スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間を超える光の迷宮

かなり久しいブログ書き。

『博多通りもん』を食べながら幸せな気分でPCの前に座っています。とおりもんうまかばい。

 

火星から続々と新画像が送られてきたり、木星の衛星タイタンで謎の気象活動が観測されたり、いろいろと聞いていて楽しいやら悔しいやら、様々な思いを抱きながら二次ロリを愛でているわkですが、

それにしても、人類が太陽系外へと飛び立つ日はいつ訪れるんでしょうかね? あるいは、そんなことはただの見果てぬ夢に過ぎないのでしょうか。すごく楽しみにしてるんですけど。私が死ぬ前までにオールトの雲を抜けてほしい。

 

「ムーアの法則」が破られるかもしれない:WIRED

つい先日にはこんな記事も出ており、相変わらず私の知らないところで、世界に潜む奴ら(マッドサイエンティスト)は好き勝手やってくれています。これが、この世界に課せられた運命だというのか。

人類の積みかさねてきた叡智がいまこそ試されるとき――!

 

しかし、実際のところどれほど科学技術を発展させれば太陽系外に挑戦できるのか、未知数ですね。

シンギュラリティは人類を超える知の存在を内包していますが、その存在が宇宙を目指すとは思えませんし。かといって、現在的な手法の延長に、数年、あるいは数十年にわたる宇宙開発というプロジェクトが成功に繋がっているとも思えませんし。

どちらにしろ、まずは早く火星の探査からなにかしら画期的なもの、人類の常識を覆るものがポロッと出てきて欲しいところ。

Typhoon

 

先週の台風18号に続き、台風19号が迫ってきていますね! 

連休の最後にも影響が出るかもしれないから外にでられない……。

 

こんなときこそ、DarkSouls2!

安心と信頼のベンチャー企業エス・ロイエスではド畜生の二匹のデカ猫と光速エイムの異名を持つ白王が未経験者を丁寧に殺戮!

寿命と理性を的確に削ってくれます! ふるってご参加ください!

 

うるせえ!(ドンッ)

いやもほう本当、あの吹雪MAPとか虎二匹とか気が狂っとる。白王は戦闘のシステム自体は面白いけど、動きとダメージがひどい。白王は一対一じゃないとわけのわからない動きをするんですよね。ロックの範囲がめちゃくちゃ広いってだけなんでしょうけど。

そりゃ、勝てないわけじゃないですよ。動きに慣れて、運も味方すればなんとかなるでしょう。でも、すごく面倒くさい。こんなMAPやボスやら望んだわけじゃなかった……。

DARKSOULSの深淵DLCはあんなに良かったのに。どうしてこうなった。

まあPS4で出るBloodborneに期待ですね。ボス戦とMAPで満足できる内容になっていれば良いのですが……。

Dark Souls2――絶望よりも深い失望――

艦これの夏イベントが終わってからしばらくし、今度はダークソウル2をはじめました。

で、ブログをさぼっているうちにクリアしました。つーか、楽勝っしょ(白サインを探しつつ)

まあ、そこまで楽勝というほどでもなかったんですが心が折れるほどのことはなかった。

というかそもそもまともに試行錯誤することなく、適当に避けて当てるだけをやってたら終わってしまった。いやうん、結構残念な出来でした。ボスが弱すぎる。一週目とはいえ、ここまで拍子抜けだとは思わなかった。

DLCのシーズンパス(DLC三部作のダウンロード権)も購入し、DLCの一弾目にあたるMAPは攻略済み。これから二弾目のMAPに突入するところです。

 

しかし、ダークソウル2は本当に残念な出来でした。単体としての出来はともかく、シリーズとしての今回の作品は、まさに改悪されたとしか言えない内容ばかり。

 

まず、ボスがひどい。弱い、影が薄い、単調、挙句のはてには「一体(シングル)で(難易度が)足りないなら二体(ダブルス)で行くよ」という謎の展開。

ダークソウル1でもボス戦ではいろいろ残念なところがありましたが、これほどではなかった。少なくとも、戦っていて面白いと思えたボスはいましたからね。DLCのアルトリウスやマヌス、カラミットなんかにしても、なかなか面白かったので、今回の作品には結構期待していたんですよ。

ところがどっこい、いざ蓋を開けてみるとトッ○バリュブランドの菓子のような量産品ばかり。2はまったくと言っていいほど面白いボスがいない。ちょっと酷すぎる。デーモン戦に関しては、デモンズから劣化の一途をたどっています。デモンズのオーラントやら炎に潜むものやら、何回戦っても面白いデーモンがいたのに、最新作のこの作品でどうしてここまでつまらなくできたのか逆に不思議なレベルです。

