スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロロナのアトリエ~「べつにあんたが遊びに行きたいならついていってあげてもいいけど……え? 仕事?」~


 クーデリアが思いのほか可愛い。なんだこの異常なぐらいのテンプレは――と思っていられたのはゲーム時間でわずか二時間ほどでした。ミニイベントを見逃したくないので、パーティからまったく外せない。

 というわけでロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~

 原点回帰というよりは、これまでのアトリエシリーズを統合したといった感じ。ただ、雰囲気的には想像通り、エリーのアトリエに似てる。世界観とか、キャラ同士の繋がりとか。



 序盤、1年目を10ヶ月ほどプレイして唯一残念だったのが調合というのがどうにも。

 いや、なんというか、思いきりアトリエシリーズ初心者仕様。

 具体的に言いますと、ロロナのアトリエでは自分で受ける依頼とはべつに、3ヶ月に一度アーランド王国の城から依頼が来るわけですね。それ自体は良いんですが、問題は、これが錬金術の指針になっていること。つまり、城からの依頼で作っていくアイテムが錬金術の進め方を完全に決めてしまっているんです。まったく自由度がない。アトリエというよりRPG寄りの流れ。
 もちろん、後半はまだどうなるかわかりませんが(まだキャラも全員出ているわけではありませんし)、アトリエシリーズとしては、最初のこの窮屈さはちょっと辛い。
 しかし、逆の視点から見ると、自由度が高いゲームだからこそ、最初の1年はチュートリアルのようなものということでわざわざあんな形にしているという可能性もある。これなら後半は期待できます。

 どのアトリエシリーズにおいても、最初の1年って基礎体力作りですからね。方向性は違えど。


 あとは、序盤にも関わらず、まったく金欠にならない&騎士を雇用できるというのが……。
 序盤、金策に苦しめられるのが楽しいのに。それから騎士のスケさん強すぎ。雇用費がやたら安いし。

 最初にも言いましたが、原点回帰とは言えない内容です。全体的に難易度が下がっている印象。ただ、新しい面白さを追求しようと模索しているのはわかる。いつものように、次回作も期待できそうです。

 まあ、とりあえずは軽く一週してからです。EDが30種類以上って、どう派生するのやら。
 後半、怒濤の錬金術ゲームになるんでしょうか。だったら嬉しい。

スポンサーサイト

trackback

comment

No title
http://hatimaki.blog110.fc2.com/blog-entry-1138.html

このページを見て急に興味が湧きました。

……アホですみません。
  • 2009-06-27│03:24 |
  • 七月大介 URL│
  • [edit]
No title
見た見た。思いきり見てましたそこ。
ええ、試しましたとも、あの鉄壁のスカートをどうにかできないものかと。
  • 2009-06-27│03:36 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。