スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『AURA~魔竜院光牙の最後の闘い~』――姉は基本、弟を苛める為に生きている。


 『AURA~魔竜院光牙の最後の闘い~』文:田中ロミオ イラスト:mebae 出版:ガガガ文庫

 妄想戦士――ユートピアにたどり着き尋常ではない異能力を用いて人知れず闘い続ける究極の戦士達。敵は強大だが、戦士の力はさらに強大。その気になれば現実世界も滅ぼせるがヒーローだからそんなことはしない。そんな最高にイカした奴ら――人は彼らを……彼らを……なんと呼んでます?

 まあ、そんな感じの話です。
 まいりました、まさか私が小説の登場人物になる日が来ようとは……。どうも、現役妄想戦士かささぎです。毎日のように、二次美少女を現実に連れてこない現実世界と命がけのバトルを繰り広げています。残念ながらまだ勝利は出来ていませんが、あくまで私が手を抜いているからです。私が本気になれば二次美少女が世界に溢れかえってしまう可能性がないわけではありますからね。

 とりあえず私のことはさておき、細かいところがかなり好きです。姉との関係の変遷とか、佐藤良子がお姉さま方に可愛がられているところとか。こういうシチュエーションが単純に好きだというのもありますが、さりげなく話に組み込んでいるところが良い。吉沢も格好良いし。
 もちろん、こういった細かい話の良し悪しは、全体の流れあってこそなんですが。なんていうか、最後の展開に押し流されてしまった感が強い作品。いや、展開が悪いというわけでも無く、かなり面白いとは思うんですが、話の規模よりも人を出しすぎている、って言ったら良いんでしょうかね。ちょっとその辺りがさびしいような気がします。吉沢はともかく、子鳩と伊藤はもう少し厚い扱いが欲しかった。
 話としては面白いです。主人公にちょっとやきもきするところはありますが、いざという場面ではやってくれている……はず。
 しかし、いざ感想書こうと思ってもあんまり書けませんね。なんというか、感想が書きにくい作品。でも、『人類は衰退しました』よりは読みやすい、取っ掛かりやすいはず。私は『人類は衰退しました』の方が好きですが。
 とはいえ、続刊があればひっくり返る可能性も……でも続刊は出そうに無いですねぇ。念話か《無銭走念》で送っておかないといけません。

(7月27日 なんだかんだで構って欲しがる良子もかわいかったです。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。