スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽を攫っていった全休符


 梅雨前線が仕掛けてきているようなので、対策と傾向を。

 まず、傘は大きめのものを用意しておきましょう。いつ二次美少女が姿を現さないとも限りません。
 相合傘か、もしくは傘を渡して逃走かを選択が迫られるかもしれませんが、基本的に相合傘推奨。
 ただし、他のフラグを背負っていたりすると、相合傘→「あの女は?」で高確率でBAD ENDなので気をつけましょう。
 まあ、傘を渡して逃走の場合も、「わたしにだけ優しくしてればいいの!」でBAD ENDになることがあるんですけどね。その辺りは状況を見て判断してください。
 注意点としては、なにがあっても見て見ぬ振りはしないように。純愛ADVがサイコサスペンスADVになりますよ。
 純愛でもサイコサスペンスでも、全体的に選択肢が多いですが、意味のない選択肢も多いです。ただ、一見何の意味も無さそうな選択肢がDEAD END(社会的な意味含む)に繋がることが当然のようにありますので、取り返しがつく範囲で失敗するようにしてください。

 梅雨を乗り越えるためにはかなりの判断力を要しますが、落ち着いて対処すれば大丈夫! きっと、夏に会いましょうね!(私のように、先天的にフラグキャンセルを持っている人は問題なく夏を迎えられるので安心! やったね!)



(5月24日

 2007年の心の病気での労災認定が過去最多だそうで。どないやのん。
 心の病気の定義が広がり過ぎたが為に「自分は心の病気なんだ」という自覚を得ることで状態が悪化する、という例が以前出ていたような気がしますが、それを併せて考えるにしても、労災認定が降りるほどだとなると結構な状態なんでしょうね。
 しかし、これって本当に労働環境の悪化だけによるものなんでしょうか。

 昨日のエントリで書いた、排斥主義。その一端が顕在化したものであるとも言えるような気がします。普通であること、健全であることを望むばかりにストレスの発散場所を無くしてしまうという、ごくごく単純な理由ではないのかと。
 さすがに、私のように「ロリゲ!ロリゲ!」と平然とのたまうのは道徳的にどうかと思いますが、やはりどこかで鬱屈jは消化しなければならないものです。
 配偶者、恋人とのにゃんにゃん(察してください)で、日本人の大半は満足を得ていないという統計を見たことがあります。性を忌避する風潮が強いのは仕方ないとしても、身体を交わす関係であるならば、もう少し精神的な解放が必要だという気はします。
 もちろん、すでに上手くやっている人もいるとは思いますけどね。

 それに、なにも性行為による発散がすべてとは言いません。というか一つのことを続けても飽きや惰性が働いて、今度は逆にそれが鬱屈を生む温床となります。車でも写真でも絵でも、ゲームでもアウトドアでも、多くのことに触れていくことで初めて心の充実、休息が得られるというもの。興味が向いたならどんどん手を伸ばせば良いんです。私のような趣味でなければ(←どうしようもない)
 もっとも、こういったものに触れられるだけの時間がまったくないような労働環境などは論外ですよ。ただ、中には、その労働で疲弊した体力の回復を優先するあまり、心の休息を疎かにしてしまう人も少なくないと思うんですよね。そういう人には、やはり周りの人が声をかけるしかないわけですが、これがまた「疲れてるんだ…」という言葉で終わってしまうから難しい。
 その人にとって好きな仕事、やりがいのある仕事というものであれば、心の充実が仕事の中で得られることがままあるんでしょうが、そんなに上手く行きませんからね。

 というか、あまり大きな声では言えませんが、こういう心の病気の特効薬としては、人にはあまり触れ回れない趣味が一番だと思うんですよ。もちろん、犯罪にならないものである必要があります。趣味で人生を叩き壊すようなことは絶対にするべきじゃない。人に迷惑をかけるなんて以ての外。それに、そういったものはやってしまった後、ひどい後悔に襲われると思います。きっと、ろくなものじゃありませんよ。
 そうですね、普通では人の目が気になって絶対にやらないような行動、ちょっと背徳的な趣味、例を挙げるなら、

 誰もいない夜の公園で自作の不気味な踊りを激しく踊るとか(人に見られたらダメですよ! 自作できない人はキタキタ踊りとか良いかも! 詳しくは魔方陣グルグルで!)、
 階段を「プォン!」という効果音つきでマリオジャンプで飛び降りるとか(やっぱり人に見られたらダメですよ! 後、怪我しないようにできるだけ低い場所で! 五段ぐらいが良いかも!)、
 ロリゲのパッケージを二つ手にとって真面目な顔で検討するとか(人に見られなくてもアウトです)

 などなど。ちなみに私は、どれもまったくもって限りなくありえないぐらい経験がありません。私のような清廉潔白に生きている人間にとっては遠い世界の夢物語です。
 ……まあ、こんなこと言ってますが、子供ならともかく、大の大人がこんなことをしようものなら不審者として連行される可能性も十分にありえるんですよね。別に今の時世に限ったことではありませんが。

 話が転がり過ぎました。
 結局、私が言えることは、エロゲは楽しいですよ、ということだけです。(最悪の勧誘))
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。