スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その翼は本当に飛ぶためのものだったのか


 昨日の記事に勘違いがあったので訂正。MMD杯投票は今日まででした。面目ない。


 初音ミク Project-DIVA-の全楽曲HARDをグレート以上でクリアしましたよ! 最後、初音ミクの消失をグレートでクリアしたらなんかミクのモジュールで金色仕様のミクが出た。ノーマル全グレートの銀色に合わせているでしょうか。他にも変色系モジュール(黒・白・桃・紫・青・薄緑)はありますが、やっぱりミクは緑髪が一番です。しかし、プレイ時間がもう22時間。まあ、これで一段落かな。
 あとは、なんか条件がいまいちよくわからない特定モジュールでのプレイやら、やりこむ(?)のモジュールが出ていませんが、気が向いたときに攻略Wikiを参考にしてちまちまやろうと思います。本当、こういうデータを上手く取って公開してくれているユーザーの方々には頭が下がる。同じユーザーでも、私はどうも条件とかかんとかの検証が苦手で。きっちり情報を整理しながらやらないといけないってのが難しい。

 さて、次はProect繋がりでProject Witchをさくっとプレイしよう。ちょっと起動して見た感じ、見るからにボリュームも中身も……ですけど、まだ最後まで勝負はわからない。
 

 あー、MMD杯に限ったことじゃないんですが、MMDの投稿動画で初音ミクProject-DIVA-のモーションをトレースしたものがいくつかあるんですよ。それを見ていてふっと気づいた。以前言ったMMDとProject-DIVA-の違和感について。
 MMDは初音ミクやその他キャラのモデルからモーションを一つ一つ作り始めているんでしょうけど、Project-DIVA-のほうは、MMDで言うところのダミーボーンに動きをつけて初音ミクの着ぐるみを被せているような形なんじゃなかろうかと。
 つまり、Project-DIVA-のモーションは、初音ミクとして生み出された動きじゃないというか。
 私の違和感はこれだと思います。


 たしかProject-DIVA-はモーションを実際の人間にさせてからその動きをモーションキャプチャ(?)したとかいう話なので、私が違和感を覚えたのもおかしいことではないんでしょう。
 動きを真似するのと、コピーするのとの違いというべきか。モーションキャプチャという技術はよくわかりませんが、デジタルに変換してうんぬんかんぬんとかいうものらしいです。模倣とコピー、結果としては似ているようなものになりそうですが、説明するまでもなく、実際は決定的に異なるものです。初音ミクがあるダンスを真似るのと、ダンスの完璧な動きに初音ミクが乗っかっているもの。前者はミクの動きであるのに対して、後者はミクの動きじゃない。あくまで別のものの動きです。
 どちらが良いか悪いかということはまた別の話なのでさておきますが(環境にもよって変わります)、つまるところ、MMDはそもそもミクが動く為に作られたもので、実際に動くのも初音ミクなわけです。しかし、初音ミクProject-DIVA-の場合、動いている初音ミクを表現する為に、動きが前提としてある。この違いなんでしょうね。私は単純に動きとしてはMMDのほうが好きですね。
 とはいえ、初音ミクProject-DIVA-はそもそもゲームですし、リズムゲーなわけですからモーションにそれほどこだわることもないんですけどね。以前も言いましたけど、プレイしているときはそこまで気にしていられませんし。

 というか、そもそも初音ミクはVOCALOIDなので歌を歌うことが本職なのに、それをすっ飛ばしてあたかも「ミクが動くのは当然のこと!」とでも言うような思考になっている私はどこに行けば正常な思考を取り戻せるんでしょうかね。

スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。