ないというわけではなく、個性を主張するところが少ないというべきか。あくまで主人公主体の話が進められます。まあ、これは一巻の展開が、主人公にだけ大きく関わっているものだからですが、この点は、人によって賛否がわかれるところだと思います。主人公の問題だから他のキャラが置いてけぼり、というのはどうしても因果関係というか、時間の連続性というか、そういったものを薄めてしまいますから、えー、俗に言うカタルシスが得にくいと思うんですよね。実際、この一巻にはそれがあんまり、いやほぼ無いです。当然、あれば良いってもんでもないんですが。
 いや、しかし、それでもこの作品は面白いですし、また、今後が非常に期待できる作品です。この作家の他作品は読んだことはありませんが、素晴らしい素質をもった作家ではないかと思います。たぶん、これからどんどん上手くなるでしょう。次巻の発売を心待ちにすることにします。


 ああ、それはそうと、作品タイトルはちょっと無しだと思う。うん、これは無かった。

高杉さん家のおべんとう――もふーっ――


高杉さん家のおべんとう
著:柳原 望
出版:Media Factory
ジャンル:お弁当



 幼女を餌付けする作品……そう思ったのに、なぜ……どうして、こんな……あってはならないことがッ!
 どうして……13歳……もう妙齢じゃねえか……ッ! なぜ……こんな理不尽な……どうして私ばかりがこんな目に……!

 世の非情、ここに極まれり。メインヒロインがあと2歳若ければ私はここに二次RANKNG更新のお知らせをしなければならなかったでしょう。

 31歳無職→のちに助教授になる男が、唐突に同居することに相成った中学生の美少女を餌付けする話です。
 1巻の時点ではメインヒロインである久留里が12歳なので、まあ、ぎりぎり許容範囲内と言えなくもないと無理やり思い込もうとすればできなくもないんですが、途中でこの子、13歳になるんですよ。その辺りが切歯扼腕するほど残念であることはさておきまして、この久留里、単純にカテゴリで括るならいわゆる小動物系の少女でして、なかなか見応えのある子です。
 話そのものは弁当or朝食夕食を作ったり作られたりで心の交流をはかっていくところがメインで、えー、日常における事件も弁当やらなんやらで解決してしまおうという、力業な展開が多々ありますが、いやしかし、よく考えてみると、美味しいものを食べたらたいていのことは解決できるような気もしますね。美味いものを食べながら苛々できる人はそういないんじゃないでしょうか。まあ、その代わりに不味いものを食べれば苛々したくなるんでしょうけどね。
 なんといっても見所は久留里の一挙手一投足。エプロン姿はもとより、食材と特売を前に目を輝かせる場面やところどころで照れ照れしてはにかむところなど、ほむ、愛らしい。
 露骨に触れられる父親フラグのクラッシュとなんか久留里の周りをちょろちょろしている小僧の死亡フラグ乱立を願いつつ次巻を心待ちにしたい作品。

 それにしても、絵の感じがいかにもちょっと古めの少女漫画チック。そこはかとなくこの作者の方の好きな漫画傾向が見えてくるような気もします。ただ、絵は少女漫画チックなのに構成はそうでもないんですよね。コマ割りとか話の展開とか。少し奇妙な感じです。
 と、あとでグーグルでヤフってみたら(ヤフーでググるでも可)、LaLaDXやメロディで結構描いている少女漫画家さんらしい。道理でいかにも少女漫画という絵なわけです同時期の作家だからかもしれませんが、やまざき貴子の絵にも少し似てますね。たまたまでしょうけど。LaLaと花とゆめはDXと別冊含め一時期よく見てましたけど、この人の作品は覚えてない。見たら思いだすかもしれませんが。

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。