スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また会う日まで……!(童謡調)

 ネットが使えるのが明日までなので、東京に行くまでの間、ブログはおろかニコニコ動画でアニメが見られません(優先度の順位については当ブログではお答えできかねます)

 最近、ラノベやエンタメ小説の感想も書けてないし、いろいろなんというかもう、書きたいのに書けない欲求が地味にたまっている。
 いま書いている児童文学用の作品は、実はポプラズッコケ文学新人賞に出すつもりだったんですが、間に合いそうにないという事態におちいってしまいました。

 いくら引っ越しの話があったとしても、ちょっと怠惰過ぎやしませんかねえ……。
 とりあえず、児童文学ファンタジー大賞には間に合うのは確実なので、できればそっちに二作送りたい。もう一作考えている作品があるんですけれども、まだ手をつけてないんですよねえ。
 電撃文庫も本当は送りたいんですけど、東京に行って生活がどうなるかわからないのでちょっと微妙。まあネタはあるので間に合えば間に合えば出しますけど。

 ……いや、間に合わせるんだ! 明日を掴みとるんだ! 私の勇気が明日まで残っていることを信じて――!


 と無駄に自分を煽っていく。自分を売ることができないあたりに弱さがある。

 ちなみに、私のやる気はお金を食べることで上下するので、お金があるときはやる気が死んでます。そして私はいまやる気に満ちあふれています(東京湾フラグ)

スポンサーサイト

第12回MMD杯開催中!

 タイトル通り、第12回MMD杯が開催されました。

 動画の投稿期間は終わり、現在は投票期間中です。


 今後のスケジュール

投票期間 2014/02/14 21:00~2014/03/03 21:00
閉会式 2014/03/08 21:00~


 今回の特徴はなんといっても艦これMMD。

 前回のMMD杯時点では、暁型の雷・電、島風、金剛ぐらいしかMMDモデルがありませんでした。
 しかし、艦これユーザーが増えるにつれ、多くの有志の方々がすばらしい艦これモデルを続々と作りだしていき、いまや潜水艦と正規空母、航巡はコンプリート、戦艦は武蔵以外が揃っており、軽巡、重巡もほとんど揃っています。
 そして、艦これでもっとも数が多い駆逐艦も、すでに大半のキャラがモデル化され、新艦までもモデル化されているという状況。
 完全なコンプリートもそう遠くないでしょう。

 そんなこんなで、艦これのサービス開始から一年。
 今回開かれた第12回MMD杯では、すさまじい数の艦これモデルが姿を見せました。

 大会に投稿された艦これMMD動画にとくに傾向と呼べるものはなく、艦隊これくしょん本編のバックボーンを利用したもの、軍艦の史実に即したストーリーもの、キャラの豊富さを生かしたダンスものと、多岐にわたっています。
 いずれも、艦隊これくしょんプレイヤーはもちろんのこと、未プレイの方でも映像としての楽しめる作品であることは間違いないでしょう。


 では、今回の大会で私が特に気に入った作品を少しだけ動画のご紹介します。
 すでに大量のマイリスト5千超えや再生数10万超えのものは外しています。そういったものは第12回MMD杯タグで検索すればすぐ出てきますからね。




 MMDドラマと呼ばれるものです。メインは駆逐艦『初雪』
 初雪はいわゆる引きこもり気質な少女で、本編でも戦闘でダメージを受けて「もうやだ、帰りたい」などと発言する子です。ただ、暗い子だというわけでもない。
 この子がまた可愛いんですよ。作者さんの愛の深さ(&業の深さ)が窺える。




 PV風の作品。
 なぜか陸上で戦闘を繰り広げる艦娘たちと謎のストーリー性。
 モデルの豊富さをいかした圧倒的なスピード感と豪華さが素晴らしい。カメラワークもセンスがあります。
 1分27秒と短いですが、見応えあり。




 艦娘たちの鎮守府生活を背景に混ぜたPV風作品。
 初音ミクの曲『ビバハピ』はその曲の明るさとダンスモーションの可愛さで、MMDの定番のひとつになっています。
 この作品では艦これ本編で艦隊のアイドルを自称している、軽巡洋艦『那珂』がメインですね。
 この作品では艦これ本編のボイス、動画エフェクトが非常に巧く使われています。見ていて飽きない内容。


 先ほどあげた条件に当てはまる人気作も、もちろん素晴らしい作品ばかりなので、タグ:第12回MMD杯本選から検索して、一度ご覧になってみてくださいな。

結婚しました!

