スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波時計の休日


 やることやってから後でプレイしよう、とかいいながら購入していたPS3版リトルバスターズをがっつりプレイしていました。
 結局、コンプリートまで一気にプレイしてしまい、なんかもう改めて自分の意志薄弱さを実感したところです。一度プレイし始めたら、なかなか止めにくいですね。
 で、コンプリートしての感想は、結構あっさりしてたなという感じ。というか、序盤、本流ルート(リフレイン)が出るまでのヒロインの影が薄い。本当、めちゃくちゃ薄い。正直、最初から攻略できるヒロインのルートの大半は各ヒロインルートよりも、共通ルートのほうが活き活きしてるように見えます。特にクド辺りはそう思います。クドルートのクドの影の薄さは異常。まさかこんな謎な事態が起こるとは思っていませんでした。
 そして最終的に一番印象に残った、印象が良かったのが笹瀬川佐々美でした。次点が沙耶と鈴が横並びで、その次に佳奈多。つまり、リフレイン以降のヒロインがすべてを持っていった形に。リフレイン前のキャラは、まあ、その形式上前座になるのは仕方ないんでしょうが、完璧に食われていましたね。クドや小鞠のキャラクターそのものは好きなんですが……。

 リフレインは最高でしたし、ストーリーにはほとんど不満はないんですが、一つのルートだけめちゃくちゃ納得がいかないというか不完全燃焼なものがりました。
 それが沙耶ルート。これ、もっとはっきりとした形でハッピーエンドにして良かったと思うんですよ。リフレインクリア後のルートなんですから、最期だけでいいからご都合主義全開で行ってほしかった。鈴のトゥルーエンドを見て、笹瀬川佐々美、佳奈多ルートで気持ちよく終われそうだったのに沙耶ルートで落とし穴を設けられた感が強い。特に、沙耶が本筋とは別の形で別れているというのが辛い。そりゃないだろう、と。まあ、たぶん、エクスタシーでルート追加されて以降、そういう風に考えている人は少なくないと思います。特に沙耶は、人気投票で順位が高いのも納得の可愛さですからね。やはりもう少しなんとかして欲しかったですね。

スポンサーサイト

悪魔の道徳授業


 ネプテューヌ関連作品がPSVitaで三作出るそうで。アイドルもの(アイマスライクなゲーム?)と、ノワールがメイン物、超次次元とかいう作品。最期の奴はタイトルにRE BIRTHと入っているのでリメイクっぽいと思ったんですが、どうなんでしょうかね。完全新作二作に加え、新作RPGもいあるとしたらすごいですけど。
 なんにせよ、やっとPSVitaにも萌え系ゲームが増えてきた様子。今までは硬派というか、疲れそうなゲームばっかりだったので、なかなか嬉しい展開です。てか、ネプテューヌが来たのは大きい。PS3のタイトルとしてもかなり良質な美少女を提供している作品ですからね。ねぷ子とネプギアほど可愛いキャラはそういませんし。
 しかし、ネプテューヌ、アイドル物は予想外でした。ゲーム内のサブイベントでネプ姉妹がアイドルとしてPVを作るというものがありましたが、あれから来ているんでしょうかね。正直なところ、サブイベント程度で収めてほしかった内容ですが。アイドル物より、べらぼうに可愛い3Dモデルと着せ替え要素でちいさな箱庭ゲームっぽいものを作って欲しい。使用キャラクターはもちろん四女神&女神候補生&アイエフで。ゲーム要素よりもまず可愛い要素が欲しいものです。

 そういえば、PS2、PSPとコンシューマへ移植されていたリトルバスターズのPS3版が3月20日、今日発売されたようですね。結局未プレイのままなのでPS3版を買おうかと思っているんですが、今は作品を書いているのでしばらく買えそうにありません。
 リトルバスターズはアニメ一期2クールがもう少しで終わるところですし、なかなか良いタイミングで発売しましたね。まあ、最初から狙っていたのかもしれませんが。
 来月はバイオショックの新作も出ますし、それまでには買って、フルコンプしたいものです。

妖精たちの矜持


 東方Projectの妖精大戦争をちょこちょこプレイし、やっとノーマルのA1、A2のステージをノーコンクリアすることができました。
 妖精大戦争は自機である氷精チルノを動かして、サニーミルク、スターサファイア、ルナチャイルドの三妖精&大妖精、リリーなどを倒していくゲームです。
 正規シリーズと違って、ステージは3まで、システムもかなり変更がされています。一番大きな変更点はエクステンドやボム、通常ショットのパワーアップが氷バリアというものを利用しなければ行えないという点です。最初はこのシステムで結構苦労しましたが、なんとか慣れることができました。
 それにしても、よくこう新しいシステムが浮かんでくるものだと思います。東方Projectは紅魔郷以降プレイしてきていますが、どの作品にも新しいシステムが搭載されていますからね。STGのシリーズ物というと、ほとんど焼き直しばっかりというイメージしかないんですが。これだけのシステム、キャラをすべて一人で考えて作っているんですから、驚きを禁じ得ません。さすが神主さん。

 東方神霊廟も残っているのでさくっとEXまでクリアしたいところですが、STGばっかりは攻略情報があってもそう簡単にはいかないんですよね。とりあえず、今執筆している作品が完成するまでにはクリアしたいところ(どっちかに集中しろというお話)

クラウドからの脱出

 二月末締め切りだったポプラズッコケ文学新人賞にぎりぎり間にあってほっと一息ついたので、PSVitaの噂のおっぱいゲーに目をつけたんですが、
 貧乳が、いない。
 なんてこったですよ。おっぱいゲーというか巨乳ゲーじゃないですか。
 どこぞで見たモンスターピースとかいう、PSVのカードゲームっぽいソフトにめちゃくちゃ好みの体型の子が表示されていた画像があったのでそっちを先にやってみようかなと検討したりしています。まあ、まだPSVの本体を買っていないわけですが。


 Evernoteのパスワードリセットがあったようですね。ハッキングがどうかわかりませんが、なにやら不正アクセスがあったようです。
 私はEvernoteには精々小説のネタぐらいしか書いていないので漏れたところでさほど問題ないんですが、個人情報、とくに身元を特定できるような情報を書いてしまっている人は、こういうことが起きるとクラウドサービスの使用に躊躇するようになるでしょうね。Evernoteにそこまで重要なデータをアップロードする必要はあるのかという疑問はありますが、少なくとも警戒心は出てくるでしょう。
 Evernoteクライアントは、同期しなくてもいいなら、ローカルでアウトライン的なメモ帳として使うこともできるんですよね。 文字装飾やテーブル、その他諸々の機能がついているので一風変わったメモ帳として使えます。ファイルを保存するオンラインストレージとはちょっとした差別化ができていて良いと思います。
 今後どうなるかはわかりませんが、唐突にサービス停止なんてことにはならないで欲しいところ。


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。