スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この後、狐たちは海底帝國へ全面戦争を仕掛けます。

 高所にあるぶどうを見て、「どうせあれはまずいんだよちくしょー」と嘆いていた狐の傍らを突風が駆け抜け、思わず目をつぶった狐の前にはぶどうが転がっていたという、どこかにあるかのような話なんですが、実はそのぶどうは狐が化けていたぶどうでした。
「お前、俺の夢をかえせ!」とぶどうを見ていた狐が怒鳴りました。
「バカやろう、お前、この、バカやろう」とぶどうだった狐は言います。「こっちだって降りられなくてまいってたんだよ」
 そして二人は友好を深めながら数世紀に渡って争い続けました。後のぶどう戦争である。
 戦争前夜。
「あのときはすまなかった」とジェフが言った。バーギッシュは答えた。
「あのとき?」
「カレーうどんを食っちまったときさ。まさかあれほどおそろしい食い物だとは思わなかったんだ。お前のあのネクタイはもう今頃……」
「構わん。俺はいつだって戦いの中で生きてきたんだ。大したことじゃない」
「なら、良いんだ。それだけが気がかりだった」
「……お前は、この戦争が終わったらどうするんだ?」
「ああ――田舎に帰ろうと思う。幼なじみがいるんだ。俺にはもったいないぐらいよくできた元フィアンセでね」
「なんだよ、ふられちまったのか?」
「ぶどうを探しに行く、っていったら『ぶどうを取ってくるまで帰ってこないで』だと。結局、出来ずじまいだったな。手ぶらで帰ったら『出て行け』って蹴飛ばされるかもしれん」
「それでも帰るのか?」
「顔が見られたら、それで良いんだ」
「そうか。楽しみなんだな」
「ああ……楽しみだ」
 ――『すっぱいぐれーぷ』・完!

 プレイヤーは狐軍と海底レジスタンスグループ『Marメイド』を使用して海底帝國と戦います。狐の武器は主に尻尾と変身能力。レジスタンスグループ『Marメイド』の武器は水撃と高速遊泳、特殊能力としてメイドキャップ砲があります。これらの特性を上手く使って海底帝國を打ち滅ぼしてください。

(9月8日 海底帝國って雷が連続で落ちたら滅びそうですね。というかふと思ったんですが、雷って海に落ちないんですかね。海に雷が落ちたらやはり魚は死ぬんでしょうか。
 ――と思って検索してみたら色んなところで話題になっているようで。どうも帯電によって魚が死ぬことはあまりないようですね。理由は、海水でほとんど無力化される、というところみたいです。目と鼻の先に落ちた場合なんかは例外でしょうけど、人間も海中にいる限りは大丈夫だそうですよ。海は広いな大きいな、ということで。しかしまあ、雷ですら海に勝てないんですから、人が海を克服するのは本当に難しいんでしょうね。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。