スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦隊これくしょん~戦場のティータイム~

 2-4をクリアしてから、3-2-1で駆逐艦の育成に入りました。
 艦これにおいて、駆逐艦はロリ枠です。私が駆逐艦に傾倒するのはごく自然な成り行きと言えるでしょう。
 それはもう端から端まで多種多様なロリ達がいます。その中から好きなキャラを選んで育成できるという楽しみがあるので、それだけでもなかなか満喫できるシステムだと言えます。
 ちなみに、3-2-1で私がやっているレベル上げの方法は、駆逐艦を二隻入れ、一隻は旗艦にし、後の四隻は空母と軽空母。3-2-1は敵が弱いので、空母の航空戦でほとんど壊滅します。残党は誰かが適当に処理してくれる。空母や戦艦がいない艦隊相手だと空母が無双しますね。
 で、3-2-1は、その弱さからは考えられないぐらい経験値が高い。最高のレベリングスポットです。

 とりあえず、

  • 吹雪
  • 島風
  • 初霜
  • 時雨

 まではlv20以上にし、改造にまでこぎつけました。他のキャラもあげたいのはいくらかいるんですが、後は電と夕立と朝潮ぐらいで終わりにしておこうかと思っています。
 というか、すでに攻略を進めようという気がほとんどなくなったので、ステージ3、ステージ4はまったく手をつけていないんですよね。ひたすら3-2-1でレベリングか、輸送船狩りで2-2に行くかぐらい。
 本当なら、私はこんな面倒なことをやらずにとっとと攻略を進めるタイプなんですが、このゲームに限っては育成がやたらと面白いので困ります。好きなキャラクターが強くなっていくのは良いですね。
 まあ、そもそもいま解放されているステージをクリアしたところで、とくにメリットがないからというのもあるんですが。急ぐ理由がない。
 もちろん、後半ステージのボス戦などになればレアドロップの艦娘が手に入ったりはするんでしょうが、正直、いまの時点でキャラクターにはほとんど満足しているんですよね。特別、図鑑をコンプリートしたいという意欲もなぜかわいてきませんし。

 それもこれも榛名が可愛いのが悪い。

 最終的に私が目指す一軍(戦力は度外視)は榛名、漣、暁、長良、球磨、摩耶辺りになりそうです。

 暁はとにかくかわいい。「あたまをなでなでしないでよぉ」はあざといけど可愛い。
 摩耶は初期に手に入れた艦娘で、キャラ的にも重巡の中では一番好きなんですよ。口は悪いですが、不快にならない口の悪さ。私は基本、口が悪い美少女キャラはあまり好きではないんですがこの子は例外。かなり珍しいです。もしかすると、実際に戦闘で頼りになるからかもしれません。結構強い。攻略Wikiによると、対空の性能限界が高いみたいです。まあ、知る前から育てていましたが。
 長良はとくに理由もなく、手に入ってから普通に育ていくうちに愛着がわいていました。さわやかな子です。体育会系っぽい発言がありますけど、熱血タイプではないですね。
 球磨はクマー。

 あと漣。この子はとにかくリアクションが無駄に元気でかわいい。
 「ぶっ飛ばしますよ、ご主人様」とかドック入り時の「メシウマ!」とか「キタコレ!」とか。
 youtubeで公開されている撃沈時ボイスを絡めて見ると、言葉を失ってしまいます。琴線に触れるとはまさにこのこと。
 一番最初に選んだキャラなので、単純に出撃させた回数が一番多かったから印象に強く焼き付いているというのもあると思いますけど、それを抜きにしても魅力的なキャラだと思います。
 これから始める人にはおすすめしたいキャラ。電も良いとは思いますけどね。

