スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波時計の休日


 やることやってから後でプレイしよう、とかいいながら購入していたPS3版リトルバスターズをがっつりプレイしていました。
 結局、コンプリートまで一気にプレイしてしまい、なんかもう改めて自分の意志薄弱さを実感したところです。一度プレイし始めたら、なかなか止めにくいですね。
 で、コンプリートしての感想は、結構あっさりしてたなという感じ。というか、序盤、本流ルート(リフレイン)が出るまでのヒロインの影が薄い。本当、めちゃくちゃ薄い。正直、最初から攻略できるヒロインのルートの大半は各ヒロインルートよりも、共通ルートのほうが活き活きしてるように見えます。特にクド辺りはそう思います。クドルートのクドの影の薄さは異常。まさかこんな謎な事態が起こるとは思っていませんでした。
 そして最終的に一番印象に残った、印象が良かったのが笹瀬川佐々美でした。次点が沙耶と鈴が横並びで、その次に佳奈多。つまり、リフレイン以降のヒロインがすべてを持っていった形に。リフレイン前のキャラは、まあ、その形式上前座になるのは仕方ないんでしょうが、完璧に食われていましたね。クドや小鞠のキャラクターそのものは好きなんですが……。

 リフレインは最高でしたし、ストーリーにはほとんど不満はないんですが、一つのルートだけめちゃくちゃ納得がいかないというか不完全燃焼なものがりました。
 それが沙耶ルート。これ、もっとはっきりとした形でハッピーエンドにして良かったと思うんですよ。リフレインクリア後のルートなんですから、最期だけでいいからご都合主義全開で行ってほしかった。鈴のトゥルーエンドを見て、笹瀬川佐々美、佳奈多ルートで気持ちよく終われそうだったのに沙耶ルートで落とし穴を設けられた感が強い。特に、沙耶が本筋とは別の形で別れているというのが辛い。そりゃないだろう、と。まあ、たぶん、エクスタシーでルート追加されて以降、そういう風に考えている人は少なくないと思います。特に沙耶は、人気投票で順位が高いのも納得の可愛さですからね。やはりもう少しなんとかして欲しかったですね。

スポンサーサイト

trackback

comment

積みゲーになっていたToHeart アナザーデイズを始めました。
とりあえずはるみルートをクリアしました。
このブランドでは当たり前になりすぎていて気がつかなかったのですが、インターフェースがすごいですね。

サクサク動いて、コミカルかつ鬱陶しくない、というのは素晴らしいと思いました。

作りが丁寧なゲームは気持ちがいいですね。
  • 2013-04-04│22:20 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
インターフェースが快適なビジュアルノベルはプレイしやすくて良いですよね。
最近、リトルバスターズをやりましたけど、これもシステム周りに不満は何一つなかったです。
とくに、選択肢までジャンプの機能が前方にも後方にも使えたのは快適でした。

アナザーデイズはノリが本編よりちょっとばかり悪ノリに見えますが、キャラクターにハマればかなりいけますね。存分に楽しんでください。
  • 2013-04-05│03:15 |
  • かささぎ URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。