スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の裏切り

 Play station Plus七日間無料体験で、フリープレイのラインナップに入っていたGod of War2をプレイし、さくっとプラチナトロフィーを取ってきました。攻略サイトを見ながらのプレイですけど。
 GoWは3だけプレイしたことがあったんですが、2をプレイした感じ、大して変わらないなあという印象。ノリが非常に似通っています。三部作のアクションですが、1もこんな感じなんでしょうね。まあ、やることはないと思うので、どんな感じでもいいですけど。

 洋ゲーアクションって、プレイを終えると非常に疲れるんですよね。GoW2HDもプラチナを取るまでに大体十二、三時間程度しかプレイしていないと思うんですけど、それでもがっつり疲れました。ただ、面白いことは面白いんですよ。再プレイする気力がわかない&前作をやる気にならないという謎の脱力感はありますが、やっている最中はまあ楽しい。
 今回、フリープレイのラインナップにあったので久しぶりにアクションでもやるかという気持ちで始めてみましたが、正直、やり終わったとき、疲労感しかありませんでした。
 当分、洋ゲーはもういいです。可愛らしいロリ少女が山ほど出てくる新作ゲームはまだでしょうかね。

 そんな感じのクリスマスでした(やり遂げた顔で)

 アニメが続々と最終回を迎えていますが、その中でBTOOMのラストが特別緊迫感があって良かったと思います。本編ラスト近くでは、思わず呻き声が出るぐらい驚きました。あの展開は地味に熱い。主人公も奇妙な人間味があって良かった。二期はあるのかどうかわかりませんが、あるなら期待したいですね。原作の進み次第でしょうかね。
 それはそうと、そらのおとしもの三期の続報が無いように思うんですが、いったいどうなっているんでしょうね。早くカオスが見たくてたまらないのに。原作でもカオスは最近出てきていませんし、せめてアニメでは大活躍してほしいところです。

スポンサーサイト

trackback

comment

洋ゲーは疲れる、というのは分かる気がします。
アランウエイクやヘイロー、デッドライジングの時にも同じ印象を受けました。
多分、同じ様なジャンルでも国産とは少しずつ違うのでしょうね。
演出、プレイヤーへのプレッシャーのかけ方など、いつもと違う筋肉を使って疲れるようなイメージでしょうか。
BTOOMは平さんの最期が切なかったですね。でも思考の流れはよくある希望的観測ではなく生々しいものだったのは新しかった気がします。

クリスマスですか?
充実していましたよ。
龍が如くoteのレベル上げで。
(人生がof the End)
  • 2012-12-27│11:34 |
  • 真夏の黒猫 URL│
  • [edit]
No title
プレイヤーへのプレッシャーというのは、まさにその通りですね。常に緊迫しているというか、緩さがまるでない。
ゴッドオブウォーは感覚的にデビルメイクライと似ているんですが、デビルメイクライだとそんなに疲れません。というのも、たぶん主人公の動きの軽やかさによるところが大きいと思うんですよ。
ムービーにしてもなんにしても余裕のある仕草、動きで進んでいきますし。しかし、それでも終盤近くはきっちり決めてきますからね。緩急がしっかりしてる。
洋ゲーは最初から最後までクライマックスという感じがします。急の次にさらに激しい急が来ているみたいです。そりゃプレイヤーも息切れしますよ。
もしかすると一息にプレイすることを想定していないのかもしれませんね。

BTOOMの平さんは王道をきっちり魅せてくれましたね。錯乱の裏切りからの悔恨、そして悲壮な決断。もはやヒロイン枠といっても過言じゃない展開でした。

黒猫さんはゾンビと戯れていましたか……。お互いアツい夜だったようですね。
  • 2012-12-27│12:15 |
  • かささぎ URL
  • [edit]

コメントする

Secret


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。