スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、実力検証のとき――!

 どうでもいいですが、最近になってラブプラスへの過剰反応があっちこっちで出てきてるみたいですね。いや、なんかテレビ番組に取り上げられたとかなんとか。それで一般人(まあ、ゲーム関係の情報誌を見ている人は名前ぐらいは聞いていたでしょうけど)に目についたことが要因でしょうか。しかし、テレビの話題として取り上げられるとは、やっぱり結構売れたんでしょうね。
 ファミ通を見た限りでは、ときメモ4はどうも素朴な感じですが(ソフトに言ってます)ラブプラスの波に乗って売れるといいですね。それにしてもPSPはギャルゲーが結構流入してきてますね。『アカイイト』や『アオイシロ』製作チームが作ったらしい『のーふぇいと!~only the power of will~』やCROSS†CHANNELの移植版なんかは私もかなり興味があります。あと、あんまり期待はしていませんけど『密室のサクリファイス』にも注目してます。PSPのギャルゲ市場がもっと活性化すると嬉しい。



三菱電機 RDT231WM-X


 液晶ディスプレイ。
 最近発売した三菱電機の廉価IPSパネル液晶です。価格は4万半ばから5万前半といったところ。
 どうもこの液晶ディスプレイの評判がいいらしい。あっちこっちで記事になってます。ただ、パソコンでのテキスト表示などに特化したものではなく、主にゲーム用途としての評価みたいですけど。
 超解像技術による鮮明さ、応答速度の早さ、目への優しさ。どれもが一級品レベルというわけではないかもしれませんが、かなりレベルが高いようです。まあ、もしかするとよくある鳴り物入り製品かもしれませんけどね。

 その他にも、HDMI×2、基本操作リモコン付属、D-sub15をD端子に変換するケーブル付属(WiiやPS2、PSPをそれぞれのD端子ケーブルで接続可能)ということでゲーム機接続のディスプレイとしても使えそうです。
 まだ出たばかりにも関わらずこの価格ですから、来年頭ぐらいには4万円を切るかもしれませんね。PS3用として買おうかな。IPSだと視野角が広いですから、ディスプレイと真正面に向き合わなくてもいいんですよね。なかなか悩みどころです。いま私がPS3とWii用に使っているのがRDT231WLMなので尚更。

 ちなみに、D-sub15ピンにコンポーネント信号を送ることで映像を映すディスプレイは三菱の一部製品だけのようです。なので、このRDT231WM-Xに付属しているD-sub15→D端子のケーブルを他のディスプレイに繋げても映像は表示されないと思います。まあ、一応ご注意をということで。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。