スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄幸悪魔の幸せな夕食


 ベンチに座って本を読んでいたらうっかり死にかけました。しかしまあ、今はこうしているわけですから、世はなべてこともなし?
 とにかく、日陰に逃げないと危ないですね。日光浴とか言ってる場合じゃないですよ。「目が覚めるとそこは天国だった」ならまだ救いはあるでしょうが、「目が覚めるとそこは研究所のカプセルの中だった」とかもうね、そりゃ夏から逃げたくもなりますよ。どこまで夏は残酷になれるんだ!

 さて、日に日に神経が変質していっているような気がしないでもない私ですが、まだなんとか動いています。そろそろ関節部の錆びが酷くなってきたのでメンテナンスでもしようかと思っているところです。鳥型ロボットですから。
 鳥型ロボット。たとえるなら――『ある日、いまいち鳥っぽくないので公園から追放されたところを工場屋のあんちゃんに拾ってもらいました。そしてなんやかんやとあり、なんと工場屋のあんちゃんには生き別れの鳥がいるという事実が公園編の中盤辺りで発覚。私は義理と人情の鳥なのであんちゃんにメンテナンスをしてもらった後、そのまま美少女を求めて旅に出ました。鳥なのでもう二度と工場屋のあんちゃんを思い出すことはありませんでした。終』という王道ファンタジーを振りかざす夏の日を描いたかのようなロボットです。駆動部分が壊れやすいので困ります。

(8月18日 ai sp@ceの参加応募が始まりましたね。残念ながらカード(?)を買っていない私にはあまり関係のない話ですが。あと一月か……。しかし、プレイ動画はすぐアップロードされるんでしょうかね。ニコニコ動画の公式で、軽く雰囲気が掴める程度の動画を上げてもらえると嬉しいんですけども。なんにせよ、上手くいってほしいものです。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。