スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽から逃げた街


 BIOSHOCK2を買ってきました。どんどん増えていく未クリアゲーム。積みゲーがなくなったら私、故郷に帰ろうと思うんですよ(トトリを再度プレイしながら)

 で、このBIOSHOCK2。2と言うぐらいなので当然続編ものなんですが、序盤を軽く進めてみたところ、さっぱりストーリーがわかりません。なんか人を進化させる怪しい薬・システムの実験台として選ばれた場所の数十年後の様子、ってところなのかな。いや、本当に序盤なのでかなりアバウトな解釈ですけど。
 舞台は海底都市みたいで、ところどころで気持ちいいぐらいに作り込まれた背景や建物がなんともいえない雰囲気をかもしだしています。失われた都市、闇に葬られた歴史という感じがします。

 ゲームの主な展開としては、幼女を奪い、幼女を守り、幼女を救う。これだけ(当ブログは誠実を売りにしております)

 初期装備のメイン武器はなんとドリル。超かっこいいです。右手には、そのドリルをはじめとして複数の銃が用意されています。そして左手は超能力かな。電撃やサイコキネシス、炎などが撃てます。たぶんこれからもいろいろ増える。
 この右手と左手で武器を使い分けながら(あるいは同時に使用しながら)戦う、というのがなかなか面白い戦略性を作りだしています。こういうFPSもあるんだと驚きました。しかも、その戦略を存分に使わせてくれるだけの強敵や雑魚敵がぞろぞろでてきます。


 BIOSHOCK1・2と出ているようですが、発売から結構時間経っているからか、どちらもかなりお手頃な価格です。幼女を守ると心に決めた方々にはぜひプレイしてもらいたい快作。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。