スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monoシリーズ 『M-8』トラックボールマウス & ARVELワイヤレスマウス NWS33シリーズ

 マウスやトラックボール、キーボードは様々な価格帯があります。一般的には、パソコン購入時についてくるものなども含めて、低価格帯のものが使用されています。とはいえ、メーカーものになると独自に作っていたりしているので詳しいことはわかりませんが、かなり良いパソコンについてくるキーボードでもだいたい、一般に出回っている商品の低価格から1万円以下あたりのものに相当するでしょう。
 さて、私がここで持ち出した低価格帯。ここでは、3000円以下のものを指します。一口に低価格帯とは言いましても、多くのブランドがひしめきあっており、その競争は非常に激しいものがあります。独自のキーの設置や、独自の配置、またはオーソドックスにして質を高めたもの、とにかく値段が安いもの――その方向性は様々です。しかし、そこはやはり低価格帯、どこまでいっても基本は値段相応です。中にはArchなんちゃらのようなとんでもまであります。低価格どころかこれを使ったことによって生じた精神的苦痛があーたらこーたらと言いたくなりますが、そこをなんとか乗り切って、無意味に入力機器を購入しました。その辺りを触った感じを。

 まず、トラックボールマウス。Monoシリーズ 『M-8』。1,000円ほど。USB接続のみです。
 このMonoシリーズは他にもいろいろ出していまして、しかも全部安いです。私はこれがこの謎のメーカーの商品は初購入ですが、このメーカーのマウスやヘッドセットなどを買ったことがある、買おうとしたことがある、といった方も少なくないのではと思います。
 それで、今回買ってきたのは、トラックボールマウス。トラックボールマウスというものがわからない人は、普通のマウスのスクロールのところに占い水晶のような球体が入っているものと思ってもらって結構です。
 そのトラックボールマウスに、スクロールボタン付き。ちょっと変わった構造ですが、スクロールボタンの下に右クリックボタン、そして足のところ――銃で言うならトリガーの位置――に左クリックボタンです。
 つまり、上から見たら、頭の方からトラックボール、スクロールの上下キー、右クリックボタン。ひっくり返してみると、トラックボールの真下辺りに左クリックボタンです。
 一番最初に必要なのは、やはりトラックボールの解像度ですよね。当然といってもおかしくないですが、非常に悪いです。ちまちまと動く癖に反応も悪い。極悪です。
 次に触り心地。スクロールボタンはどれだけ押し込んでもスピードは変わりません。これまたちまちまちまちまと動きます。短いページならともかく、縦に長いページを読むときは最悪です。そして、右クリックを押しながらのトラックボール操作のやり難さといったらとんでもありません。マウスジェスチャーをやる為には両手を使わなければスムーズにできません。さらに、左クリック。これまたどうしてこんなことに……と呟きたくなるほど反応が悪く、さあ新しいマウスを買ったぞー!と意気込む私がこのマウスでダブルクリックを一回している間に、某名人なら32回連射クリックはしてしまうであろうほどのポテンシャルを見せてくれます。ポテンシャル=潜在能力、能力の可能性です。大事なことなので訳しました。
 このMonoシリーズ『M-8』が今なら二千円でおつりが来ますよ! すっかすかで軽くて片手でじゃ扱い切れないトラックボールマウス! 一家に一台いかがですか!?

 まあ、むちゃくちゃに言いましたが、キーボード操作がメインの人なら良い――ですかね? ないか。いくら千円でもこれは無い。ただ、利き手だろうがそうでなかろうが大して反応に違いがないものなので、利き手ではないときに動かすように用意すると面白いかもしれません。あと、美少女ゲーム専用マウスとしてとか。なんにせよ、すぐ壊れそうですけど。


 ARVELワイヤレスマウス 『NWS33シリーズ』。ワイヤレスなのに安い! たぶんこれも二千円でおつりが来ます。今はなきアーベル。いつだかにバッファローと統合したみたいです。
 あー、とくにこれといった特徴のない、光学式ワイヤレスマウスです。レーザーマウスを使っている人が多いであろう昨今、その使い勝手はおそるべき悪さを誇ります。実際、これもかなり反応が悪いです。ついでに、クリックの感触がぺらぺら。安いってこういうことなんだなあ、とよくわかる製品です。逆にいえば、これで満足できれば、ほとんどのマウスを快適に使えます。いや、本当に。

 ちなみに、上にあげた二つの商品は、大きな特徴があるんですよ。どっちも、通常の規格より非常に小さいということです。
 私がどっちも最悪だーと言っている理由には、『手の大きさに合っていない』という大きなものがあるわけです。なので、もしかすると、手が小さい方はここまで使い難いということはないかもしれません。それでも、あまりお薦めできるものではありませんけどね。

(8月10日 マウスはちょっと大きめな方が私には合っているのかもしれません。値段が高めのものだとまた話は違うのかもしれませんが。しかし、やはり低価格帯をあさっても当たりを引きそうにはないですね。キーボードと違って、マウスは店頭で見たり触ったりするだけじゃなにもわからないから困ります。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。