 ぶっちゃけ、単純なキャラデザだけならもっと好きなキャラはたくさんいるんですよ。島風もキャラデザはかなり好きな部類です。
 しかし、艦隊これくしょんはキャラデザだけでは収まらない、ちゃんとそれぞれ確立したキャラとしての個性があるのが良いところだと思います。
 100超えのキャラでこれだけ特徴が出ていて、しかも史実の事柄を取りこんだ発言まで用意してあるんですから、素晴らしい出来のゲームだと言わざるを得ません。


 日本の軍艦を擬人化したキャラたちが海上で熱い戦い脱衣を繰り広げるゲーム、艦隊これくしょん。
 まだプレイしていない方は、ぜひ一度触れてみてほしいです。

 正式サービスの開始が4月23日、そこからわずか三ヶ月ですでに25万ユーザーということで、六月には一度新規受付を停止し、サーバーを増設したりしているようです。
 誰かと競うようなゲームでもないので、出遅れたなどと思うことはありません。ただ、好きなキャラクターを見つけて、育てるだけ。それだけで楽しめますし、おそらくは自然と軍艦の知識も頭に入ると思います。
 正直、私は軍艦のことなんてろくに知りませんでしたが、艦隊これくしょんに出てくる名前はすでに全部覚えました。これこそ愛の為せる技(キリッ)

 先にも言いましたが、このゲームのキャラクターは史実に基づいた要素を多分に含んでいるものが多いようです。
 このゲームを通じて抱いた疑問を調べることで、その軍艦がどんなふうに造られ、どんな軌跡をたどったのかということも理解できるかと思います。
 必ずしも必要な知識というわけではありませんが、もしかするとそうやって得た知識が、自分がなにかを作るとき、あるいは人が作ったものに触れたときに、なんらかの発見となって実を結ぶことがあるかもしれません。

 ちなみに私は二次ロリの可能性の深さを改めて実感しました。二次ロリはまだまだ行ける、更なる高みへ。

スポンサーサイト

艦隊これくしょん ふたたび

 艦娘を求めて再開した『艦隊これくしょん』で、山場だと言われる2-4をクリアしました。
 デモンズソウル的な価値観でいえば、ここまでがチュートリアルといったところでしょうか。
 とはいえ、2-4をクリアしたのは単純に運としか言えない内容でした。

 クリアした艦隊は、

  • 榛名lv32(旗艦)
  • 赤城改lv30
  • 蒼龍改lv30
  • 飛鷹改lv31
  • 隼鷹改lv29
  • 霧島lv18

 こんな感じです。
 装備は榛名の主砲に『46cm三連装砲』、赤城に『紫電改二』『彩雲』を換装。
 この艦隊を演習でS勝利させ(一隻放置の艦隊だった)、全員キラキラ状態にした後、2-4に突っこみました。
 それで下のルートから、運良くボスまで一直線。被弾はそこまでに一桁ダメージのみ。ボス戦では飛鷹、隼鷹が小破、あとはほとんどダメージを食らわず倒せました。
 初挑戦でクリア。先達の知恵のおかげで助かりました。

 ちなみに、航空戦の後、榛名が初っぱな敵のフラッグシップを轟沈させたので、もうその時点でほぼ勝ちが確定していた感じです。
 高火力でのごり押しですが、問題なく倒せたので良かった。修理もほとんど問題ありませんでしたし。

 まあそんなわけで3-1をその面子でそのままクリアし、3-2にまで行き着きました。3-2はレベル上げがめちゃくちゃ楽なので、ここまで育てにくかった艦娘を楽に育てられそうです。
 とはいえ、もう島風も手に入れましたし、お気に入りのキャラになった榛名の活躍も堪能しましたし、もういいかなと言う気がしないでもない。


haruna

 

 というわけでテストも兼ねてスクリーンショット。
 体型的な好みで言えば、駆逐艦の暁型や島風なんかが好みなんですけどね。
 性格はこの榛名がトップで、次に漣(最初に選んだ艦娘)、その後に長良、暁ぐらい。

