スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦これ~秋イベントMAP制覇~

kancolle_131104_185045_01

 艦隊これくしょんにて、11月1日に開始されたイベント。
 『決戦! 鉄蹄海峡を抜けて!』を、10月のうちに貯めておいた資源の物量で押し切る形で完全制覇してきました。
 報酬はもう周知のものですけど、大和型戦艦二番艦、武蔵です。

 イベント全体を通して、今回はやたらと運を試されることが多かったように思います。
 全5MAPのうち、実に3MAPが夜戦開始MAPということがその大きな要因でしょう。
 とはいえ、イベント開始から一週間が経ち、ある程度、MAPごとの対策や情報が揃ってきました。

 もともと艦隊これくしょんには運ゲー要素が強いですが、それでも対策さえ練ればなんとかなることは多いです。

 しかし、今回、そういった情報を踏まえてもなお恐ろしいほどの運を要求されるマップがあります。

 それが、第四限定海域『アイアンボトムサウンド』です。
 このE-4攻略において、かなりの数の提督が地獄を見ていることだと思います。



 私がE-4を攻略した際の、最初と最後の出撃を録画していたものが上の動画になります。
 最初と最後の出撃までの間は、実に六時間。
 休憩なんてありません。PCにへばりついての六時間です。限定海域にはゲージというものが存在し、それをゼロにした状態でボスを撃沈しなければならない、という縛りがあります。なので、ゲージが回復するE-3以降のMAPでは、あまり悠長に休憩していられないわけです。
 なので、六時間ぶっ続けで、死んだような目で延々とクリックを繰り返していました。
 しかし、恐ろしいことに、この六時間というのはまだマシなほうのようでした。

 E-4の攻略に要した時間が十時間を超えた方もかなりいるようで、さらにはそれほどの時間と、多くの資源を費やしてもなおクリアできなかったという人も少なくない。

 『アイアンボトムサウンド』というのは、太平洋戦争で海戦の舞台となった海域のことを指す言葉で、サボ島とガダルカナル島、フロリダ諸島の間にあるようです。なんでも、多くの艦船、航空機が沈んでいることからこう呼ばれるようになったとか。
 私は艦これをプレイするまでそういった呼び名があることを知りませんでした。
 今回のイベントMAP『アイアンボトムサウンド』は、その名を正しく体現するような、提督と艦娘を本機で殺しに来るMAPだったと思います。 

 MAPに必要な艦娘、装備にも史実を上手く絡ませてあり、MAPそのものの概要は面白いです。

 が、その実、E-4は艦隊のレベル、装備、戦術のほとんどを無に帰す徹底的な運ゲーです。
 その運を引くまでの間、数時間以上ずっとプレイし続けなければいけないというのは、さすがにゲームとしてどうなんでしょう。
 難易度調整が難しいゲームではあるでしょうけど、せめて、もう少し連続プレイ時間への配慮が欲しいものです。


 さて、そんなわけで。
 新しく配信された潜水艦娘、伊19と伊8を愛でる時間に戻りたいと思います。潜水艦の四隻はどの子も可愛くて非常に癒されます。遠征に出すのが躊躇われる。

スポンサーサイト

trackback

comment

アルペジオ5話のハルナが可愛いすぎます。「しゃきーん」て。

ところで、2chまとめサイト等で見掛けたのですが「大和轟沈で引退、オイオイ」みたいな話なんですが、大和轟沈とはそこまでショックな話なんでしょうか。

勿論大和のネームバリューと、前後の文脈からレアなユニットを失ったこと位はわかるのですが、周囲の反応も含めて「(轟沈自体)ありえない」というかなりハードな論調でしたので、引退を決意するほど衝撃の出来事、というのがピンとこなくて。
また暇な時にでも、かささぎさん的な見解を教えて下さい。
  • 2013-11-10│15:01 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
No title
アルペジオのメンタルモデルはなにか奇妙な人間味がありますね。
原作を読んでいないのでよくわからないんですけど、メンタルモデルはああいう、癖のある人格を創るような理由があるんでしょうか。そもそも霧の艦隊の目的もよくわかりませんけど。


大和は夏イベントをすべてクリアした人しか手にできなかったユニットで、現状入手不可なんですよ。
なので、現時点ではレアというより記念品レベルでして、それを失うということはかなり衝撃的な出来事ですね。

ただ、周囲の「(轟沈自体)ありえない」という論調は、そういうレア度とは別の話かもしれません。
それというのも、艦これの轟沈(キャラロスト)は、システム上、ユニットにかなり無茶なことをさせないと起きないんですよ。
簡単に言うと、瀕死状態で進軍(次の戦闘)をさせたときにしか発生しないんですね。戦闘開始時に瀕死でさえなければ、どんなに集中攻撃を受けてもHPがゼロになるということがありません。
しかも艦これでは、自動での連戦というものが存在せず、次の戦闘に移るかどうかはプレイヤーに決定権があります。要するに、轟沈は避けようと思えば簡単に避けられるわけです。
つまり、大和を轟沈させたという人は「轟沈してしまう状況で次の戦闘に入った」ということになります。
周囲はそれを指して「(轟沈を起こすこと自体)ありえない」と言ったのかもしれませんね。

引退については、気持ちはわからないでもないです。
私も入れ込んでいるキャラがいますから、そういう子が轟沈したらプレイする気がなくなると思います。艦これはキャラの比重が大きいですからね。
引退を宣言した人はよほど大和に思い入れがあったんでしょう。まあ、もっともそれなら轟沈させなければ良かったわけですが。
  • 2013-11-10│21:11 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]
なるほど。解説ありがとうございます。
素人目には記念品レベルなら戦闘に使用しなければ良いようにも思うのですが、破壊力がありそうな印象だけにそうもいかなかったのかも知れませんね。
というか、かささぎさんのブログを読んで思うのが、意図的でないとしたら単に頭がぼーっとして寝落ち寸前の判断ミスのようにも見えるのですが。10時間て。
なるほど、凄いゲームですね。
・・・新しいノーパソを今度購入するのですが、対応策を考えないと。(色々間違ったほうに)
  • 2013-11-10│22:19 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
No title
ああ、その説明が抜けてましたね。
大和型はいまのところ、HPと攻撃&防御の値が最高なんですよ。名実共に最強ですね。なので、難関MAPだとその強さが重宝するんです。

10時間は、そうですねえ。
今回のイベントだけじゃなく、艦これのイベントはゲージが回復するので、10時間とは言わないまでも、どうしても長時間プレイが必須になるんですよね。
そのせいで判断力が低下することは、よくあると思います。実際、今回もプレイヤーの過失で主力であるキャラを轟沈させて、攻略不可になった人もいるようです。
イベントに熱をあげるのもほどほどにしておけば良いんでしょうけど、目の前に先行配信の新キャラをぶら下げられたら進まずにはいられないのがゲーマー……なのかどうかはわかりませんが、まあ簡単には無視できませんからね。

イベントじゃなく、通常海域ならそういう時間に縛られることはさほどないですよ。まったりプレイできます。
  • 2013-11-10│23:59 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。