スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このゲームだけは忘れられない! BEST5!

 真夏の黒猫さんのベストシリーズの話に乗っかる形で。

 いやー、またこれは難しい問題ですね。とりあえず、別格とも言えるガストの、

 『マリーのアトリエ
 『エリーのアトリエ

 はランキングから外そうと思います。
 いいですか、ガストのアトリエシリーズの原点、そして完成度の非常に高いゲームである『マリーのアトリエ』と『エリーのアトリエ』は(後略)


 ハマるゲームっていろいろありますけど、やっぱり何度もクリアした、というのが私にとって一番大きな条件ですね。パッと思い浮かんだところから埋めますけど、解説できるほど大して内容がなぁ。
 とりあえず、ランキングにゴー!


1.サガ・フロンティア

 そこまで難易度が高いわけでも、容量が大きいわけでもないのに何度もプレイしたくなるPSのRPG。
 なんだかんだでロリキャラがいると信じるとロリキャラばかりに見えてくる。私はわりと病んでいるのではないかと思わせる作品でもあります。正直、アニーやエミリアはロリキャラにしか見えない。いや、実年齢はきっと結構なものでしょうけど……(夢も希望もない)
 まー、この作品はやっぱりロマサガシリーズの醍醐味である閃き、またの名を『ピコーン』の広がりが大きいことが面白いですね。術や銃の技は戦闘後に覚えますけど。
 あとは、種族による特性の違いや、同じ世界観の中に主人公が七人いて、それぞれの戦いがあるところなども面白い。音楽は言わずもがなで格好良い。七人全員クリアを何周したことか。


2.ゼルダの伝説――夢をみる島――

 ゲームボーイが初代? でゲームボーイカラーでリメイクされた作品。
 マリンのヒロイン性の高さは異常。
 『どろぼー』になったり、店主に倒されたり、わらしべ長者をやったり、どこかでみたような王子にあったり(『カエルの為に鐘は鳴る』からの出演)といろいろありましたが、マリンの「りんくをみつけたとき わたしドキドキしたわ。このひとは、うみのむこうから なにかをつげにきたんだって」は号泣した。楽器が増えるごとに広がっていく曲「かぜのさかな」もすごかった。


3.リーヴェルファンタジア~マリエルと妖精物語~

 なんだかんだで何度かプレイしたような。説明が難しいですね。PS2用のアクションRPGなんですけども、あっちこっちにいって妖精と会うRPGであって、戦闘とかはないです。
 主人公のマリエルとその父親は妖精使い。父親が失踪したことをきっかけに、マリエルは妖精使いとして町の人たちの依頼を、妖精とのコンタクトを通して解決していきながら、父親が借り受けたという借金の返済にいそしむ。
 あー、小さな町の話だからか、登場人物のほとんどにそれぞれの物語があります。町の人たちのいろいろな悩みを解決していく……という。
 いわゆるお使いゲームなので、ガストのアトリエシリーズが好きな人なら楽しめるかも。そうでなければつまらないような気がします。
 あと、これは3Dゲームなんですが、視点が極悪です。かなり酔います。食事後は厳禁。これもリメイクがあればなぁ……。


4.DEWPRISM(デュープリズム)

 ミントさまがいればもうなにもいらない。
 あー、PSのアクションRPGですね。
 とくにこれといって何度もプレイする必要があるというわけではないんですが、なんとなくすごい。かわいければわがままなお嬢様でもぜんぜん構わないよ! という方にはオススメじゃなかろうかと。古いけど。ミントの魅力だけで、私には十分ですからね。それぐらいミントはすごかった。
 ちなみにミントというのは主人公の少女なんですけども、実は王女なんですよ。しかし、そのあまりの暴虐っぷりに両親や妹から家を追い出されるわけですね。で、それで「くそー、おぼえてろー!」と復讐心に燃えるミントは、世界を牛耳る力があるといわれる究極の力『デュープリズム』を求めて旅に出た、という設定。
 まあ、そのまんまの性格です。これリメイクされて最新のグラフィックでミントがもっと可愛くならないかね……と地味に祈ってます。


5.火星物語

 風よ、命よ!
 サスケとクエスのやりとりが好きでした。最後までこの二人は格好良かった。というかどいつもこいつも格好良かった。あまり覚えてないですけど。
 というかこれもリメイクされませんかね。グラフィックが可愛くなったら絶対プレイするんですけど。


 と、リメイクリメイクと何度も言っていますが、まあ、もう十分納得いくぐらいプレイしていますので、そこまで本気でもないんですけどね。やっぱり新しくて面白いゲームに勝るものはない。
 まだいくらでも隠れた名作、なんてものがあると思うんですけどね。なかなか巡りあえないのがさびしいことです。

(11月24日 ホラーADVはハマるゲームっていうより、何度も死にながらプレイしたものであればあるほど記憶に残りますよね。まあ、それほど死亡回数が多いわけではなくても、ですね。SIRENや零シリーズ、バイオハザードシリーズもかなりプレイしているでしょうし。とくにバイオ2なんかは、何周かしないと豆腐シナリオが出てこないでしょう? あれでやたらとプレイしましたね。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。