スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCオーディオはどこに行き着くか?(低価格帯の話)

 ONKYOのアクティブスピーカーGX-R3Xを購入したんですよ。NTT-XストアのX-DAYで価格.comの最安より2,000円ほど安かったので。
 それまで使っていたのがELECOMのMS-75という製品で、市場価格がやたらと安いわりに結構評判が良かったので購入した製品だったんですが、これが意外に良かった。それまでPC用として使っていたのがHTX-11だったので、さすがに音質がグレードアップというわけにはいきませんでしたが、値段と省スペースを考えると、非常に優れた製品でした。というか、いまでも十分に優れた製品だと思います。2,000円以下でこの品質は、かなり良いです。

 で、GX-R3Xに替えたわけですが、まださわりしか聴いていないのでそこまでごちゃごちゃ言えませんが、軽く聴いたところでは、六千円前後でこれはないだろうというレベル。これも含めて、ONKYOの低価格スピーカーはデザインといい音といい、パッとしないと言わざるを得ません。ONKYOの低価格アクティブスピーカーは、PCショップなり、家電量販店なりで試聴できたりするので、さらっと聴いてみてから安心して買う人も多いかもしれませんが、試聴環境と実際の環境とでしっかり照らし合わせて考えたほうが良いと思います。距離が近いと聞き続けるのが若干きついです。
 ある程度の値段、一万以上の製品になると、ONKYOのアクティブスピーカーはすごく良いんですけどね。GX-100HDとGX-77だったかな、それぐらいしか聴いたことないけど。少なくとも、あの辺りは2~3万のミニコンポのスピーカーを軽く凌駕します。

 さて、まあ、とりあえず買うことは買ったので、しばらく楽しもうかと思いますが、私がそろそろ買い換えようと検討しているのが、USBDAC。現在、私が使っているのはサンワサプライのMM-ADUSBという製品でして、結構長い期間使ってます。たぶん、品質としては、安物にしてはまあ悪くないんじゃないかなというレベル。人にオススメしようとは思わない製品。


 で、今回ONKYOのアクティブスピーカーを買ってみて、「ああ、これ以上を求めようと思ったら、構成考えないとなあ」とぼんやり思ったわけです。理想を言うなら、USBDAC→プリメインですが、いかんせん面倒くさい。


 さらに、PCオーディオがどうこう言いだしたとはいえ、私がPC周りのサウンドに掛ける金額なんてたかが知れているわけです。USBDACとか言いましたが、5万も10万もするものを試聴もせずに買う気はないし(住んでる場所が辺鄙な場所なので試聴環境がそもそもない)、買えない。低価格のものでも、わりと運任せな購入をすることになります(安物買いの銭失いという言葉が脳裏を過ぎります)


 しかし、一概にUSBDACと言ってもいろいろあります。
 アンプを兼ねていたり、DACとしてもののみだったり、ONKYOのND-S1のようにUSB→デジタル出力のものだったり(これはDDCか)するわけですが、いま本流になっているのはおそらくアンプ込みのUSBDACだと思います。ヘッドホンがメインの人が多いのかな。
 あと、最近ではSACDやプリメインアンプ、AVアンプにUSBDACの機能がついているものもありますね(DACじゃなしに、USBのメディアプレイヤーの読み込みだけ、というUSB端子を搭載していることもあるので、その辺りは注意しましょう)。


 選択肢をやたらと広げても意味がないので、そろそろ個人的な条件やらなんやらを加えながら話をまとめていこうと思います。

一:省スペースであること
二:スピーカーメイン(ただしヘッドホン端子は欲しい)
三:外部電源

 この条件を満たす、となったとき、KENWOODのKAF-A55なんかが思い浮かびます。USBオーディオアンプ。KAF-A55は光オプティカルの入力も受け付けることと、ヘッドホンアンプを搭載しているという面でかなり優秀なイメージ。これまた音は聴いたことありませんけど、ネット上の評判は良いようですね。
 ND-S1→KAF-A55→スピーカーという組み合わせも面白いかもしれない。まあ、なんいしてもKAF-A55の出力を考えると、それほどパワーが必要なスピーカーは選べませんが。

 他にも、CREATIVEやONKYOのUSBオーディオインターフェース+アクティブスピーカーという選択肢もあるので、入出力の必須条件と使いたいスピーカーを考慮しつつ自分に合ったものを選びたいものです。

 ちなみに、私がいま考えているのは、CREATIVEのSB-DM-PHD→サイズの鎌ベイアンプ2000+パッシブスピーカー。やや省スペースという観点からは離れますが、鎌ベイアンプのデザインが気に入ったので(ここまでの話を遠投するの図)
 何気にバナナプラグ対応というのも良いですね。


 まあ、なんにしても、問題はなにをどう聴くか、なんですけどね。動画サイトをちょろっと覗くだけなら小さいアクティブスピーカーがあれば十分ですし、PCに取り込んだ音源をひたすら再生したいというならUSBからDAC、アンプ、スピーカーまで凝りたいところですし。PCとはべつにオーディオ用のシステムを組んで、PC内のデータをDLNAで再生するという選択もある。
 個人的にオススメしたいのは、PCが変わっても簡単に再設定できるシステム、ですけどね。今回USBDACに話を絞って、サウンドカードを一切取り上げなかったのはそういう理由からです。もちろん、サウンドカードを載せ替えるという話もありにはありですが、スロットをサウンドカードで専有する必要がないほど、現在のUSBDACはバリエーションに恵まれていると思います。USB万能説というわけではないですけど、やはり、低価格でPCのサウンドを良くしようと思ったら、簡単に付け替えられるぐらいに使い勝手が良く、息が長い規格であるUSBをメインにシステムを構成したほうがいいのかもしれないなあ、と思うのでした、ちゃんちゃん。



 結局なにが言いたかったのか、自分でもよくわからない。ミルキィホームズでも観てくるかな。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。