スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枯れ方を探す花の一日


 女もすなる婚活というものを鳥もしてみむとするなり。
 郊外の本屋に寄った私はあるふりーぺーぱーを見かけた。なにやら婚活といふ出来事に触れるものであるようだ。興が湧いた私はこれを手に取るも、近くにあった男に「※ただしイケメンに限る」と窘められた。これに礼を述べ、私は婚活を終えた。


 もうブームは終わったようですが、婚活って一時期流行ってましたね。新書のコーナーでちらほら婚活がどうのというタイトルの本が平積みされていたのを見かけました。まともに読んでないので中身はよくわかりません。まあ、あれは流行ってたというか、一部の雑誌や一部の人間が流行っていたと見せかけていただけかもしれませんけどね。
 出会い系サイトといい、このお見合い(婚活)系サイトといい、よくこんな事業をやろうと思う人がいるものだと思います。お金になるんでしょうかね? 実入り悪そうですけど。えー、入会料と紹介料、会費と、あとはイベント時の参加料などでお金を集めているんでしょうか。ああいう事業の運営はどっちかというとトラブルになるほうが多いと思うんですけどねぇ。この手のは実質、実際に取り扱う商品(というと言い方が悪いかもしれませんが)が存在しないわけですから、虚業そのものですし。まあ、私が心配するようなことではないかもしれませんけどね。



 いやー、しかし、この婚活がどうこうにしてもそうですけど、最近は本当、人間関係の構築を商売にしようとする人が多いですね。いや、最初から上手くいかないとわかっていても、とりあえず金にしてみようとする人が多いというべきか。本来、新しい事業への挑戦というものは賞賛されるべきですし、それは今でも変わらないことだと思いますが、良し悪しぐらいの垣根は最低限持っていて欲しいものです。道徳の理念というと大げさですが、んー、近い未来に自分に恥じることない方法というか。
 まあ、商売に社会的道徳での善悪を持ち込むこと自体が無意味な話ですか。必要ないときは道徳やらなんやらを持ち出して肯定したがる輩が多いわりに、利益が絡むといつまで経っても成長がない。人間の精神はもうとっくに打ち止めになっているんでしょう。私達の道徳も、限られた中でやりくりしていくしかないようです。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。