スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープペンシルは筆箱で涙する

 Fear,and Loathing in Las VegsのDance&ScreamというCDが気に入って、ここのところずっと聞いています。スクリーモといういままで触れてこなかったジャンルなんですが、なんでもハードコアを源流にしているとのことで。しかし、このバンドの曲はどれも聴きやすく、こういうのを聞かない人でもあまり抵抗なく受け入れられるんじゃないかと思います。ヘヴィメタルをメロディアスにした感じ。
 このFear,and Loathing in Las Vegs(どう略せばいいのかわかりません)は若いメンバーで構成されている日本のバンドで、ファーストアルバムであるDance&Screamがかなりのセールスを記録したみたいです。聞いてみると、なるほど、売れないわけがないといえるほどの実力が見てとれます。かっこいいし、聞きやすい。今後売れるかどうかは正直わかりませんが、このアルバムはとても良い出来です。タワーレコードでしか扱っていないようですが、価格は二千円と安いのでぜひ一度は聞いてもらいたいところですね。


 Windowsの次期OS、Windows8の話題がちょくちょく出てくるようになりましたね。今年の秋に発売予定ということで、Windows7を搭載しているPCの販売も、今後はWindows8への優待アップデートを売りにしていくようです。
 しかし、まあ、肝心なのは優待がどうとかより次期OSの中身ですよね。Windows8についてはメトロUIとかいうのがよく話題にあがっています。要はデスクトップ(ノート)、タブレット、スマホの連携をOS、ひいてはUIの統一によってスムーズにしようとする狙いがあるんだと思いますが、デスクトップをメインに扱う人たちがはたしてどれだけあのUIを受け入れることができるのか。
 メトロUIがタッチパネルのために作られたUIなのは、見た目通りです。そもそもWindows Phone7用のUIとして使われたのが初出みたいですし。となると、デスクトップやノートPCという観点からみたらWindows7から搭載されているタッチパネルがここでまた意味を持ってくるかと思いますが、このWindows7のタッチパネル機能、結局のところ普及はどんなものなんですかね。いや、まあそれはどうでもいいんですが。

 今後、PC市場はどうなっていくんでしょうか。UIの統一って、あんまり穏やかな流れではないですよね。
 ARMアーキテクチャの大幅な性能向上により(詳しくは知りませんが)、タブレット(スレートPC)が高機能になり、おおよその作業について不便を感じるようなスペックではなくなったと思います。ちょっと話は変わりますが、AppleのタブレットであるiPadも第三世代になり、非常に高性能なスペックを持ち、売れ行きはAppleブランドということもあり好調なようです。
 これまでのPC使用における標準は――というのは偏見に満ちた言い方かもしれませんが――まずデスクトップやオールインワンノートPCというメインありきで、サブデバイスとしてタブレット、CULV(または低価格ノートPC)という形が取られていたという感覚が強かったと思います。
 これがスマートフォンの普及によりやや構成が変わり、サブデバイスの立場にスマートフォンが組みこまれました。ここから、先ほどのタブレットの高性能化が加わり、さらに様相が変わってきて、ノートPCの発展や省電力化によって強くなってきていたデスクトップを不要とする考えがほぼ決定的な状況にまで移行したように思います。もはやいまとなっては一般人の家にデスクトップは置かれていないでしょう。仮にあったとしても埃をかぶっているんじゃないでしょうか。起動されるはノートPCばかり。今後、デスクトップを欲しがる人もいなくなるんでしょうね。このあたりは、indows7登場前後からだいたいここ三年ほどの流れですね。
 で、Windows8になってこれがどう変化するのか。Vistaから7のときのような急激な変化がすぐに起きるとは思いませんが、数年という単位でWindows8というOSを見ると、これはもうほぼ間違いなくノートPCの壊滅という形になるかと思います。構造としては単純です。一般的な使用を前提にしている人達がノートPCを選択している理由は知りませんが、値段がそう変わらない上にいままで出来たことが同価格帯のタブレットで出来ることを知れば、当然そちらに流れるでしょう。ここでUIの問題も出てきて、現在、スマートフォンを扱っていて、かつPCにあまり馴染みがない人にとっては、メトロUIを搭載したタブレットは非常に扱いやすいものになります。
 UIの統一によって、自然とノートPCとタブレットによるユーザーの奪い合いがはじまるわけですね。OSの販売元であるマイクロソフトにとってはこれは大した問題ではないのかもしれませんが、ハードとしてのPCを開発しているメーカーとしては致命的な問題になるかと思います。なぜなら、タブレットはその性質上、現在でいうノートPCよりスマートフォンに近いものだからです。どのメーカーがどのような形で生き残るのか、それがどんな形になるにせよ、より熾烈な争いになることは想像に難くありません。言ってしまえば、新しいプロセッサの導入に乗り遅れたものからどんどん脱落していくことになるんでしょうね。日本のメーカーは現状、この要素で遅れをとっていますから、なんとか巻き返してほしいものです。
 ノートPCではシンプルさで負け、スマートフォンでは最適化で負けましたが、ノートPCよりも快適な必要があり、スマートフォンよりも堅実な作りが求められるタブレット(スレートPC)というジャンルにおいては日本の各メーカーの勝ち目は十二分にあると思います。独自の売りを守りつつ、新しい市場に挑んでもらいたいですね。


 ところでデスクトップに関しては、いまさらどう変わるわけではないと思います。いや、だってもう、完全に独立した市場というか、他に代替えがありませんしね。強いてあげれば、いま現在でも順調に進んでいる小型化(Mini-ITX)がより先鋭化していくぐらいでしょうか。まあ、それにしたって、ミドル~ハイエンドグラボを積んでゲームをする人にとってはまるで関係のないことですし。
 PCのゲーム、もっと発展してほしいですねえ。主に二次元美少女的な方向で。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【シャープペンシルは筆箱で涙する】

 Fear,and Loathing in Las VegsのDance

comment

自分の持つネット環境からすると、やはりノートPCを母艦にスマートフォン、という形がしっくり来ます。

タブレットは使い始めたばかりなので何とも言えませんが、機動性の高さと画面の美麗さから見て今後はメインアイテムになる可能性が高いです。

デスクトップはマニアの機種になるという方向性は激しく同意します。
やはりエロゲの動作の安定感といったら(ry

タブレット端末の使用については少し研究してみます。今のところは優秀なネットブラウザ兼動画ビュアー、という程度ですが、解像度1280×780の動画を10インチ画面で、というのは世界観が変わります。
なんとなくこのあたりにライトユーザー獲得と市場の開拓のヒントがあるような気がします。
長々とすみません。
  • 2012-06-05│16:41 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
No title
体感ですがノートPCしかない、っていう家庭が増えたように思いますね。安いし、スペースとらないし、PCに重きを見てない人はそうなるんでしょう。
タブレットは今後主流になりそうですね。いまのところ難があるインターフェースの問題も、携帯やスマートフォンに慣れた人にとってはさほど引っかかりになることもないでしょうから。
画面については今後、ワイヤレス技術によってテレビなどの大型液晶に画面を送信するということもあるんじゃないかと思います。iPad3の解像度がQXGAであることも考えると、画面が荒すぎて見るに堪えないこともないでしょうし。

パソコンの形態は変わっていくことで、また一般的な文化というのも大きく変化していくんでしょうね。
  • 2012-06-05│18:09 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。