スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波光



 素麺だって流れているうちに波の良さってもんが分かってくるさ、と竹筒が言い始めるような季節が訪れようとしていますね。そりゃアイスクリームだって溶けますよ。私の脳も溶け落ちますよ(年中無休で溶けてます)


 腕時計のバンドがあるじゃないですか。私がここ何年か愛用している腕時計のバンドが革なんですよ。で、ついさっきそのバンドの、留める用のわっかが千切れました。あれってなんていう名称なんでしょうね。まあ、名称はどうでも良いんですが。
 バンドだけを買い換えるというのも妙に間が抜けているような気がしますので、これはこれで本体だけを保管しておいて、新しい腕時計を買おうと思って色々と見てきたんですよ。
 そこで思ったんですが、時計ってやたらと個性が強いですよね。主張が強いというか。服とかどうとかの問題じゃなく、自分そのものに合わないと思える腕時計がやたらと多いんですよ。片っ端から相性が悪く思えてならない腕時計ばかりなんです。
「私がカラス科だからなのか? 貴金属は収集だけに留めておけということなのか? 電波時計の電波は私をどうするつもりなんだ?」
 と店頭でしばらく思案し、索敵用の双眼鏡の購入検討に至りました。
 まあ、最終的にわかったことは、炊飯器の発展は目覚しいものがあるということです。美味しく炊けそうなのばかりで凄いですね。

(6月13日 しかし、腕時計ってあれだけ似たようなものばかりなのに、どうして値段の差があそこまで出てくるんでしょうね。私の目が安物だから区別できないだけという可能性は非常に高いんですが、どうしても不思議に思えてなりません)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。