スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぺんぺん草は考える

 麻雀-雷神-というAndroid(iPhone版もあるらしい)アプリで、役満を出してTwitterに投稿したらオープンザヘヴンズドアなキャンペーンがあったので、ひたすら麻雀を打ってました。まあ、打ってたといっても、役満縛りでやっていたのでまともに麻雀を楽しんでいたわけではないんですけどね。ひたすら配牌とツモを祈るだけの簡単なお仕事……ではないですが、そんな感じ。精神的にどっと疲れました。役満縛りはさすがにつまらん。
 一応、昨夜あがるにはあがったんですが、結局あがれたのは四暗刻。もうちょい珍しい役が来て欲しかった。緑一色(撥なし)、小四喜、字一色、清老頭、国士無双はテンパイまでいったんですけど振り込んだり、テンパイしたときには上がり目なしだったりと散々でした。役満運はどうにも足りていないらしい。純正九連宝燈を出さなければ消される……!という場面が来ないように願うばかりです。


 二次美少女コンテンツが需要以上に供給されている昨今ですが、最近になって私の趣向が行き詰まるようになってきました。いや、これまで散々ロリとか百合を中心に手を出しまくっていたんですが、どうにも一部ジャンルにこだわることに限界を感じはじめた次第です。本屋で表紙につられて手に取り、そして表紙から「このロリはこういうロリだろう」と想像するわけですが、その私が想像したキャラクターの枠を超えることがあまりないんですよ。つまり、ロリ漫画の表紙をみただけでどういうロリが出るのかおおよその見当がついてしまうというね。ロリ系漫画を極めたなどとは畏れ多くも口にできませんが、これまで私が歩み進んできた二次ロリ美少女という険しい道のいずれかで、私はある種のロリの神髄に触れ、気づかぬうちにそれが無意識へと刻みつけられているのかもしれません。
 そんなわけなので、今度から、高校生っぽい見た目の女子が出ている漫画にも手を出すことにしました。ロリからはほど遠いBBA(ただのアルファベットの羅列です。他意はありません)とも言うべき女子たちが出る漫画……過激な対処療法と言えるでしょう。苦渋の決断です。まさか私がこんな決断をすることになるとは、思いもよりませんでした。しかし、こうでもしなければ、現代をひいては未来を生き抜くことができない……。この決断は明日に繋がる戦いへ勝利をもたらすことができるだろうと私は信じています。
 小説だったら脳内補完できるからいいんですけどね。どんな作品でも脳内でロリキャラっぽい外見をキャラクターにあてはめて――ってこれ前も書いた、間違いなく書いた。
 と、こういう二歩ならぬ同文をふたたび書いてしまう事態を防ぐためにも、新しいジャンルの開拓を進めるつもりです。人生はなにかを為すにはあまりに短い、しかし二次ロリ美少女を愛することに時間は関係ないのです。つまり、他のジャンルに浮気する時間もわりとあるはず。
 一日二日で変わるものではありませんが、数ヶ月後、そこにはきっと新しい私がいることでしょう。様々なジャンルを踏破することでハイブリッドと化した私は世界に二次ロリ+αを啓蒙するべく立ちあがり、歴史の闇へと葬り去られるのです(私の人生の次回予告)

スポンサーサイト

trackback

comment

少し気になってはいたのですが、かささぎさんの定義する「ロリ」は体型をもってのものなんでしょうか。
性格もある程度の基準が必要なのか、あざといまでの御子様がいいのか。
自分もずいぶん闇の世界の住人と化していますが、その過程で出会う御子様キャラクターたちの中で、これはと思うキャラでたまにかささぎさんに勝負を仕掛けてみたくなるのですが、いまいち自信がありません。
それは拳を極めしものにダンが立ち向かうようなもの。それはそれでなかなか趣があるのですが・・・。
例えば逆転裁判の綾里真宵と綾里はるみではどちらがストライクゾーンなのか。禁書の小萌先生と打ち止めでは?
いずれにせよ、究極ぺたんこメーカーリトルウイッチのゲームを是非にと(ry
  • 2011-09-03│17:25 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
No title
私の中でロリ美少女というと、だいたい顔立ちと体型です。年齢や性格はさほど問いませんね。ただ、たまに直感的に自分の中でロリじゃないと感じるロリっぽい子もいまして、またその逆で一見ロリっぽくない子もロリだと感じるときがあり、時折苦悩します。深淵を覗くのであれば、深淵もまた私を見つめているとかなんとか。
まどマギで語るなら、まどかやほむら、マミさんは私の中でロリですが、杏子は見た目はロリの基準に入っているにも関わらずなぜかロリに感じないという。
この辺りから推測するに、たぶん、私の中でのロリ基準は若干妹or娘成分も含んでいるんじゃないかと思います。杏子は包容力が高すぎるように感じます。人に甘えようとする心が足りない。
誰かに心を預けて甘えるように寄りかかる姿を私に想像させる、幼い体つきの美麗な少女、それこそが私が愛するロリなのです。

ロリの基準というキーワードだけでこれだけ言葉を尽くしてしまうあたり、私の中でのロリがどれだけ重要な支柱となっているのか改めて実感してしまうあたりが怖いところです。

逆転裁判の二人はちょっとわかりませんけど、禁書なら小萌先生のほうがロリに感じますね。打ち止めはロリというより無垢な幼女……あれ?  言い換えられていませんが、なんとなくロリっぽくないと思います。打ち止めはマスコット的存在ですね。

リトルウィッチはあの画風がいまいち苦手で。彩色というかなんというか。ただ、以前から白詰草話はすこし気になっているんですよね。DL版も出たみたいですし、あの身体につられて手を出すかもわかりません。
  • 2011-09-03│21:51 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。