スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェアラブル端末

 ウェアラブルコンピューター
ウェアラブルコンピュータ(wearable computer)とは、身につけて持ち歩くことが出来るコンピュータのこと。別にコンピュータやスマートフォンなどがあり、その周辺機器としての使い道を期待している場合に、ウェアラブルデバイス、ウェアラブル端末と呼ぶこともある。

 三年ほど前から話題になっていたGoogleGlassをはじめとし、Sonyの腕時計型デバイス、その他もろもろ。中にはコンタクト型デバイスなんかに着手している企業もあるとか。
 IntelやFacebookなども参入を決めたようで、今後、競争の過激化が予想される製品になっています。
 腕時計型端末に関しては、すでにいくつかのメーカーから発売され、それなりに好評のようです。


 私がこれからのウェアラブル端末にとくに期待しているのが、まずこれ。

GoogleGlassだけじゃない!映像の可能性を感じさせる、最新ウェアラブル端末・ディスプレイ6選


 霧、床・壁、水面のスクリーン化。いわゆるプロジェクタのような機能ですね。
 超小型端末にプロジェクタ、さらにはスクリーンに触れることで直感的な操作が可能。なかなかに未来を感じさせてくれる組み合わせです。
 腕時計一つぶん、あるいはもっと小さな端末であらゆる情報を世界に送受信できるようになる日はもうすぐそこですね。

 ただ、やはりここまで高度化してしまうと、今度は逆に不便になることが出てくると思うんですよ。
 一番問題なのは、個々人の保有するデータをどう守るかということ。秘密保持。端末そのものがネットワークに特化することで、昨今、データをクラウドに保存することが増えてきました。
 公開・非公開の設定で個人のデータの秘密を守れる、なんて考える人はいまどきそういないでしょう。たとえばGoogleにしても、その辺りの信頼は、はっきり言ってありません。
 データの秘密を守る。その為には、デバイスがスタンドアローンとしての性質を持っていることが重要になります。つまり、ネットワークを繋いでいなくても(あるいは限定的ネットワークにおいて)、あらゆる機能を使用できる端末であること。

 ウェアラブル端末は、現在スマートフォンの更なる小型化、という製品に留まっており、それ本体のみで保有する機能はそれなりにあるようです。
 しかし、おそらく、今後はネットワークを前提とした製品として、先鋭化、小型化が進みます。ウェアラブル端末はデータの送受信を行うだけのものになり、ソフトウェア、データはすべてクラウドで管理という形になるということです。将来的にウェアラブル端末は利用者識別以上の意味を持たなくなるんじゃないかと、私は考えています。

 スタンドアローンとしての端末の進化は、現在のウェアラブルコンピュータが最終形態になるのではないかということですね。

 私の想像では、しばらくすれば端末をあらかじめ所持する必要すらなくなると思います。認証だけなら、端末を用いなくてもできますからね。虹彩認証とか掌紋認証とか。
 投影型端末、プロジェクション端末といったところでしょうか。自分専用の仮想端末が、どこに居ても呼び出せるようになるんじゃなかろうかと。まあ、どこに居ても、というのはちょっと言いすぎか。そういう環境が整っている場で、ですね。
 どういう通信方式を使うかは、それこそネットワーク回線を提供する会社によって変わるでしょうし。

 今後、ウェアラブル端末は、小型ながら、現在のデスクトップに成り代われるような方向に進化していくかもしれません。スマートフォンを超える高機能化。これが実現すれば、家はすっきりすることになりますね。ディスプレイもPC本体も、ケーブルもなくなるわけです。
 まあ、サウンドシステムやら外付けデバイスやらとの兼ね合いもあるでしょうから、一概にそうはならないかもしれませんが。

 なんにせよ、ウェアラブル端末はビジネス的な意味だけではなく、これからの私たちの生活にも大きな変化を与えていくだろう――などという想像をせずにはいられないわけです。
 スマートフォンは、便利にはなりましたけど、それそのものが革新的というほどではありませんでしたからね。結局はノートPCの進化の一形態にすぎません。 
 期待と共に、そういった端末とどう付き合っていくか、それを模索していきたいところ。
 三年後ぐらいには、現在のスマートフォンレベルの端末が出てくるかな? スマートフォンよりも高性能化は若干遅いかもしれませんが、良い成長をしていってほしいものです。

