スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IS12SHは二度立ち上がる

三年前に購入した私のスマートフォン、IS12SH。

たった三年、されど三年。

スマホ業界の三年は人間で言うところの七年に匹敵します(当社比)

デュアルコアではなく、1GBのメモリもなく、内部記憶容量は2GBにすら満たない。
ロートルとなってしまった彼は、かつて向けられた賞賛の声を思い出しながら、ゆるやかに朽ちて行こうとしているように見えました。

しかし、彼の炎は、彼の獣性はたしかにくすぶっていたのです!

三年という歳月は彼を老獪へと至らせるに十分な時間でした。
かつての最新鋭モバイル機器、スマートホンIS12SHは、2014/07/31偉大なる進化を経て――電子メモ帳として復活をはたしたのだ!


というわけで、スマホ&Bluetoothキーボード(JIS配列)&Google日本語入力&Jota+です。

いままさに、この環境でエントリ用の文章を書いています。
スマホについては先ほどから言っている通り、IS12SH。
キーボードはELECOMのTK-FBP067BK。
ハードウェア部分の環境に関しては、特筆すべきところはありません。
Android2.3.3とBluetooth3.0での組み合わせというだけ。
ただ、接続、入力ともに問題はない程度には堅実な環境です。
とくにキーボード、TK-FBP067BKに関しては、WindowsモードとAndroidモードがあり、そのどちらのOSでも問題なく使用できるようになっています。ノートPCでも試したので間違いありません。

ただ、AndroidだとCtrlキー、右ALT、右Shiftが認識されません。まあ、これはAndroidOS4.1未満だとキーの認識がいろいろと行き届いていないらしいので、OS側の問題でしょう。Windowsとつないだときは普通に使えましたし。
とにかく、Androidでの使用だけではなく、Windowsでも使えるBluetoothキーボードです。

Bluetoothという汎用性の高い規格の製品なんですから、こういう需要は少なくないかと思います。
私自身、そういう意図があってこの製品を選んだわけですし。

そして、次にGoogle日本語入力。
これを使用することにした理由はふたつあり、ひとつは『日本語配列のキーボードを認識できること』。
Androidは基本的にキーボードを英語配列として認識するそうです。Android4.1以降であれば、キーマップを変更させる?アプリがあるようですが、Android2.3にはそんな便利なものはないらしく、つまり日本語配列のキーボードの認識はIME頼りになります。
そして、Google日本語入力にはハードキーボード用の設定項目があり、そこで日本語配列を選択できるようになっているのです。
おかげで、記号入力にも困らず打てています。

そして、このIMEを選んだもうひとつの理由が『Bluetoothキーボードで入力しているとき、ソフトウェアキーボードが消えること』。

これについてはよくわからないんですが、ハードキーボードを打っているときでも、なぜかソフトウェアキーボードが表示されたままなIMEが結構あるんですよね。
そんなことをされたら、当然、画面が狭くなるわけで。可読性が非常に悪くなります。というか、邪魔くさい。
Google日本語入力、ATOKはこの問題を解消しているようです。
いまのところ、Google日本語入力で問題がないので、こちらを使用しています。


そして、Jota+、これです。
AndroidではCtrlが効かないというのは先ほど述べた通り。
つまり、Ctrl+□のショートカットキーは当然使えず、コピペやアンドゥ、上書き保存などの、Windowsだと非常に役に立つコマンドが機能しないのです。
こんなことすらできずに電子メモ帳に成れるわけがない。
しかしこのJota+、それを可能にしました。

Ctrlが使えないなら、Altを使えばいいじゃない!

目から鱗とはまさにこのこと。

さらにこのアプリ、ショートカットキーコマンドだけではなく、定型文やクリップボードの複数保存までも可能にしています。無料なら両方二つずつ、有料版はいくつか知りませんけど、たぶん十個ぐらい。

なんにせよ、もはや死角はありません。

ハードの問題は解決し、ソフトウェアは想像以上の良品。

万難を廃して訪れたこの地は、おそらくIS12SHの安住の地となることでしょう。
彼はスマホであることを捨てることで、新しい舞台へとたどり着いたのです(本末転倒)

タブレット&Bluetoothよりも非常にコンパクトにまとまるので、私としてはなかなか満足な環境です。
これなら外でもいくらでも物書きができるね(書けるとは言っていない)

とりあえず、外で書く環境はしばらくこれで行こうかと思います。外でさくっと一本か二本ぐらい長編を仕上げてみたいものです。

スポンサーサイト

FF9――あの爆発では生きてはいまい――

FF9をクリアしました。総プレイ時間、実に70時間オーバー。RPGとしては長い方かな。

ラストダンジョンに突っこむ前に隠しボスのオズマを倒したりサブイベントを消化したりしていたんですが、それにしても時間が掛かりすぎました。

全体的には面白かった。チョコボといっしょに世界中を回ったりできましたし。ただ、いろいろ物足りなかったところも少なくありませんでした。街が少ない、そもそもイベントで関わるサブキャラクターが少ない、ストーリーの根元がわりと意味不明(理屈はわかるけど世界観に合わない展開)だったり。

というか、エーコが空気だったところが一番残念。他のキャラはイベントや、ストーリー上での発言などでそれなりにキャラが立っているんですが、あんなに可愛いロリ召喚士であるエーコはそのどちらも無いという。ヒロインはビビだけでしたな、まったくもって度し難いロリっ子だ(姿が見えない以上、ビビが幼女である可能性は残っている!)

