スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーテンコールに道化師は泣く

 保証書やらなんやらの整理をしようと思ったら、Dosparaのレシート(兼保証書)が出てきたんですよ。ロジクールのMX-Rの。購入日が2008年の2月。で、MX-Rの保証期間は三年。まだ切れてないじゃないですか、びっくり。もう結構経ったと思っていたんですけど。三年って思ったより長いですね。ちなみに、PS3とPSPのメーカー保証期間は切れてました。もう一年も経ったのか。NintendoDSiはメーカー保証が切れるまでもうちょいありますけどね。
 ここのところ電化製品の修理とは無縁なのでどうも保証書を軽んじてしまっていけない。使い慣れた物、使いやすい物が壊れないのは、個人的にすごく嬉しいことなので、壊れるかもしれない、と普段あんまり考えなくなっているんですよね。とくに最近は故障について楽観的に考えすぎなのでここらで改めておきたい。とはいえ、ある程度、楽観視がなければリフレッシュPCに手を出すことなんて無かったでしょうから、一概にどうこうとは言えないんですが。リフレッシュPCのなかには初期不良で突っ返されたPCもあるみたいですから、パーツそれぞれの具合がどうこうと考えるなら、パーツの替えがきくデスクトップならまだいいとしても、ノートPCになんて手を出せませんし。
 壊れるときは壊れるし、保証があってもどうしようもない事態はあると思いますけどね。てか、MX-Rがいま壊れてロジクールに送ったとして、修復不可能な場合どうなるんだろう。ロジクールは結構、新品との交換という形も取ってるみたいだけど、MX-Rってメーカーに在庫残ってるのかな。販売が無くなってから(流通のみ?)まだそれほど経ってないのでさすがにメーカーにはあると思いますが……うーん。

 しかし、まあ、いずれ新しい製品に乗り換えないといけなくなる日も来るでしょうし、あんまりこだわっても仕方ないですね。RealForceもディップスイッチキーが付いているものがいつの間にかなくなってるし。Winキーなし、テンキーレス、ディップスイッチ付きのJIS配列、89Uが良いと思う。いや、英語配列でもいいですけど、ディップスイッチはやっぱりあったほうがいい。

 ソフトウェアで解決できるのだとしても、そこはあえてハードウェアに機能を搭載する、そこにどことなくロマンを感じるのが人の性というものですよね。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。