スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渦中の大樹


 ついさっきInternetExplorer8を初めて使ってみたんですよ。そうしたらステータスバーがひっきりなしに動いているのでなにかと思ったら、Ver8からSmartScreenフィルターなんていう機能がついたんですね。
 アクセスしようとしているURIが安全なページかどうかをマイクロソフトのデータベース(?)で照合してブラウザの動作に反映させるんだとか。ブラウザでセキュリティが強化されるのは非常に便利なことだと思うんですが、毎回サイトに関してのデータ送受信をやられるのは、さすがに邪魔くさい。まあ、体感速度ではそれほど時間がかかっているというわけでもないんですが。
 しかし、どうもこのセキュリティ機能は優秀みたいですね。これまでに膨大な数の脅威を検出して防いでいるとかなんとか。
 InternetExplorer8だと、このSmartScrennは有効か無効かの設定しかできないのでちょっと困りものですが、次のバージョンで細かい設定ができるようになったら使いやすくなるかもしれません。FireFoxのアドオン、NoScript+Adblock並とまでは言わなくとも、表示するページの特定の動作をさくさく切り離せるようになったらいいですね。


 それにしてもウェブブラウザって、どうしてここまでそれぞれの特色が出てくるんでしょうね。作る側としては開発している人の意向とか、開発している企業なら企業での方針などが反映されているんでしょうけど、ブラウザを使う側にしても、欲しい機能やページを表示するときの動作などで、「○○は……△△は……」と分けて考えていることが多いでしょう。あれが前々から不思議でした。いや、なんというか、完璧なブラウザみたいなのがポンとひとつだけ出てきて終わり、という流れがいままで無かったのが。
 いや、他のアプリケーション、たとえばテキストエディタなんかはわかるんですよ。「余計な機能なんかいらないからとにかくさらっと書けるもの」とか「シナリオを階層ごとにまとめられて、見直しやすいもの」など、それ以外にもプログラムが書くうえで便利な機能だったり雑文を書いたり云々の、それぞれ求められるものが明らかに違って、方向も違いますよね。
 しかし、ウェブブラウザは、私にはどれも目指すところが同じように見えます。高機能(カスタマイズ性の高さ)、軽快、堅固なセキュリティ。まあ、謳い文句というか、宣伝文句がそうなっているだけで、実際には細かいところでいろいろと違いがありますけど、開発チームの言うところの求めるもの、理想型みたいなものが似ているといいますか。それぞれのウェブブラウザが完全な形になったとき、ウェブブラウザを名前とインターフェース以外で区別をつけることができるんでしょうかね。まあ、新しい規格やらセキュリティに追われる以上、そんな日は来ないのかもしれませんが。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。