 

次にマップ構造。デモンズは楔の神殿からそれぞれのマップの入り口に行き、そこから奧へ奧へと進んでいくタイプなので、それぞれのマップで統一感がありました。ダークソウル1はシームレスタイプでしたが、なんだかんだで全体的に立体的な繋がりがあり、先に進めば進むほどその繋がりがわかっていくのが楽しかった。最下層から病み村、狭間の森から飛龍の谷なんかは、初見だと感動しました。ダークソウル1はマップに関しては本当に良かった。

今回のダークソウル2も1を継承したシームレスタイプですが、まったくといっていいほど繋がりがない。マデューラから蜘蛛分かれしたような繋がり方でしかなく、どこをどう進んでもただ奧に行ってくるだけ。で、行き止まりでなんか大ボスっぽいのが出てはいおしまい。ひどすぎて言葉もないわ。

 

そしてマルチプレイ。クリア済みマップでの侵入ありってのは本当に害悪。買い物だけして戻ろうとしたら「篝火は使えません」、アホかと。いや、まあこれは百歩譲って許容するとしましょう。しかし、クリア済みのホストに闇霊が入ってくる=マップ攻略中のホストに侵入できる闇霊はそのぶん減るってことですよ。侵入する側の思惑はそれぞれあれど、ホストと敵対するというのが大目的でしょう。しかし、マップクリア済みのホストからしたら、わざわざモブが徘徊するマップに進む必要はないわけです。となると、篝火付近で闇霊が来るのを待って、適当にちゃんばらしてはいおしまい。もうなんのための侵入システムなのかと。

誓約関連で修練やら死合やら、同誓約のプレイヤー同士で戦えるシステムもありますが、それはそれで独立しているからなにも言う気はありませんが、しかし結果として、誓約が増えすぎたことによる猥雑さがマルチプレイに支障を与えているような気がしてなりません。つうか、修練とか死合とか統一すりゃいいのに。どうしてわざわざ違う誓約で似たようなことをやらせるのか。

 

他にも細かい不満は山ほどありますが、ゲームとしては普通に楽しめないこともない、というぐらいなので一応、DLCの三弾目が出るまではプレイします。

その後は、オフラインで二週目のノー篝火ノーデスクリアを目指すかもしれないっていうぐらい。なんか、ノー篝火、ノーデスでそれぞれ指輪がもらえるようなので。っても、それから先にプレイするかどうかわからないので、使うことはないかもしれませんが。

 

正直、こんな調子だともう次回作は期待できません。DLCの三弾目もすでに期待してない。一弾目があまりに酷すぎました。

噂ではディレクターが変わったせいだとかなんとからしいですが、ここまで盛大に転げ落ちなくてもいいのに、どうしてここまでしでかしてしまったのかと愚痴を言わずにはいられない。

 

ああ、ただ唯一、NPC白霊の充実っぷりは良かったです。まあ、そのNPCのゲーム内での軌跡がほとんど見えないっていう、これまたどうしようもない欠点付きではありますが。

 

どこか、デモンズの良いところを拾いあげた作品出してくれませんかね。デモンズみたいな面白さを持つ作品って、洋ゲーの中にはまったくないですから、日本のメーカーだけが頼みの綱なんですが……。

 

ガストあたりがアトリエ+デモンズみたいな作品出してくれたらいいんですけど。アイテムを作成して強くなっていく系のゲーム。ロリキャラをメイキングできる作品ならなお良し。なんなら幼女ホムンクルスを創りあげるゲームでも良いんですよ。購入価格は人としての尊厳で(当店では最安価格で取り扱っています)

PS4もいろいろ出てきましたし、デモンズに続くブレイクスルーがそろそろ欲しいですね。

艦隊これくしょん2014夏イベントその3(本土近海遊撃戦)

AL作戦、MI作戦を攻略した提督を待っていたのは、さらなる地獄だった。

 

E-6、今回のイベントの最終面にして最悪のMAPです。

毎度言ってますけど、(敵が)固けりゃいいってもんじゃないんだよ! 

