スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶けるアイス、溶けないクリーム。――ai sp@ce Part1――

 まあ、クリームだって溶けますがね。
 イメージとして溶けたところが想像できない。
 頭の中でも溶けるアイスと、頭の中では溶けないクリーム。
 この違いはいったいどこから来ているんでしょうね。


 そうそう、連続でai sp@ceの話ばかりですが、aiちゅーんとドラマ。
 わりと簡単でした。美少女ゲーム慣れ、というか、とにかくサウンドノベルタイプのADVに慣れていれば、なんとなく理解できるはず。フラグの立て方とか、変数や条件の指定とか。
 ただ、非常に面倒なことに加え、あと、これは私の環境のせいなのかもしれませんが、文字や数値入力用のメッセージボックスをクリックしても受け付けないことがある(入力できる状態にならない。何度か押せばちゃんと動くんですけど、何度もとなるとすごくストレスがたまります)、そして、aiちゅーんやドラマを弄っているときに落ちる。例のWindowsがなんちゃらかんちゃらで強制終了しました、で。
 まあ、二、三度そういうことがあったので出来るだけこまめに保存する、という形で対策はしていますが、正直落ちる理由がわからないのでそれぐらいしか対策ができないという。
 あと、カーソルですね。正直、私の環境のせいである可能性も低くないとは思うんですが、それにしたってTabキーで移動させることか、もしくはそれに類するものが欲しかった。ボタン一つで次の入力の場所に移動できる、と。
 そうしたら、先に『話す』のコマンドだけ山ほどいれたあとに、連続で文字が打てるのに。

 まあ、他にもいろいろあるんですよ。なんだかんだでキャラドルの動作が極端なので、想定する性格に合わせた動きをさせることができない、ドラマは渚、音姫、リシアンサスの三人しか使えない。同時に出したり、制服を変化させることはできるんですけどね。渚にバーベナ学園の制服を着せたり、とか。でもそれだけ。あとの服のバリエーションは、ユーザーの所有物に左右されるという。
 BGMは原作から、背景はai sp@ce内の映像から。一応、フェードアウト、フェードイン、SEなどの機能もついてます。よくわかりませんけど。でも、リアクション、つまり動作がこれまた極端&キャラに合わない(というかキャラドルのaiちゅーんとほとんど同じ)という、とんでも。
 ドラマはせめてまったくの第三者、それぞれの生徒Aみたいなものを出せればなー。男子女子両方とか。そうしたらまだなんとか作れそうなのに。
 実際、渚とシアを同時に画面に出したら違和感が異常ですからね。まったく合わねえ。音姫はそもそも知らないし。
 D.C.Ⅱか……キャラの見た目があんまり好きじゃないんですよね。でもプレイしたら面白いとは思うんですよ。どうしたものやら。

 まー、ともかくです。

 aiちゅーんとドラマがあるから、ai sp@ceはだいじょうぶ!

 と思っていた私が甘かった。

 せめてもうちょい素材なりなんなりがあって自由度がないと、いじる楽しみが見出せません。
 じゃあなにを楽しめば、というと、女の子アバターとキャラドルの一部。

 いや、どうして一部なんだよこのやろうと言われそうですが、ちょっと説明だけ。
 おそらくですけど、いまのところキャラドルはそれぞれの島で二パターンづつ、全部で6種類なんですよ。情報だけは聞いていたんですが、一応確認を、と思って、涙を飲みつつそれぞれを確認できるまでキャラドルを削除しました。
 それで6種類確認できたわけですが、簡単に言いますと、それぞれの島に大きいのと小さいのがいると思ってもらったらいいですね。ただ、クラナド島以外は、大きいのと小さいのとで元絵師も違うのかな。
 そんなわけで、背の高さを決められない、胸の大きさを変えられない、貧乳がいない、ツルペタが存在しない、Bカップは貧乳なんて呼びません、キャラドルの髪にデフォルトで桃髪でかわいらしいツインテールがいない、とにかく胸がでかい、と、あまり良い印象をもてないキャラばかりだったんです。

 あれやこれやと期待していましたが、どうも思ったより寿命が短いような気がしてきました。
 まー、無料でやっているわけですし、あまり文句を言うのも悪いですね。とにかくボチボチやっていきます。
 へタレなのですぐ飽きるかもしれませんが、一応ここのブログでai sp@ceカテゴリを作りました。詳しくは一番先頭にあるエントリの目次で。

 動画は簡単に撮影できるようですが、アップロードするのが面倒そうなので多分やりません。
 お金がかからないことで、なにか「こういうのはどうなの? できるの? あるの?」みたいな疑問があればどうぞ。やるだけやってみてレポートするかもしれません。
 というか、これに興味がある人はそういないか。今年が終わる頃にはもうai sp@ceも……。


(10月26日 今年中にどんな動きを見せるのやら。というか、未だに開放番号が64000とか……正式が始まって、まだ1万4000人しか受け付けてないって。βから合わせてもせいぜい2万、そして機能していないアカウントや番号もあるでしょうから、全ユーザー合わせても1万いくかどうか……いかないでしょうね。この開放方法って、いったいなにを考えてやっているんだか。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。