スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飴色


 雨がひどすぎて死ぬかと思った。あんだけ雨が降ればそりゃ人死にも出ますよ。排水が追いついてないっていうレベルじゃない。空を見上げつつ「(雨脚が)弱まりそうにないから、そろそろ行こうかな」が美少女との出会いフラグじゃなく死亡フラグになるレベル。私に脇役クラスの存在感がなくて良かったです。(死亡フラグに見向きもされないエキストラ)


 先日、ってか昨日のことなんですが、唐突に「♪ラララ~ラ~ラ~ララララ~ララ~ララ~~ラララ、ララララ~ラララ♪」というフレーズが脳裏をよぎったんですよ。字面を見てもわけがわかりませんね。
 まあ、PS2ソフトの『120円の季節』の主題歌?の曲なんですけど。
 曲を思いだして、当然のように作品内容も反駁して、ああ、良い作品だったなぁ、と妙な感慨にふけりました。120円の春と120円の冬はとくに優しい柔らかさをもつ作品で、いま考えてもあれほど出来の良い短編美少女ゲームはないと思います。いや、短編自体少ないですが。そもそも120円の冬って、もとはねこねこソフトの作品のおまけディスクに収録されていたものらしいですし。

 ひさしぶりに再プレイしたいとは思うものの、もうとっくに手元にはない。
 逆にいま手元にあるコンシュマーの美少女ゲームソフトってなんだろうと思ったわけですよ。そうしたら驚くほど少なかった。

・PS2
『Kanon』
『AIR』
『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』
『CLANNAD』
『To Heart2』
『CROSS†CHANNEL』

・PS
『輝く季節へ』(ONE~輝く季節へ~)
『WATER SUMMER』(水夏)
『THE 恋愛アドベンチャー おかえりっ!』

 なんというKey信者っぷり。まあ、正直AIRとCROSS†CHANNEL以外はほとんど再プレイしていませんが。
 ちなみに、PSの一番下のタイトル、『おかえりっ!』を聞いたことがない人は多いかもしれませんが、かなりの良作です。お薦めするには古すぎるタイトルですけどね。

 何の話をしようと思ったのか忘れてしまった。

 あー、有名作は移植も多いので、手に入りやすいんですよね。たとえばKey作品がそうですか。PSPにも移植してますし。手に入りやすいやつを手元に残しててもあんまり意味なかったよな、とちょっと後悔しているってところですね。
 コンシュマーだけの美少女ゲームって、あとで本当に手に入りにくくなりますからね。まあ、18禁美少女ゲームにしてもプレミアがつくことがままありますね。
 ただ、あとで再プレイしたくなるという感覚は、しばらく経たないとわからないんですよねぇ。良い作品だから再プレイしたくなるというものでもありませんし。見据えるべきは向こう一ヶ月か、はたまたプレイ後の数ヶ月先か。まあ、手元に残していくのが最良の選択なんでしょうけどね。
スポンサーサイト

trackback

comment

120円シリーズこそねこねこの最高傑作だと思います。

私は二つしかコンシューマギャルゲーを買った事がないのですがそのうちの一つが120円の季節だったりします。
未だに積んだままでパソコンの横で埃被ってますが。
  • 2009-07-26│21:27 |
  • アミーゴ URL│
  • [edit]
No title
おまけディスクで配布されたのは冬と夏でしたかね?
切符のやつと自販機のやつ。

秋と春はちょっと絵があれですが、どっちも“らしい”話で面白いですよ。短いのでさくっとできますし。
それを積むなんてとんでもない! って感じです。

そういえばねこねこ新作でますね。いつものテイストっぽいですが、はたして……。
  • 2009-07-26│22:30 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。