スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水際の散り際

 GA文庫の新人賞に投稿してきました。
 書き上がったのが5月31日の23時過ぎ。あらすじやエントリーシートをばたばた書いて印刷したときには、気づくと23時30分過ぎ。
 CD-Rに即座にデータを移してやっと家を出たときには23時40分過ぎ。
 最寄りのゆうゆう窓口に車を飛ばして着いたときには日付が変わるまで残り5分。さらにそんな時間なのに目の前に別の客が来ている。
 そんな状況でしたが、なんとか5月31日の消印に間に合いました。
 毎回とんでもなくギリギリです。なにやってんだ私は。

 まあ、間にあっただけでも良かったです。5月25日時点で半分も終わっていませんでしたからね。
 字数で言えば六日間で七万字ほど書きました。まあ、一日一万二千字と言うとそれほど大したことではないように思えますが、私の中ではわりと修羅場です。

 さあ、次は今月末のポプラ新人賞だ……。
 まあ、今月は忙しいので間に合わないかもしれませんけど。量だけでいえば、三百枚ぐらいならいけるでしょうけど、中身が伴わないでしょうし。べつのところに送ることになるかな。野生時代フロンティア文学賞とか。
 その次は富士見ファンタジア大賞です。そろそろまともなホラーものでも書こうかと画策中。ホラーネタないけど。
 ホラーというとどうしても化け物系ばっかり浮かびます。異形、異質の化け物が人間の生態を理解しながら追いつめていく、っていう展開が大好きなんですよね。
 人間側が「最初はびびったが所詮は畜生、こけおどしだな!」と余裕ぶってるところに手痛い一撃、そこからさらに追いつめられていく的な。
 ただ、当然ですが、この手のはどうしても展開が類型的になってしまうので「またこの展開か」と思われない為に工夫がいるんですよね。問題はそれを思いつけるかどうか。それさえあれば即座に書くんですが。

スポンサーサイト

trackback

comment

ご無沙汰しております。
「はたらく魔王さま!」も意外に面白いと思っている黒猫です。
ホラーで斬新なネタと言えば、Xboxで申し訳ないのですが「アラン・ウェイク」が良かったです。
登場人物全てにおいて、正気と狂気、現実と虚構、敵か味方かが解らない。物語の出口さえ分からないままジワジワ恐怖が募っていく稀有な作品でした。
日本的な恐怖だとやはりSIRENかと。
ホラーもたまには良いですね。
  • 2013-06-01│17:14 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
No title
はたらく魔王さま!は面白いですね。俺の青春ラブコメはまちがっている。も好きです。
進撃の巨人は見ていませんけど、あれもすごく評判がいいですね。
今期が豊作すぎて来期が怖い。

アランウェイク、Wikipediaを見ましたけど設定からはさっぱり先が読めませんね。これは面白そう。
Wikipediaでちらと触れられてましたけど、キングが扱うような、異質な町の空間をゲームで触れられるという発想がすばらしい。意外にこういうのないですよね。
日本でも不気味な異界を探索できる箱庭ゲームが出れば面白いでしょうに。
日本の考える異界ってかなり独特なんですよねえ。マヨイガ然り、都市伝説然り。

SIRENは異界&逃げ場のない場所で逃げ続ける恐怖はもちろんいいんですけど、文章だとあの手の恐怖を表現しているのはちょっと記憶にないです。零のようなホラー小説ならわりとありそうですけど。

小説のホラーはどうしても浸食系が多くなるんですよね。対比を使いやすいですし。とくに日本は多いような気がします。
謎の生き物(ウイルス)やら呪いやらサイコパスやらに、身近な人間や身近な場所が徐々に喰われていく感じ。
最近はごく平凡な人間が誰しも持っているであろう狂気的なものが人気が出ているような気もしますが、個人的にはあんまり。やっぱり怖いのは人間という展開自体がさほど好かないというのもありますけど。

逆に外国、米国はアクションホラーと宗教関連の陰謀ホラーがめちゃくちゃ多いんですよね。
そして、なぜか多い幼女の心の闇(or幼女によるサイコホラー)設定。最近はどうか知りませんけど。
ホラーって、本当に人によってイメージするものや好むものが違いますけど、そのぶん様々な楽しみ方があるからいいですね。
  • 2013-06-01│18:16 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]
ストライクゾーンかどうかは分からないのですが、ロリ少女が駄目人間主人公を堕とすように甘やかす謎ゲームを発見したので報告を

http://www.akibain.com/d1/?cls=cntdtl&cid=63594

絵柄や設定がかささぎさん好みかどうかは分かりませんが、個人的にはややそそられるものはあります。
  • 2013-06-07│17:57 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
No title
よくもまあこんなものを見つけてきましたね(褒め言葉)
絵柄は好みというほどでもないですけど、ダメ人間を甘やかすというシチュエーションは最高です。DMMでダウンロード販売もやっているみたいなので、そのうち気づいたら買っているかもしれません。
  • 2013-06-07│18:39 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。