スポンサーサイト

ダイレクトメールが消える日

 最近ダイレクトメールをあんまり見ません。まあ入っててもすぐ捨てるんですけど。

 ある意味、ネットのおかげでしょうか。ネットの宣伝はいろいろなものを影に追いやっていますよね。
 ウェアラブル端末の拡張現実が実現したら、町中からも広告看板が消えたりするんでしょうか?
 しかし、ネットが肥大化し過ぎたら、このネットでの宣伝も死ぬ日が来るんでしょうか。インターネットの情報量の拡大と宇宙の膨張速度はいったいどちらが早いのか。


 そういえば、NASAが「あと数十年で人類は滅ぶ!」をやってましたね。
 いつものやつといえばそれまでですが、いやまあ、しかしいずれにしても、いつかは人類も滅びるわけで。

 それまでに人類は何を為せるのか。地球を脱出することはできるんでしょうか。
 私が死ぬまでに太陽系の外にいる宇宙人と接触できたりしないかな。

 実際問題、ある日突然、他の星の知的生命体と接触できたとして、それで地球の文明のなにが変わるというわけではないと思いますが、それでもやはり変革をこの目に収めたいものです。

ストレートは最強最悪

 東京に飽きつつある今日この頃。
 まあ、飽きるもなにもちょっと動いただけで疲れてしまうんですよね。
 舞台としては面白い場所なので、いまのうちにあちらこちら見てまわろうとは思っていますが。
 今後、東京を出たら二度とこの地に住もうとは思わないでしょう。なんというか、住みたいと思える場所じゃない。マジでごちゃごちゃしすぎ。

 ところで、最近、あっちこっちに美少女ゲーム用シナリオを送ったりどうたりしています。特に結果も手応えもありませんので、はやくも心が折れ気味ですけれども。長編小説が一次すら通らないことに比べればまだ軽い。
 そして、ソーシャルゲーム用シナリオなんかの求人にも手を出しています。
 もはや手当たり次第です。
 なぜか東京にはこういう求人が多いようなので、いまのうちにやれるだけやってみようかと思って手を出しまくってみる次第。九州じゃさっぱりなんだよなあ……。
 もっとも、どれも未経験&実績がないので箸にも棒にもかからないんですけどね。
 はたして、この手の仕事で食っていけるようになる日は来るのか。もうちょい若いうちにこっちに来ておけば良かったのかもしれません。田舎の安穏とした生活に長いこと浸かりすぎた。


 そういえば、秋葉原行きました。二回。
 秋葉原でTsukumoを見たり、死んだような目で歩行者天国を歩き回りながら観察して回ったり。

 一番衝撃的だったのは、秋葉原のヨドバシカメラ。
 でけぇ。すさまじいでかさ。
 あんな規模の量販店は見たことがありません。もういろいろとカルチャーショックが大きすぎて、目玉が落っこちる思いです。地方とこちらとで時間の流れ方が違うことを実感しました。
 あと、やはり東京は国際色が豊かですね。電車内で英語と中国語とアラブ語? をよく耳にします。しかし、そんな彼らも家に帰ると流暢な日本語でFPSで罵声を飛ばしたりしてるんですよ。役者ですね。


 明日は3/13日。ダークソウル2の発売日です。私はすぐには、プレイできないかもしれないってところがちょっときついですが、それでも楽しみ。
 はやく新しい世界でしのぎを削って人間性を高めたいですね!

スピーカーが倒れるとき

 寒い。
 いや、本当に。なにこれどうなってるんでしょう。間違えてロンドンに来ちゃったかな?(セレブっぽく)
 いままでが九州暮らしだったので関東の寒さが結構こたえます。旅行ならともかく、住むとなるとやっぱりいろいろ感覚がかわりますね。
 しかしまあ、あと一月もすれば暖かく……なりますよね?


 それはそうと、こちらに来て料金先払いのバス&電車に驚くといういかにもテンプレな感じでうろたえてきた私です。私が生きられる世界はもう三次元にはないとでも言うのか……。
 小説の舞台になっている場所のいくらかに行きたいところがあるので、しばらくはあちらこちらうろつくつもりです。調査というよりは観光気分で。

 ところで、関東と言えば地震が多いと聞いていますが、いまのところまだ遭遇していません。正直、私の一番の懸念はそこだったんですよ。地震にはほとんど遭遇したことがないので。
 しかし、むしろ先述の通り、現在は寒さに身を縮こまらせる始末。やっぱり、生活環境が変わるというのはいろいろと戸惑うところが多いですね。そのぶん、楽しめることも多いですけど。

 ぶっちゃけ、そう長い期間はいないと思いますが、とりあえずいる間は適当に楽しもうと思います。住居を環境の違う遠方に構えるというのは、生活にちょっとした張りを生みだすものですね。


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。