 

まず、AL作戦、MI作戦に投入した艦娘は使えません。同艦他娘はその限りではありませんが、どちらにせよ、このMAPで求められる艦種はほぼ決まっています。

  • 可能な限り耐久力と装甲が高いこと
  • 可能な限り火力が高いこと
  • 最低限の艦載数を有する軽空母

これを満たせばなんでも良いということになるんですが、まあ、大和型ですね。

最初は長門型でもなんとか……と思ってましたが、ちょっと無理っぽいです。私だったらくじける。

こちらが主力艦隊。

E6迎撃艦隊

で、こっちが決戦支援艦隊。道中支援は必要ありません。あったところで、どうせ空母棲姫は落とせませんし。道中の事故は主に奴のせい。

E6決戦支援

 

装備がですね、これまた索敵値が非常に高く要求されてまして、主力艦隊のほうはほぼ固定になります。この状態から彩雲を変更したり、32号電探を外すとボス前で逸れる。

主力艦隊

  1. 大和 46cm砲×2/32号電探/零観
  2. 武蔵 46cm砲×2/32号電探/零観
  3. 霧島 46cm砲×2/32号電探/夜偵
  4. 北上 10cm砲/20.3cm(2号)/甲標的
  5. 龍驤改二 烈風/烈風改/彩雲/ダメコン
  6. 千歳改二 烈風×2/彩雲/ダメコン

まず、艦種。最初正規空母を入れたり、戦艦を五隻にしたりして試してみたんですが、どうも夜戦ルートにはいってしまうようです。そのうえ、ボスから逸れる。軽空母二隻でルート固定のようです。

制空権については、これでボス戦で優勢がとれます。もちろん、優勢は必須です。観測射撃もそうですし、夜戦での夜偵発動は航空優勢以上という条件があります。夜偵は夜戦でのこちらの砲撃の威力をあげるそうなので(詳しくはわかりませんが)、持っているのであればいれたほうが良いでしょう。

 

支援艦隊

  1. 島風 10cm砲×2/33号電探
  2. 夕立改二 12.7cmB砲×2/33号電探
  3. 長門 41cm×3/試製41cm
  4. 陸奥 41cm×3/試製35.6cm
  5. 加賀 彗星甲×4
  6. 赤城 彗星甲×4

ぶっちゃけ、おまじない程度。運がすごく良ければ三隻ぐらいに当たる、そうでなければ一隻に多少のダメージを当てられる程度。消費に見合った戦果とは言いがたいです。ただ、やはり駆逐を落としてくれることもあるので、決戦支援を入れないという選択はなかなか難しい。ただでさえ、空母が置物になってますからね。主力メンバーの昼戦八回の砲撃回数を活かすためには、入れる他ないっていう。

 

攻略ポイントとして言えることは、道中の陣形ぐらいです。

最初のマスは複縦でも単縦でも。ただ、開幕雷撃がフラ戦に当たることを祈るのであれば、単縦かなとしか言えない。

次の潜水艦マスは輪形陣でも単横陣でも。あまり当てて来ません。ほっと一息。

ボス前は空母棲姫です。ここは単縦か輪形陣か……。どっちでもやられます。空母が狙われるように祈りましょう。龍驤なら避ける(オカルト) 単縦なら上手くいけばフラ航を落とせるかもしれないので、それを狙うのもありかも。

 

そして、ボスです。

戦艦棲姫は馬鹿高い火力にすさまじい装甲を持っています。ゲージを削りきると仲間を呼んで二隻になります。

攻略法もなにもありません、ここまでやったら後は祈るのみです。どうしようもねえな。kancolle_140810_135937_01

 

クリアはできました。

できましたが、このMAPを攻略するだけで燃料五万、弾薬三万、鋼材五万が失われました。

まあ、たぶんこれでもかなり運が良いほうです。もっとドハマりすると各資材十万使ってもクリアできないと思います。逆にあっさりクリアできてしまう人もいるかもしれませんが……。

とにかく、これまでの最終海域を思い起こさせつつ、さらにそれを上回る強運を要求してくる、運営がヘイトを稼ぐためだけに作ったようなアホみたいなマップです。

資源と相談しつつ、報酬と相談しつつ。血管が切れない程度に挑戦しましょう。

WS000000WS000001

艦隊これくしょん2014夏イベントその2(MI作戦)

機動部隊&護衛艦隊による攻略戦です。

運営のツイッターで告知された通り、二つの部隊を組み合わせて『連合艦隊』を結成し、攻略していきます。

第一艦隊(主力艦隊)

  1. 金剛改二 46cm/41cm/32号/零観
  2. 比叡改二 46cm/41cm/32号/零観
  3. 蒼龍改二 烈風×2 /爆戦/彩雲
  4. 飛龍改二 烈風/烈風改/爆戦/彩雲
  5. 瑞鶴 烈風×2/彗星甲(or天山友永隊)/彩雲
  6. 翔鶴 烈風×2/流星改/二式艦上

