スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな未来はウソである


 みなみけ新刊の特装版を楽天で予約した人が一方的にキャンセルされたとか。ひどい話だ……。限定版が欲しいときはやはりお店を選んだほうがいいですね。

 というわけでみなみけ新刊を読みました。いつものノリですが相変わらず夏奈は可愛いな。ついでに今回は内田も可愛かった。この作品は本当に安定して面白いですね。しかし、だからというか、とくに続きが読みたいという感じにならない。ある種、脳内保管しやすいタイプの作品だと思います。


 で、そのみなみけの作者である桜場コハルの新作。



そんな未来はウソである
著:桜場コハル
出版:講談社
ジャンル:二人はラブラブ


 未来が見える少女とウソが分かる少女の出会いから始まる美少女同士のラブロマンスです。
 アカネがいい、すごく良い。こういう子の登場を待っていた。夏奈にシリアスさが加わったような感じの子です。もちろん、夏奈のあのあっけらかんとしているところも、あれはあれで大好きなんですけどね。
 こっちの作品は、みなみけと違って、それほど登場人物が増えそうにないですね。もしかすると、さっくり終わるのかもしれませんが、このアカネとミツキはキャラとして残ってほしいなと思ったり。いやー、絵になる二人だ。
 それはそうと、この作者の人は、男を書くのがものすごく上手いですよね。嫌味がないというか。この作品に出てくる男もなかなかの好漢です。ナイスクール。

スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。