スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探検隊と美少年



 物語の中の探検隊は美少年がサブリーダー。しかし、探検隊員の少女たちはなぜか平隊員である平凡な顔立ちの平凡な少年にしか興味を示さない法則。
 そして、美少年のサブリーダーはまったく意味のないところで平隊員の少年を庇って帰らぬ人になり、リーダーが「今日からお前がリーダーだ」と平凡な少年が任命され、エンディング。ハーレムエンド。
 探検隊と美少年とは、かくも無常な繋がりの上で成り立っているのです。
 ちなみに私がこの話の中で役所が与えられるとしたら「こんな探検隊に同行できるか! 私は一人で探索するぞ!」といって序盤辺りで道端に転がっている羽目になる役回りです。やったね。


 最近、メモ帳の切れ端がそこかしこに散らばってます。私はメモを種別にまとめるために切り取って使っているんですが、まとめたはずのメモがまたさらに散らばるという奇妙な現象が起こっているんですよ。
 まあ、それ自体はどうでもいいんですが、この散らかったものの中に、メモした記憶がないメモまであるんですよ。しかし、確かに私の字なんです。
 始めは親切な妖精さんが私の代わりに筆跡を真似て書いてくれたのかと思っていたんですが、だんだん私が複数いる可能性も見えてきました。
 どっぺるさんの影が見えたらお墓の用意を! とまで言われるドッペルゲンガーの仕業ですよ。
 美少女に呪い殺されるなら大歓迎ですが、私の姿をしているような塵芥など視界に入れるのすらお断りしたいところ。
 そこで、ちょっとしたトラップをしかけることにしました。
 ついさっき、メモ帳の隣に常に置いているシャーペンをボールペンにすり替えておきました。これでボールペンで書かれているメモは私のそれでなく、奴のメモということになるわけですよ。これで安心して寝られます(ボールペンでメモを取りながら)

(5月19日 どうでもいいですが、自分で取ったメモの大半が自分でも読めないっていうのはどうなんですね。通信教育でペン習字を習得するべきかな。)
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。