第二艦隊(護衛艦隊)(作戦により装備変更あり)

  1. 那珂改二
  2. 愛宕
  3. 妙高改二
  4. 巻雲(E-4、E-5にて重巡の代替要員)

連合艦隊編成結成後

この連合艦隊の編成をきっちり行っておけば、通常海域&AL作戦に出撃はできないので、忘れないように行いましょう。

 

AL作戦のほうの記事では書き忘れましたが、今回のイベントではAL作戦に出撃した艦隊はMI作戦、支援艦隊、その他の作戦に出撃できません。また、MI作戦についても同様で、MI作戦に出した場合、AL作戦、支援艦隊、その他の作戦に出撃できません。

間違って出撃してしまうと攻略が非常に難しくなることが考えられるので、出撃の際には気をつけましょう。

kancolle_140810_163455_01

※AL作戦、MI作戦共に、支援にだした艦隊にロックはかかりません。なので、支援艦隊は支援艦隊としてだけで使うと良いかもしれません。

 

 

 

MI作戦における概要

MI作戦全体(E-3~E-5)についてまず言えることがありまして、それは資源の消費が非常に多いということです。

単純に考えて、二艦隊を同時に扱うわけですから、二艦隊ぶんの燃料弾薬が必要になるのは当然なんですが、なによりもまず気をつけるべきはボーキサイトの消費です。

ボーキサイトは、一度の出撃でボスまで行くと400以上は飛びます。そしてMI作戦の後半では、ボスの撃沈回数が十回必要になるので、それぞれのMAP攻略までに、ボーキサイト五千近く、またはそれ以上の消費があることを覚悟しておきましょう。

 

連合艦隊の戦闘は、特殊マス(妙なマークがついているところ)では航空戦が二回行われるだけで戦闘が終わります。砲雷撃戦はありません。

通常マスの敵の場合は、昼戦の場合は航空戦の後に砲雷撃戦、また敵が潜水艦の場合は護衛艦隊が通常の戦闘を行います。

ボス戦マスでは、護衛艦隊の砲雷撃戦(相手に戦艦がいても一巡)が行われ、続けて主力艦隊での砲雷撃戦が行われます(こちらは戦艦がいれば二巡)。

まあ、これは実際に見てみるとすぐにわかると思います。とりあえず、普通の戦闘とは若干システムが違うとだけ。

 

*経験値&MVPについて

特殊マスでは、護衛艦隊は戦闘は行いません。その為、MVPは必ず旗艦になります。逆に、主力艦隊が戦闘を行わないマス(潜水艦マスなど)は、主力艦隊側では旗艦が必ずMVPになります。

このシステムを利用し、疲労度調整のために、出撃が終わったら艦隊内で旗艦を入れ替えるというやり方が疲労対策にとても役立ちますので覚えておくと良いかもしれません。

E-3では、ボス戦まで特殊マスしかなく、E-4ではそれぞれのルートに潜水艦マス、砲雷撃マスがあり、E-5では夜戦マスが二つあります。上手く調整し、疲労マークがつかないようにしましょう(疲労マークが付いたら付いたで、その艦娘を旗艦にして出撃し、何度かMVPを取らせることで疲労状態から抜け出せます)

 

 

MI作戦1(決戦!MI作戦発動)

E-3でとくに気をつけることは、敵の編成ではなく、こちらの索敵装備とルートです。

索敵値は、ボス前での分岐で判断できます。ボス前で逸れるようなら、護衛艦隊にできるだけ索敵値が上がる装備を用意しましょう。主力空母スロットに余裕があるなら彩雲を増やすのもあり。

ルートについては、最初にまず分岐が三つあります。で、南と東は二戦しかないので良いのですが、上のルート。

こちらに行った場合、二戦だけして撤退しても良いと思います(二戦するのはMVPでの疲労調整のため。資源を節約したいなら一戦目で撤退)

というのも、上ルートで三戦目に突入すると、一戦目、二戦目で艦戦が消耗しているため、中間棲姫との航空戦でこちらの艦載機がえらいことになります。上ルートでボスまで行くと、下手すると千近くボーキサイトが飛んでいくことすらある。なので、あまりおすすめできません。

ただまあ、道中三戦になったところで「ボス戦での火力が足りない」「制空優勢が取れない」というほどではないので、ボーキサイトに余裕があるなら突っこんでしまっても問題ないでしょう。撤退は撤退でめんどくさいですからね。

 

第一艦隊(主力艦隊)

