スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩場を失った獣たちの終着点


 体重がかなり増えました。原因はおそらくお菓子の食べすぎ。冬に備えて食料を(身体の中に)ため込むだけのはずだったのに、どうしてこんなことに! このままではピザでコーラを流しこむようなたくましい人物になってしまう。かくなるうえは冬眠を早めるしかないか……(Amazonでたけのこの里を注文しつつ)

 ガストがコーエーテクモに買収され、どうなることかと戦々恐々しています。はたしてアトリエシリーズは生き残ることができるのか。いや、アトリエシリーズ云々よりも、あのガストらしい作風のゲームは今後も発売されるのかどうか、問題はその一点です。アトリエだけじゃなく、アルトネリコやマナケミア、イリスもなんだかんだで面白いんだよなあ。ガストの打ち出す次作が楽しみでもあり、怖くもあり。まさかガストの出す作品に不安を抱かねばならない日が来ようとは思わなんだ。
 ゲームといえば、ちまたでは、近日発売のFF13-2やかまいたちの夜、すでに発売しているスカイリムなんかがよく話題になっているようですね。いまいち手の伸ばしどころがわからず、右往左往しています。何気に22日には水月弐も出るようで。まったく話題になってないうえ、公式サイトを見てもまるで買う気が起きないような作品ですが。堅実っぽい作りに見えなくもないんですが、どうでしょうかね。水月をプレイ済みの方は、ちょっとやそっとの出来では納得しないように思いますけど。


 最近、本屋に行くペースが徐々に戻りつつあります。ただ、ラノベコーナーに寄ることが非常に少なくなりました。ネットで良さげな評判、またはあらすじを見て、気になったものを手にとるといった程度で、本屋での新しい出会いというものから遠ざかっています。ラノベのアニメ化が多すぎるせいか、平積みされているものはほとんど『アニメ化決定!』なものばかりなんですよねえ。探そうにも探しにくい。ラノベに限ったことではありませんが、一辺倒な宣伝の仕方にはうんざりします。個人的には、本屋でも、『ロリキャラ好きにおすすめのライトノベル!』的なコーナーを作って作品を並べてほしいものです(真顔)
スポンサーサイト

trackback

comment

最近ガチで「必殺!」シリーズが面白く感じてしまって歳をとったのかもしれない黒猫です。
ちょっと毛色は違うかもしれませんが、冬目 景さんの「幻影博覧会」が最近好きです。和装と大正風味の世界観の娘もなかなかいいですよ。
もともとディスコミニュケーションやら菫画報やら、マニアックな漫画が好きなのでおすすめできるかどうかは解りませんが、この作品の和装美少女の可愛さは最高ランクだと思います。
あとは・・・、ベタすぎて敬遠されてるかも知れませんが「俺妹」かなあと。意外とベタな作品もいいですよ。
こちらは最近金欠で、積みゲーをばしばし崩す日々です。
PS3ではアンチャ3、スカイリムは鉄板かと。ただ、正直エルダースクロールズは好き嫌いがかなり別れますので、前作のオブリビオンを試すのもいいかもしれません。あの自由すぎる自由さをどこまで楽しめるかがポイントです。
  • 2011-12-16│18:04 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
No title
幻影博覧会はたしか二巻ぐらいまで読みました。面白かった覚えはありますが、なぜか続刊を買わないうちに本棚から消え去りました。なかなか見られない雰囲気な作風ですよね。
そして、俺妹もなぜか二巻まで読んだという。こっちは単純に合わなかったので三巻以降は買っていませんが。ライトノベルは作者買いだと失敗が多いので、新しい作品をどんどん開拓したいものです。

自由すぎる自由さはいいんですが、洋ゲーはかわいらしい幼女が出ないので……。わりと本気でこれが購入しない理由になってます。
精悍な男キャラが舞台の主役を張るのは一向に構わないんですが、出てくる女キャラも片っ端からガチムチばかりとか、正直私には精神的ダメージが大きいです。どういうことなの……。
  • 2011-12-16│20:13 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。