スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界はあたしでまわってる――アンジェラ姫の逆襲――

世界はあたしでまわってる 光と闇のプリンセス
発売元:グローバル・A・エンタテインメント
ジャンル:RPG



「女の子が普通に恋できる世界じゃなきゃダメ!」とおっしゃる姫様は正しい。


 もとはDS版だったようですが、そこから闇アンジェラと新キャラを加えてPSPに移植された作品のようです。

 最近やったRPGの中では屈指の面白さです。アンジェラとモエの可愛さが半端ない。よくこんなの作れるもんです。
 要素としてはなんといってもこの作品の売りの『わがままシステム』。これが最高。アンジェラLOVE。

 たとえば、武器屋でわがままを言うことで新製品を出させたり、フィールドの地形を変えたり、ダンジョンで敵のエンカウント率を上げたり下げたり、あげくの果てには敵のレベルも上げたり下げたり。
 もちろん、戦闘中でもわがままは発動します。先制をとったり、敵を麻痺させたり、沈黙状態にしたりと、もうなんでもかんでもやりたい放題。しかし姫様のやることだからなんでも通ります。アンジェラが正しいといえばそれが正しい。

 旅の連れは一匹、謎のピンクスライム。このスライムはレベルアップしない。敵の部位をものまねすることでステータスが変化します。まあ、言ってしまえば、サガフロンティアの種族としてのモンスターとちょっとネタが被っているというか、ほぼいっしょというかあれな感じですが、要は敵の能力を吸収して育っていくタイプ。正直、私は上手く育てられずに、最後までまともな戦力になりませんでした。魔法はともかく、ステータスがぜんぜん追いつかないんですよね。いや、私がアンジェラを強くしすぎただけとも言えるんですが。宿屋で使える『食事』という項目でアンジェラの能力が上げられるんですよ。それを使って、実は私の初プレイにおいて、最後の街に入る前に強さ(力)、賢さ、丈夫さ、素早さのステータスがカンスト(255)してた。おかげでラストダンジョンでもダメージはほぼ1でした。ラスボスも楽勝。

 まあ、私のそんなプレイはさておき、この作品、面白いことは面白いんですが、作業が非常に多い。

 物語は、街に行ってクエストをもらう。クエストをこなして、先に行く為の問を開ける鍵をもらうということの繰り返し。
 で、肝心のそのクエスト。
 これが特定の『モンスターを○匹倒す』とか『○○○を×個集める』というクエストばっかりで構成されてる。これもやっていくと楽しいんですが、苦手な人は苦手だろうなと思ったり思わなかったり。私の場合それを楽しんだ結果がステータスカンストでのラスボス戦なわけですけどね。あまりに一方的すぎた。


 しかし、私はRPGとしてこれは非常に面白いものだと思います。ストーリーの緩さもすごく好感が持てる。最後まで姫様が変わらなかったのが良い。アンジェラの為のアンジェラによるゲーム。

 プレイ時間は20時間。まあ、私はかなり時間をかけてやってこれですから実際は15時間ぐらいかな。周回による引き継ぎなどは無し。それでも十分に面白かった。次回作を、というよりは、もっとこの手のゲームが増えれば嬉しい。
スポンサーサイト

trackback

comment

確か、『世界はあたしで~』はSFCが最初じゃなかったかなぁ、とか思いました。(あ、はじめまして。4年くらいROMってました)
  • 2009-09-01│21:56 |
  • よしゆき URL│
  • [edit]
No title
雰囲気はSFCでも出てそうな作品ではありますけど、どうでしょう。
SFCからのリメイクというわけではないようなので、原作になったゲームソフトみたいなのがあるかもしれません。

こちらこそはじめまして。かささぎです
私のほうもROMっていた、と思います。この間、ひろゆきさんとの合同小説を書かれていた方ですよね。お二人の独特な雰囲気が非常に心地良かったです。楽しく読ませてもらいました。
  • 2009-09-02│00:25 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。