スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸行無常

“ツクモショック”で消えたアキバ電気街の楽観視 (1/2)


 PCパーツショップである九十九電機が110億円の負債を抱えて民事再生法の適用を申請。
 PCパーツ業界じゃ、かなり大手のツクモですから、この出来事による他ショップの動揺は小さくないようですね。
 かくいう私も、パーツを確認したりするときはツクモのオンラインショップを利用していました。買いはしませんでしたけど。

 そもそも、パーツ販売はあまり儲かるような市場ではないんでしょうね。PCパーツの進歩は日進月歩で、かなりの頻度で新しいパーツが出てくるものですが、かといってそれほど売り上げが出るわけじゃない。出たらすぐに買う、という層が多くない市場。
 しかも、最近はデスクトップの売り上げが落ち込み、ノートパソコンの需要が高まっているようですからね。そうなると、やはりこういうパーツショップがもっともダメージが大きくなる。
 今後、PCパーツショップはパーツショップとして生き残ることができなくなっていくでしょうね。他の産業との兼ね合いが増えていくか、はたまたこのまま消えていくのか……。
 PCパーツに限らず、専門店がどんどん消えていく。不況の煽りもあるんでしょうけど、需要の変化がもっとも大きな要因なんでしょう。
 時代の流れと産業の変化。なんともわびしいものですね。

(11月4日 まあ、新しい産業が生まれるのを喜ぶ、という視点もあれば、嘆くことばかりでもないんですがね。時間を見るってのは、難しいことです)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。