スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重力的眩暈には少女が付き物

サイト放置してたら、消えました。
レンタルしていたスペースの規約として、一定期間以上更新しなかったら削除されるというものがあったので致し方なし。データ自体はあるのでまったく同じものなら復活自体はいつでもできるんですが、いつか復活させる日は来るのだろうか……サイトのデザインセンスをどうにかできる日が来れば、きっと……(コンテンツの中身には触れないスタイル)

 

ところで、つい先日発売したBloodborneのDLC『The Old Hunters』で狩りにいそしんでいましたが、今月に入ってからというもの、いよいよ美少女成分が足りなくなってきたのでソフィーのアトリエGRAVITY DAZEを購入してきました。閃乱カグラは購入を延期しました。
ソフィーと閃乱カグラを買おうと思ってTSUTAYAに行ったら、GRAVITY DAZEが新作棚に並んでたからつい……。あと、12/10発売のシュタインズゲート・ゼロは売切れでした。まあ、シュタインズゲートはいまのところ特別買う気はないですけど。

GRAVITY DAZEはPSVitaで話題になった作品のリマスターということですが、いやまったく、評判が良いだけありますね。というか、移動方法が実に良い。ぴょんぴょん飛べて行きたいところにさくっと行ける、この一点だけでも好印象。

私がいわゆるオープンワールド系の作品で一番苦手なのが、移動の猥雑さだったりするんですよね。

アサシンクリードから始まり、inFAMOUSやFallout3、最近ではダイイングライトなんかもプレイしましたが、inFAMOUSはともかく、他の作品は移動が本当に面倒でした。Fallout3に関しては序盤でギブアップするぐらいだった。他のは、移動以外の点で面白いところが多かったので最後までプレイできましたが(と言っても、本編だけだったりしますが)
とくに、ダイイングライトに関してはフックがあったことに加え戦闘自体が面白かったので、移動の猥雑さはそこまで気にはなりませんでしたが、それでも妙に高い建物が多い旧市街での移動は面倒なことこの上ありませんでした。舞台によって移動の面倒さが大きく変わるというのは、まあ仕方ないんでしょうけどそれでもあそこは面倒だった。

その点、inFAMOUSには電線を使った高速移動があったのでマーカーが遠くても全然問題ありませんでしたし、移動そのものも最高に気持ち良かった。そのぶん雑魚敵がめちゃくちゃ強かったですけど、それはそれで戦闘が楽しめるので問題なし。
PS4で新作もでているようですから、そのうちプレイしたいですね。

 

で、GRAVITY DAZE。
主な移動手段は、無重力状態を発動して、飛びたい場所に照準を合わせて飛ぶ。
これだけですね。
実に簡単で爽快です。これなら移動を面倒くさがる怠け者な私にもぴったり。移動が面倒だという理由で投げだすことにはならなさそうな気がします。

ただまあ、オープンワールドとなると、やはり舞台となる町の魅力も重要ですからね。これからゲームを進めつつ、そこらへんを堪能していきたいところ。

あとキトゥンのお尻。

いやまあ実際、オープンワールドの主人公は美少女ロリがもっと増えないかなぁと思います。どっか作って欲しい。
ガストが錬金術メインのオープンワールドとか作んないかな……。前感想書いたときについでに要望で、錬金術オープンワールド&オンライン要素あり系の作品を作ってくれみたいなこと書いたんですけど、10KBぐらい(無茶振り)

ゆるふわロリ萌え系のオープンワールドが生まれるとしたら、日本からしかあり得ないしなぁ。VRの普及に合わせてそういう作品が生まれることを期待したいです。

早く、私にロリパラダイスを……。

スポンサーサイト

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。