スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dark Souls2――絶望よりも深い失望――

艦これの夏イベントが終わってからしばらくし、今度はダークソウル2をはじめました。

で、ブログをさぼっているうちにクリアしました。つーか、楽勝っしょ(白サインを探しつつ)

まあ、そこまで楽勝というほどでもなかったんですが心が折れるほどのことはなかった。

というかそもそもまともに試行錯誤することなく、適当に避けて当てるだけをやってたら終わってしまった。いやうん、結構残念な出来でした。ボスが弱すぎる。一週目とはいえ、ここまで拍子抜けだとは思わなかった。

DLCのシーズンパス(DLC三部作のダウンロード権)も購入し、DLCの一弾目にあたるMAPは攻略済み。これから二弾目のMAPに突入するところです。

 

しかし、ダークソウル2は本当に残念な出来でした。単体としての出来はともかく、シリーズとしての今回の作品は、まさに改悪されたとしか言えない内容ばかり。

 

まず、ボスがひどい。弱い、影が薄い、単調、挙句のはてには「一体(シングル)で(難易度が)足りないなら二体(ダブルス)で行くよ」という謎の展開。

ダークソウル1でもボス戦ではいろいろ残念なところがありましたが、これほどではなかった。少なくとも、戦っていて面白いと思えたボスはいましたからね。DLCのアルトリウスやマヌス、カラミットなんかにしても、なかなか面白かったので、今回の作品には結構期待していたんですよ。

ところがどっこい、いざ蓋を開けてみるとトッ○バリュブランドの菓子のような量産品ばかり。2はまったくと言っていいほど面白いボスがいない。ちょっと酷すぎる。デーモン戦に関しては、デモンズから劣化の一途をたどっています。デモンズのオーラントやら炎に潜むものやら、何回戦っても面白いデーモンがいたのに、最新作のこの作品でどうしてここまでつまらなくできたのか逆に不思議なレベルです。

 

次にマップ構造。デモンズは楔の神殿からそれぞれのマップの入り口に行き、そこから奧へ奧へと進んでいくタイプなので、それぞれのマップで統一感がありました。ダークソウル1はシームレスタイプでしたが、なんだかんだで全体的に立体的な繋がりがあり、先に進めば進むほどその繋がりがわかっていくのが楽しかった。最下層から病み村、狭間の森から飛龍の谷なんかは、初見だと感動しました。ダークソウル1はマップに関しては本当に良かった。

今回のダークソウル2も1を継承したシームレスタイプですが、まったくといっていいほど繋がりがない。マデューラから蜘蛛分かれしたような繋がり方でしかなく、どこをどう進んでもただ奧に行ってくるだけ。で、行き止まりでなんか大ボスっぽいのが出てはいおしまい。ひどすぎて言葉もないわ。

 

そしてマルチプレイ。クリア済みマップでの侵入ありってのは本当に害悪。買い物だけして戻ろうとしたら「篝火は使えません」、アホかと。いや、まあこれは百歩譲って許容するとしましょう。しかし、クリア済みのホストに闇霊が入ってくる=マップ攻略中のホストに侵入できる闇霊はそのぶん減るってことですよ。侵入する側の思惑はそれぞれあれど、ホストと敵対するというのが大目的でしょう。しかし、マップクリア済みのホストからしたら、わざわざモブが徘徊するマップに進む必要はないわけです。となると、篝火付近で闇霊が来るのを待って、適当にちゃんばらしてはいおしまい。もうなんのための侵入システムなのかと。

誓約関連で修練やら死合やら、同誓約のプレイヤー同士で戦えるシステムもありますが、それはそれで独立しているからなにも言う気はありませんが、しかし結果として、誓約が増えすぎたことによる猥雑さがマルチプレイに支障を与えているような気がしてなりません。つうか、修練とか死合とか統一すりゃいいのに。どうしてわざわざ違う誓約で似たようなことをやらせるのか。

 

他にも細かい不満は山ほどありますが、ゲームとしては普通に楽しめないこともない、というぐらいなので一応、DLCの三弾目が出るまではプレイします。

その後は、オフラインで二週目のノー篝火ノーデスクリアを目指すかもしれないっていうぐらい。なんか、ノー篝火、ノーデスでそれぞれ指輪がもらえるようなので。っても、それから先にプレイするかどうかわからないので、使うことはないかもしれませんが。

 

正直、こんな調子だともう次回作は期待できません。DLCの三弾目もすでに期待してない。一弾目があまりに酷すぎました。

噂ではディレクターが変わったせいだとかなんとからしいですが、ここまで盛大に転げ落ちなくてもいいのに、どうしてここまでしでかしてしまったのかと愚痴を言わずにはいられない。

 

ああ、ただ唯一、NPC白霊の充実っぷりは良かったです。まあ、そのNPCのゲーム内での軌跡がほとんど見えないっていう、これまたどうしようもない欠点付きではありますが。

 

どこか、デモンズの良いところを拾いあげた作品出してくれませんかね。デモンズみたいな面白さを持つ作品って、洋ゲーの中にはまったくないですから、日本のメーカーだけが頼みの綱なんですが……。

 

ガストあたりがアトリエ+デモンズみたいな作品出してくれたらいいんですけど。アイテムを作成して強くなっていく系のゲーム。ロリキャラをメイキングできる作品ならなお良し。なんなら幼女ホムンクルスを創りあげるゲームでも良いんですよ。購入価格は人としての尊厳で(当店では最安価格で取り扱っています)

PS4もいろいろ出てきましたし、デモンズに続くブレイクスルーがそろそろ欲しいですね。

スポンサーサイト

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。