 とにかく、艦隊これくしょんは可愛いキャラが多すぎて困る。

 まあ、あとは作業というか、時間が掛かりそうなので、資材の回復を待ちつつ適当にプレイしようと思います。

 てか、早く富士見用の作品を書かなきゃ間に合わん。榛名をつついている場合じゃないんだな、これが。

見取り図は三度目に破られる

 『百物語の怪談史』/東雅夫を読みつつ、八月末に向けて執筆中です。
 で、空いた時間にエスカ&ロジーのアトリエの続きを軽くプレイしていたりしていたんですが、どうにもこうにも簡単すぎる錬金術にちょっと残念な気分になっていました。
 アーシャのアトリエでもかなり簡単すぎたので、アンケートでもそのことを言及したりしていたんですが、難易度は優しくなるばかり。
 やっぱり新規ユーザーを獲得する為には、こういうシステム面を優しくしないといけないんでしょうね。

 実際、いまさらユーディー並に難しくしたとして、ついてくるのはごくわずかになるでしょうから、仕方ないといえば仕方ないんでしょうけど。
 黄昏シリーズの錬金術は、ぜんぜん物を作っている感じがしないんですよねえ。ちょっと、それが残念。
 あと致命的なのがロリキャラ不在。唯一のロリキャラと言ってもいいカトラはイベントほとんどないし……、泣けてくるぜ。


 投稿用の新作を書きつつ、電撃一次落ち作品の加筆を進めているんですが、こっちもやたら難航しています。
 枚数で言えばたった30P(1P=42字×34行)程度なんですが、ちょっと展開を盛り込みすぎたせいで話が進めにくくなってしまいました。後半は大幅に変更になっています。
 しかし、その加筆をやっていても、面白さに直結していなさそうなのが、これまたどうにもしがたい。ただ枚数が増えるだけじゃ意味ないんですけどね。
 中途半端に放りだすわけにもいかないので、しっかり仕上げるところまでは書くつもりですが、微妙な出来になりそうな予感がしてならない。

 しかし、そこでふと思い当たったのが、この電撃一次落ち作品と投稿用の作品。
 このどちらもロリキャラが出てこないんですよ。だから難航しているのかもしれない、と今更ながらに思うようになってきました。
 まあ、投稿作のほうには児童小説もあるので小学生ヒロインはもちろん出てくるんですけど、設定的にロリキャラではない。私は身長150cm以上のヒロインをロリキャラとはけして認めない。
 それで、やっぱりロリキャラは私自身の命の薪として必要かなーと改めて実感しつつあります。ロリキャラがいなければ生みだせない物語が、この世界にはあるんだ!

艦隊これくしょん

 ここ三日ほど、DMMでプレイできるブラウザゲーム、艦隊これくしょんをやっていました。
 実在した日本の軍艦を擬人化した戦略ゲームです。キャラクターが非常に可愛く、無料で存分に楽しめるゲームバランスなので、現在、大人気みたいですね。

 私は可愛い艦娘が手に入ったところである程度満足したのでプレイを辞めました。
 まあ、もうちょい、プレイしやすい仕様だったら続けたかもしれません。進行方向を決めるらしんばんやら、夜になるとやたらレスポンスが悪くなったりやら、結構ストレスが溜まる。
 いや、ブラウザゲームとしてはかなり良い出来なのは間違いないんですが……。


 さて、この手のブラウザゲーム、最近ではとにかく可愛いキャラを量産することで上手くユーザーを取り込んでいるように思います。
 艦隊これくしょんは美少女キャラのバリエーションだけではなく、戦闘での台詞や育成、収集システムにおいてキャラクターに愛着を向けやすい内容になっていました。下手なことをやっているとせっかくのお気に入りのあの子が海の底へと沈んでしまうというシステムなんかは、ユーザーに真剣味を与えると思いますね。
 あとは、大破したら服がボロボロになる仕様とか最高。二次ロリ貧乳キャラが涙目になって身動きが取れなくなるとか、もうなにも言えません。最高(二度目)

