スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川岸のイーゼル

 砂利を踏みしめて立っているイーゼル。当然持ち主は近くにいないわけですよ。好奇心にそそのかされてついイーゼルに掛かっているキャンバスを覗いてみると、なんとそこには――!

 どうでもいいですが、私は絵を描く側はからっきしでして、イーゼルはもちろん、キャンバスも買ったことはないわけですよ。そもそも描きませんから。
 しかし、なんていうんですかね、屋外でイーゼルと向き合っている姿というものに憧れて、欲しいなと思ったことがあります。上に書いたような、川の側でイーゼルを前に絵筆なり鉛筆なりを構えている姿というのが格好良いなと思うわけですよ。私の中での、スケッチという言葉の心象ですね。


 さて、マナケミア2もやっとロゼ編が終わりに近づいてきました。長かったです。でもガスト作品は一度始めると終わるまで超特急なんですよ! やらなきゃいけない気にさせられるんですよ! ええ、ただの宣伝ですとも!(この辺りが信者)
 まあ、ここまで来て思ったのは、キャラクエストは前回の方が良かったっていうことぐらいですかね。ロゼ編はロゼがちょっとアレすぎますし、ウルリカ編のキャラクエストはネタに走ろうとして走りきれていませんし。
 ただ、戦闘は終盤辺りのやりがいがあって良いですね。序盤で戦闘方法、特殊技の練習、中盤はさくさく行けて、終盤では戦闘の難易度が適度に。特に終盤は、思ったとおり、結構な難易度になってました。一部、とんでもない特性持ちのキャラがいますが、ボス相手ではその特性を使っても一筋縄ではいきませんし。アイテムのバランスも良い。
 ストーリーは、まあ、ガスト作品は本筋より中身でどれだけ楽しめるかが肝だと私は考えていますから、あまり重視していないんですよ。いや、今回のストーリーも普通に面白いとは思うんですが、単純なストーリーだけなら、せっかく主人公を二人設けているんですから、もっと複雑な絡み方をさせても良かったなと思ったり。まあ、主人公は戦闘技術科と錬金術科で分かれていますし、下手にストーリーで絡ませるとややこしくなるでしょうから、今回の設定ではこれぐらいスマートに行ったほうが分かりやすくて良いのかもしれません。あー、こうやって簡単に考えるだけでも、兼ね合いがどうも難しいですね。
 なんにせよ今回も非常に素晴らしい出来だと思います。次の作品は何になるのか、今から楽しみですよ。そろそろイリスの新作来ませんかね。

(6月10日 

 上はJava script。ニコニコ動画から、作者:cosMo(暴走P)『ミクとピアノとファンタジィ』

 もう凄すぎる。こんな世界観に埋まって生きたいもんです)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。