それから、敵の小物感。FF8もあまり敵がパッとしませんでしたが、それでも大物感はあったんですよね。FF9はまったく存在感がない。クジャとか最初からこそこそ頑張ってるのに、まったくもって空気なんですもの。終盤でしか戦闘ないし。

敵の存在感、主人公達の目的の明確さって大事ですよ。FF9はそこが残念でした。もったいない。

 

ちなみに、隠しボス戦&ラストダンジョンの進め方は、フライヤ&クイナの9999固定ダメージ×2で進みました。

手強いボスを限界火力でボコボコにする楽しさ。これだからラスボス前のレベリングはやめらんねえ!

 

しかし、久しぶりにPSソフトをやるとやはりグラフィックとロードの長さが気になりますね。PS3のRPGでロードが気になったことなんてほとんどありませんでしたし。ネプテューヌの無印ぐらいですか。まあ、あれはアップデートでかなり改善されましたが。

純粋なファンタジー系のターン制RPGは最近どうもあまり評価されない類のゲームであるように思いますが、正直もう少しの間はがんばって欲しいところです。

アトリエみたいに、RPG部分以外を伸ばせばまだ十分にやれると思うんですよねえ。まあ、アトリエも黄昏シリーズは錬金術の要素がかなり変化してしまった感がありますが……。

とにかく日本のRPGには期待していきたい。PS3はもちろん、PS4でも。

JRPGに栄光あれ!

FFⅨ~望郷のチョコボ~

今月の17日にはアトリエシリーズの最新作『シャリーのアトリエ~黄昏の海の錬金術士~』が出るというのに、エスカ&ロジーのアトリエを放置。まだ一年目の中盤までしかプレイしてない。エスカが可愛すぎて先に進まないんですよ。

信者としてあるまじき愚行ですが、そんな私がいまハマっているのが、チョコボがお宝を探すついでに世界を救うお話(FF9です)

FF9はDISC四枚組という懐かしい構成の作品でなかなかのボリュームです。現在プレイ時間は45時間を超えましたが、いまだにDISC3でごたごたやっています。まあ、なんやかんやでほとんど攻略サイト頼りなんですけれども。

しかし、こうやって昔の作品をやっていると、やはり時流の違いというものを感じますね。

ファンタジー系のRPGなんかはとくにストーリーや設定の影響が大きいかと思います。FFだと、魔法や召喚獣、文明のレベルなどにその辺りの影響がよく現れていますから、いきなりがらっと雰囲気が変わったりますし。

FF8→FF9→FF10の流れに至ってはもはやカオス。というか、この辺りは戦闘システムもかなり手が入っていますよね。良いことかどうかはさておき。

 

そんなわけで絶賛FF9をプレイ中。

ロリキャラロリキャラといつもわめている私ですが、ロリ召喚士エーコが出てきたので今回はわりと落ち着いています。ストーリーイベントだと空気すぎてあれですけど……。主人公がダガーだのなんだのうるさくて困る。あんなBBAは放っておけと心の底から言いたい(バハムートにこんがり焼かれつつ)

そういえば、FF9の召喚士は二人いるんですが、それぞれ使える召喚獣が違うんですよね。最初はなんつう面倒なシステムを……と思いましたが、『同じ技術を持っているのに出来ることが違う』というのは面白い設定だと思うようになりました。

まあ、ストーリー上の設定では、どうも召喚士にはもともと持っている召喚獣というものがあって、個性やどうこうというものではないような流れでしたが。しかし、これだとある特定の召喚獣がいたとして、その召喚獣を呼び出せる召喚士は世界に一人だけということになるんでしょうかね。そうなるとあぶれる召喚士が出てくるか、逆に召喚獣が多くなりすぎて召喚士一族が世界を支配してそうな感じになりますが。

召喚士の設定一つ取ってみても、いろいろと雰囲気が違いますよねぇ。召喚士といえば、FF10なんかは召喚士がちやほやされて逆ハーレム作る話でしたよね?

 

とりあえず、残りはさくっとクリアして、小説書きに戻ろうと思います。来月締め切りのものが二つ。間に合うかどうか。いや、ゲームやってる場合じゃないって話なんですけどね、近ごろゲームをプレイしたい欲があちらこちらから湧き上がっていまして……。
シャリーのアトリエもやりたいし、DakSouls2もやりたいし、東方もやりたい。時間が、時間が圧倒的に足りないのです。

世界に見捨てられた時間の中を一人、こそこそとどこまで泳いでいけるか。二次元という名のゴールには、いつになったらたどり着くことができるのか。

私たちは、この試練を乗り越えられるのでしょうか。

すべては神(ロリ美少女)の御心のままに。


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。