スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠された下敷き



 本棚の中身を入れ替えしようと思い立ちまして、いらない本を見繕っていたんですよ。
 どうしてかよくわかりませんが、読んだ覚えのない本がかなり本棚に収納されて驚きました。いや、予定通りだといえばそうなんですが。
 それで、いらない本の中に入れていた本の中に、『アリソン』作/時雨沢恵一・イラスト/黒星紅白、がありまして、一巻すら読んでないはずなのになぜか全巻揃っていたという。
 さすがに何も手をつけないのはどうかと思い、飛ばし読みだけでもしておこうかと思ったんですが、いざ開いてみるとこれがなかなか面白い。気づいたら、今の今までずっと読んでました。全巻読んできました。
 なんといいますか、本当に不思議な世界観ですよね。同作家の『キノの旅』にしてもそうですが、たとえようのないぐらい独特の味です。楽しいよりも爽快を身近に感じます。続編の『リリアとトレイズ』も買うことになるかもしれません。まあ、ずいぶん出遅れたスタートですが。


 さて、もう7月ですよ。明後日は七夕ですよ。千羽鶴ならぬ千短冊を用意して夢と希望を書き綴るべきですかね。
 残念ながら私は近隣で竹が生えている場所を知らないので自前で用意するわけにはいきませんが、適当なお店に竹が用意されていることもよくありますからね。さりげなく混ぜて来ようかと思います。
 「これは――アイツだ!」と確信できるような短冊を見つけても、無視してやってください。

(7月5日 そういえば、竹と短冊って七夕が終わったあとはどうするんですかね。奉納? そのまま廃棄でもしようものなら、とんでもない数の恨み辛みに追われそうです。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。