 ただまあ、無料とはいえ、やはりそこはブラウザゲーム。とにかく時間を食うのに、進みと手応えはどうにも遅々としています。
 もしプレイするのであれば、最初から攻略Wikiを見てプレイを効率化するための予備知識を仕入れておいたほうが良いかもしれません。

電撃小説大賞、一次落選

 なんてこった……。

 ラノベはこれで二回投稿して、二回連続一次落選です。
 もはや「運が悪かっただけだ!」という言い逃れができない。

 とりあえず落選作品は誤字脱字を修正、序盤を修正したものをガガガ文庫に送ろうかと思います。
 GA新人大賞のほうに送ったものは一次落選したら富士見に送る。なんとなく、内容的にそっちのほうが合うような気がしますし。
 というか、改めて考えているとGAに送ったほうも普通に落ちそうだから困る。ラノベの新人賞への対策というのを考えたほうが良さそうです。

 それはそうと、角川つばさ文庫への投稿に向けて児童文学(というよりジュブナイル)作品を書いているところですが、これがまたよくわからない方向に。
 ポプラ社に出した作品の指摘を踏まえたうえで構成を考えたはずなのに、また似たような方向に行ってるんですよね。
 まあ、レーベルカラーの違いもあるでしょうから、試してみる価値はあるんでしょうけども。

 しかし、なんにせよ、もっとはっちゃけたほうがいいんだろうなあといまさら実感しています。
 改めて作品を読み返していると、どうも小さくまとまった作品が多い。細々としすぎてる。これじゃあきまへん。
 とりあえず一次は楽に突破できるぐらい、強い要素にあふれたものを書くことを意識していきます。まずはそこからだ。

必要ないとわかりきっていることに没頭しない為にやるべきこと

 いま書いている作品があるんですが、その作品の本筋にはまったく関係のないキャラクターのプロフィールをついさっきまで作っていました。
 フルネームとクラスで委員活動をやっているかどうか、クラブはやっているか、交友関係、家族構成はどうなっているかなど。簡単なものなので、それほど深く突っこんではいません。誕生日はおろか、性格すらまるで考えていない。
 そもそも物語には出てこないのでこんなものを作る必要はまるでないわけなんですが、なんか一度気になってしまうと作らなければいけないような気がしてしまうんですよね。
 あとになって必要になるという可能性もなくはないんですが、少なくともいま時間を割いてやることではないはず。
 そんなことをだらだらやっていました。

 人が無意味だとわかっていることに手をつけるときは、たいていの場合、仕事として押しつけられるか、手慰みかのどちらかだと思います。
 前者はさておき、後者。
 具体的には、読み終わった本を深く読み込むわけでもなくパラパラとページをめくる、プレイし終えやることのなくなったゲームでだらだらと同じ展開を繰り返す、というような感じ。
 暇つぶし、現実逃避、理由はなんでもいいですが、この手の作業に共通するのは「なにかをやっている気分になれる」ことなんですよね。
 無駄に時間を費やすことへの罪悪感のようなものが前提としてあって、それを避ける為にそういう作業を行うわけですが、実質、その手の作業は反復ですらなく、ただの流れ作業をこなしているだけでしかない。

 たとえば、私も今回、キャラクターを作ってたなんて言いましたが、実際、こういうのは緊張感がないからこそやれるというのがまず前提にある。
 締め切りがまだ遠いからといってだらけているに過ぎないわけです。
 で、また締め切り直前になってばたばた書き始めるんでしょうけど、今回は8月末までに最低二作を仕上げる予定なのでこんな時期にだらだらやれる余裕は本来ないわけです。
 しかし、「キャラクター作っておいたら後で役に立つかも」などと、自分でもまるで信じていない思惑にすがりながら無意味な時間を過ごしてしまっています。
 これはいかん。いけません。このままだと二作どころか、一作仕上がるかどうかも微妙なところです。

