スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚から見るゲームソフト

 久しぶりにゲームショップのWiiソフト辺りを覗いてみたら、欲しかったソフトの価格がとんでもない下がり方をしていて目が丸くなった。2,000円とか。発売からもうそんなに時間経ちましたっけ。
 まあ、FRAGILE~さよなら月の廃墟~という作品なんですけどね。うーん、値段が下がったのが嬉しいと思う一方、ここまで下がったならいまさらプレイする必要もないかなと思ってしまったりする。私もかなり適当な感性を持っているものです。

 しかし、PS3やXBOX360のコーナーとWiiのコーナーって本当に雰囲気が違いますね。
 PS3やXBOX360って、どう見ても子供向けのゲームという雰囲気じゃない。かといってWiiのゲームが子供向けに見えるかというと、そうでもなく、Wiiはもはやテレビゲームというくくりの物には見えない。パーティゲームに見える。


 まあそれはさておき、PS3ですよ。輸入版が普通にお店に置いているんですね。Call of Duty World at War 北米版Dead Space アジア版が置かれているのを見かけました。どちらも定価程度の価格。お金があったら買っていたかもしれない。

 しかし、量販店の棚は売り出し方が結構えげつないですよね。
 興味のある人にはわかりますが、そうでない人には気づけないような場所にこっそり良作が置かれてる。まあブランド名の強さが如実に表れているんでしょうけど。多く仕入れたぶんだけ、多く売りさばかないといけないわけですし。
 まあ、それが特段悪いというわけではないと思うんですけどね。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。