スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第550回「部屋のカーテンはどんな柄?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは、「部屋のカーテンはどんな柄?」です。部屋って、カーテンひとつでガラッと雰囲気が変わりますよねー。今私の部屋にかかっているカーテンが、白に近いピンクで、上からキラキラしたアクセサリがぶら下がっているような柄がスパンコールで入っています。...
FC2 トラックバックテーマ:「部屋のカーテンはどんな柄?」



 カーテンの柄も確かに大事ですが、それよりも遮光カーテンかそうでないかの方が重要なのではないかと最近思うようになりました。やっぱりですね、太陽光を浴びようとする姿勢が大事です。遮光とはつまり、世界との断絶です。遮光のはてには、精神的、肉体的な衰弱が待っているだけでしょう。
 朝、目が覚めてカーテンを勢いよく開いて、さあ今日も二次元を求めよう! と決意する。この一連の意識が常に必要なのではないかと思う次第であります。
 これは雰囲気どうこうというレベルではなく、人格にまで関わってくる大きな問題ですよ。私たちは毎日、朝を迎える度に生まれ変わらなければならないんですよ!
 そんなわけですから、私は青生地の遮光カーテンをかけています。昨日の私は良かった私。毎日劣化していっています。やったね!


(8月3日 6日と9日のブログは休みます。喪に服す、というわけではないですが、まったく触れないのはあれですし、かといって私が語れるようなことはとくにありませんので。本当は天災の日も、記録に残すという意味で、なにかしら書いておいて方が良いのかもしれませんけどね。しかし、電子データはかなり長い時間残りますので、被災者――とくに幼い被災者がのちに思い返すきっかけとなってしまったりする可能性を考慮して書かないでおこうかと思っています。
 戦争責任の側面の一つとして見るか、倫理・道徳から見た兵器としての側面を語るか。まあどちらにしても、私の手に余りますからそのままにしておきます、ということです。書けないものは書けません。とはいえ、世代で考えれば、もう語れる人はそもそも無いでしょうから、書けない人間でも書いておかなければならいないような気はするんですけどね。
 知っている方は多いと思いますが、この辺りのことはパール判事や、あー、あとはパッと思い浮かびませんが、アメリカでの論争などが参考になるかもしれません。もちろん、被災者やその遺族の言葉にも耳を傾けることができれば、そうした方が良いでしょうね。
 いろんな知識を貯めて自分の考えを確立しておけば、役に立ちます。今のうちに覚えておくと良いかもしれません。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。