スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用法・容量・時期・趣味・微少を守ってご利用ください。

 ITmediaを見てたら、記事の右側にストレスチェックという宣伝が出てきたんですよ。
 ごく普通の項目の選択形式でしたが、結構細かい結果が出てくるので面白いですよ。身体的、精神的疲労度、その他ちょこちょこ。
 というかですね、そのストレスチェックに直接リンクを張ろうと思って、記事を巡るついでに広告を注視していたんですが、結局私が試したあと一回も出てきませんでした。なんという運の悪さ。いや、ある意味強いんでしょうか。
 ともあれ、そういうことですので、一度出会ったら逃さないようにした方が良さげですよ。


「ニコニコ動画」のコメントシステム、特許を出願
「ニコニコ動画」、削除時に権利者名表示へ
「ニコニコ動画」でMADも削除 ドワンゴが権利者に申し入れ
(いずれもITmediaより)

 特許出願については、ニコニコ動画設立後まもなくの話なんですかね。件のコメントシステム。これで資金が潤えば、今後の活動に幅が広がる、もしくは後ろ盾になるでしょうから、上手く利益に繋がると良いですね。ただ、このシステムを使用してまで運営しようとする動画サイトがどれぐらいあるのかわからないのがちょっとあれです。いや、単純に私が現在の動画サイトの流れを把握していないからなんですが。
 なんにせよ、他動画サイトが今後どう動くかが楽しみですね。いや、現時点でいろいろ動きがあるのかもしれませんが、独自のシステムが公開されているなら、今頃話題になっていると思いますし。こればかりはわかりません。

 そして、残りの二つ。これはちょっと意外な流れに。
 著作権の締め付けについては、最近厳しくなっていますし、ニコニコ動画にもその影響は強く出るだろうと想像していたんですよ。
 もちろん、これは私に限らず、ユーザーの大半が薄々予想していたことだと思います。動画サイトの先駆者であることもそうですが、なんといっても示しがつきませんからね。対外的に、「私のところはちゃんとこれだけのことをやってますよ」と言えるよう、早めに強い姿勢を見せるのは大事なことです。それでも、MADまで抑えるというのは強硬に過ぎるとは思いますが。
 まあそれはさておき、問題は『削除時に権利者名表示へ』。正直、私の浅見では意図がまったく掴めません。
 この記事では、動画が削除になった際、

権利者が法人や団体の場合はその名称を、個人の場合は「個人の権利者の権利を侵害しているため、又は申し立てがあったため削除されました」と、動画再生画面上部の動画説明文エリアに表示する。

 (記事から引用)

 となるとのことです。
 色々と考えはしたんですが、私が考えることができた意図は、かなり長期的な狙いでの権利者分散ではということぐらいです。詳しくは書けません。だって空白が狭すぎますから!


(7月3日 最近、やたらと夜中に腹が空きます。どうしてか、夜中の空腹時ってラーメンが食べたくなりませんか? 普通の空腹時なら米が食べたくなるんですけどね。この差はいったいなんでしょう)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。