  1. 金剛改二 46cm/41cm/32号/零観
  2. 比叡改二 46cm/41cm/32号/零観
  3. 蒼龍改二 烈風×2 /爆戦/彩雲
  4. 飛龍改二 烈風/烈風改/爆戦/彩雲
  5. 瑞鶴 烈風×2/天山友永隊/彩雲
  6. 翔鶴 烈風×2/流星改/彩雲

第二艦隊(護衛艦隊)(作戦により装備変更あり)

  1. 那珂改二 15.5cm三連装砲/20.3cm/零偵
  2. 愛宕 20.3cm(3号)×2/33号電探/零観
  3. 妙高改二 20.3cm(2号)×2/33号電探/零観
  4. 響 33号電探×3
  5. 電 22号電探×3
  6. 雷  10号砲×2/22号電探

 

kancolle_140809_144054_01

 

 

MI作戦2(MI島攻略作戦)

羅針盤が最強の敵。今回のイベントで、羅針盤的にはもっとも厄介なマップです。

最初に分岐があり、上に行くと特殊マス、潜水艦マス、気のせいだった、特殊マス、(砲雷撃戦マス)、ボス戦となります。最高で五戦になりますが、潜水艦マスでは弾薬を使わないのか、弾薬に関しては問題ありません。五戦目でも普通にボスは倒せます。

最初の南ルートの固定編成は、護衛艦隊に駆逐4or主力艦隊旗艦にあきつ丸(こちらは私はまだ試していません)だそうです。ただ、あくまで最初の分岐で南に行くだけなので、その後、潜水艦マスに行くこともあります。少しでもボスにたどり着く可能性をあげたい場合は、南ルートを選ぶと良いかもしれません。

また、ここのボスは三式特攻有りです。

第一艦隊(主力艦隊)

  1. 金剛改二 46cm/41cm/32号/零観
  2. 比叡改二 46cm/41cm/32号/零観
  3. 蒼龍改二 烈風×2 /爆戦/彩雲
  4. 飛龍改二 烈風/烈風改/爆戦/彩雲
  5. 瑞鶴 烈風×2/天山友永隊/彩雲
  6. 翔鶴 烈風×2/流星改/二式艦上

第二艦隊(護衛艦隊)(作戦により装備変更あり)

  1. 那珂改二20.3cm(3号)×2/零偵
  2. 雷 三式ソナー×2/三式爆雷
  3. 響 三式ソナー×2/三式爆雷
  4. 電 三式ソナー×2/三式爆雷
  5. 巻雲 10号砲×2/33号電探
  6. 愛宕 20.3(3号)×2/三式弾/零観

E4BOSS

E4クリア

 

 

MI作戦3(MI島確保作戦)


最初から最後までランダムのようですが、索敵値さえ足りていれば、どのルートでもボス確定っぽいです。

E-5南ルートE-5夜戦二連ルート

 

ボス戦は問題ありません。多少固いですが、昼戦と夜戦で十分落とせるレベルです。なので、道中対策だけやっておく必要があります。

とはいえ、ここは制空権の優勢以上を取るのは難しくなく、しかも敵が非常に弱いです。最初の分岐はどちらも潜水艦マスなのですが、陣形の問題であまり事故ることはありません。対潜装備も不要です。

なので、夜戦対策だけ行いましょう。夜戦は護衛艦隊だけで行われます。探照灯や照明弾を装備しましょう。探照灯を装備させる艦娘には、進撃用にダメコンをつけておくと良いかもしれません。

第一艦隊(主力艦隊)

  1. 金剛改二 46cm/41cm/32号/零観
  2. 比叡改二 46cm/41cm/32号/零観
  3. 蒼龍改二 烈風×2 /爆戦/彩雲
  4. 飛龍改二 烈風/烈風改/爆戦/彩雲
  5. 瑞鶴 烈風×2/彗星甲/彩雲
  6. 翔鶴 烈風×2/流星改/彩雲

第二艦隊(護衛艦隊)(作戦により装備変更あり)

  1. 愛宕 20.3cm(3号)×2/33号電探/零観
  2. 電 10号砲(or照明弾)/探照灯/ダメコン
  3. 那珂改二 15.5cm三連装砲/20.3cm/夜偵
  4. 雷  10号砲×2/照明弾
  5. 妙高改二 20.3cm(2号)×2/33号電探/零観
  6. 響 10号砲×2/33号電探

E5ボス

E-5クリア

 

MI作戦は以上です。

艦隊と装備を揃えることさえできれば、難しくはありません。逆に言えば、そこに至るまでが難しいと言えますが、まあ、AL作戦よりは確実に楽でしょう。


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。