 こういうときは、なにも考えずにまずやるべきことにとっとと手を付ける、というのが正道です。
 しかし、人の意志は弱いもので、いくらそう考えてもすぐに流されてしまうわけです。ちなみに私はこうやって記事を書きながらも、ブラウザを立ち上げたり閉じたりして無駄な時間を挟んでいます。
 こういった症状(何度も締め切り前になってばたばた書き始めるのはもはや病気の域)への対処として簡単なのは『期限を設けること』なわけですが「とりあえず○日までにするか」レベルの期限では、すぐに破ってしまいます。何度そんなことを繰り返してきたことか。
 そこで私は考えました。
 一日につき原稿用紙10枚分として、一週間に最低でも70枚を書かなければ、プリキュアの視聴を禁ずると!

 プリキュアの放映時間を締め切りにするわけです。これで逼迫感は十分と言えるでしょう。ただでさえ、ドキドキプリキュアも中盤となり、終盤への道が見えかけているところです。
 ここでプリキュアを見落とすということはすなわち生殺しになるということ。
 投稿する為に書き上げるのではなく、プリキュアを観るために書き上げるわけですからね。
  このルールさえあれば、いくら私と言えども怠けるわけにはいかない……(本末転倒)

 まあ、目標をどこに設置するかの違いでしかありませんけどね。作品の完成を目標にしていたのでは、いつまで経っても自分に言い訳を許してしまうわけです。
 なので期限があらかじめ設置されている目標を据えておけば上手くいくはず。
 なんにせよ、これでもう引けなくなりました。マナ×レジの為にも、私は生き残ってみせる。

Word Twit 3.0

 WordPress用プラグインであるWord Twitが3.0になってからWindows Live Writerからの投稿がTwitterでつぶやかれなくなりました。

 が、ついさっき解決したので解決法を載せておきます。

 Word Twit 3.0の設定方法については省きます。
 『Word Twit 3.0』で検索すればどっかにでてきます。

 で、登録した後、

 設定項目で上級に合わせます。
 すると、『3rd Party Publishing & Tweet Management』という項目の下に二つチェックボックスがあるので、上にチェックをいれます。
 記事を投稿した際の自動投稿で他のアプリケーションからのアクセス許可するとかどうとか書いてます。
 そして変更を保存。

 これでおしまいです。

 私はこんな簡単なことに気づかず、一時間ほどWindows live writerにTwitter連携用のプラグインだのどうだのと試していました。もうね、アホかと。

 というわけで、参考程度に。

扇風機による声掛け事案

 角川つばさ文庫用の投稿作品に取りかかっています。
 とはいえ、まだプロット段階。設定はもうちょいで終わりそうですけど、ストーリーが想像以上に難しい。レーベルの傾向らしきものがまったく掴めない。ただ、女の子向けが多いかなという感じのラインナップではあるんですよね。
 実際、どうなんでしょうかね。子供の読書率が下がっているという話は以前から言われていますが、そのうえで子供の読者層は女子のほうが割合が多いということなんでしょうかね。そのわりには、売れているのは男子が主人公の作品ばかりのような気がしますけど。

 なんにせよ、これが終わったらとっとと次に取りかからないといけないので、さっくり書いていきたいと思います。

 しかし、ゲームをやる時間がまったくない……。来月までに長編三作とかどんだけだよ。てか無理そう。最悪、富士見はGAか電撃の審査に落ちたものを送っておけばいいので(負け犬根性)、角川つばさ文庫用の作品が終わったら野生時代フロンティアかな。
 富士見ファンタジアと野生時代フロンティアはどちらもネットで応募できるってのが大きいです。印刷しなくていいって楽だわ。
 そんなわけなので、扇風機といっしょに聖戦に挑もうと思います。目指すはロリメイドロボとの明るい夫婦生活(まだできないんですかね)


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。