 

kancolle_140218_013911_01kancolle_140218_013942_01

 

 多くの戦いを制してきた我が鎮守府もこれにて盤石となりました。

 あとは世継ぎだけだね(にっこり)


 ルーンファクトリーならあっという間に子供を仕込んで幼女&幼女の素晴らしい日々を送れるんですけどね。
 艦娘の幼少verを娘として迎え入れたい。漣の幼少時はいまの漣とは違って髪を伸ばしているイメージ。今よりも落ち着いた雰囲気じゃなかろうかと。

 艦娘の過去と未来のイメージ画像なんていうのもいいですねえ。というか、将来的に、いくつかの立ち絵から選択可能なんてことになると嬉しい。まあ難しいでしょうけど。


 先週から今週にかけて、関東以北で大雪による被害が出ていますね。
 交通機関の麻痺や建物周辺の積雪で、身動きが取れなくなってしまった方も大勢いらしたようで。無事に帰宅されていることを願うばかりです。

 私は在住地が在住地なので、雪害とはいままで縁がありませんでした。その為、今回ネットで取り沙汰される雪害に関しても、私が想像だにしていなかったような形の被害がいくらかありました。
 この想定していない被害というものは本当に怖いですね。いわゆる、なんの対策をしておけば良いのかすらわからないような事態。経験不足。
 おそらく、その経験不足という点で、関東、そしてその被害の大きさで話題になっている山梨の方はたいへん難儀されていることと思います。
 気候が回復した後も対応が難しいでしょうけれども、どうにか乗り切って欲しいところ。

定めには死を、上京には眠りを

 東京に行くかもしれません。
 いや、東京湾に沈められるという意味ではなく。

 私も良い歳になりまして、まあ、ごくまれに友人の死を人伝に聞くようなことが出てきました。
 私にしても、もういつ死んでもおかしくないのかもしれないなぁ……などとまではさすがに思っていませんが、つまり、人生の期限というものを意識してしまうようになりました。
 もちろん、不老不死になって二次元の美少女といっしょに生活していくという最低限の理想は決して捨てる気はありませんが。

 で。
 実は私、東京に行ったことがありません。仕事の関係はおろか、旅行ですら。
 それで、とりあえず行ってみようかと。一応、来月を予定にしています。
 ネット環境は問題ない予定なので、三月の後半になってもブログもTwitterも更新されなかったとしたら、たぶんどっかで死んでます。

 まあ死ぬ前にTwitterあたりに投稿しそうではありますが。

 しかし、人生って本当にありきたりなもんやなぁ。こんなん楽勝やんけ(フラグ)

我は救世主(メシア)、明日世界を幼女の支配下におく

 世界征服~謀略のズヴィズダー~が面白い(戦闘員並の感想)

 今期は癖が強いものが多いですが、その中でも、視聴時間が短く感じられる作品といえば、このズヴィズダー。
 なんかいつも「えっ、もう20分!?」てな感じで見てます。すげえ面白い。
 これ良いですね、ストーリー展開が。
 語り手にヴィニエイラ、視聴者視点に主人公。狂言回しに幹部という感じで話が進められていて、とてもわかりやすい。

 そして、なにをおいてもヴィニエイラが可愛い。ナターシャが可愛い。OPで明日太がナターシャに踏まれたりヴィニエイラの椅子にされたりしているのがうらやましくてたまらない。ヤスを亡き者にして、こっそり成り代わりってナターシャにお仕置きされたい。

 幼女に征服されるというのも悪くないですよね。まあ、幼女が永遠の幼女であることが前提となりますけど。

 成長する幼女は、幼女としての資格を満たしていない。幼女の域に達していないのです(名言)


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。