スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION




 ※DARK SOULSの追加要素のネタばれが有ります。



 パッケージ版を買ったわけではありませんが、DLC(1,200円)を購入してDARK SOULSの追加要素をプレイしました。
 とりあえずマップの一通りと、デーモンをあらかた倒したので感想とちょっとした攻略メモを。
 新マップはそれほど長くありませんが、デーモンは全部で四種類増えており、しかもどれも戦っていて楽しい。一通りプレイしたところ、「これこそデモンズの後継作として求めていたものだ」と思いました。正直なところ、ダークソウル本編は期待していたものからはほど遠かった。なによりデーモン戦がことごとくつまらなかった。総合的に楽しいと言える内容だったのでまだ良かったですが、デモンズのような攻略の楽しみはまったくありませんでした。なにより、マルチプレイでの楽しみが無かったんですよ。
 しかし、今回の新MAPでそれが解消されました。やっと望んでいたプレイ感覚がありました。
 とくに楽しかったのはアルトリウス戦。あれは三人で戦っていても楽しいですね。デモンズで言うところの炎に潜むものやオーラントでの戦いにあったような緊迫感があります。むしろ、アルトリウスのほうが手数が多いうえにアクロバティックなことを考えると、あの二体以上の強敵感があるかもしれません。RPGのラスボス手前で出てくる因縁のライバルを感じさせる強さ。
 他の三匹も当然のように強く、ダークソウルの他のデーモンとは比肩にならないほど楽しい戦いです。
 ダークソウル本編とはなんだったのか……と言いたくなります。この雰囲気が全編にわたってあったら間違いなく神ゲーだったのに。
 闘技場も、まあオマケ要素なところはありますが、なかなか面白い。乱闘なんかは四人のプレイヤーが入り乱れて戦うわけですが、なかなかの混沌っぷりで変な笑いが止まりません。ボンバーマン的な楽しみ。一対一のデュエルや二対二の共闘などもあり、それぞれのプレイスタイルに応じた楽しみ方ができます。
 NPCも魅力的で、新しい装備もなかなか。DLCとしては1,200円というとなかなか高いように思いますが、中身を考えると十二分に満足のいく内容でした。
 次回作はいつになるのかわかりませんが、これならまた存分に期待しても良さそうです。

 DLCのボス、霊廟の聖獣、アルトリウス、カラミット、マヌスですが、ちょうどキャラクターが周回キャラクターしかいなかったのでそのままプレイしたんですよ。そうしたらダメージが半端無い。たしか五、六周回ったキャラなんですが体力50、持久40のキャラで盾がん構えしながら戦い、それでも死にまくりました。
 というわけで、そのキャラで倒したときの攻略法をちょっとメモっておこうと思います。

☆霊廟の聖獣
・近距離から遠距離までやたらバランスが良い。一撃はそれほど重くないものの、連続被弾が怖い。密着しないように気をつける。
・突進攻撃や前方への旋風攻撃の後が大きな隙なので、聖獣の正面で盾を構え、いずれかの攻撃を誘発しながら戦うのが楽。

☆アルトリウス
・物理カット100で受け値の高い盾はあったほうがいい。基本、つねに盾を構えながら動くように。
・大ジャンプ叩きつけを除き、移動系攻撃の移動距離はそれほど長くなく、あまり距離をとりすぎるとアルトリウスの攻撃がプレイヤーにまで届かないときがある。移動系攻撃のあとの連撃で回避タイミングをずらされるのが怖いので、あまり距離を取りすぎないほうがいい。
・踏みこみからの回転攻撃、ダッシュ突き、闇の波動溜めに隙があるが、ダッシュ突きの後は隙が小さく、直後に突き攻撃や後方への毒攻撃(水のようなものを投げてくる)をする可能性もあるので攻撃する際は盾受け、ローリングができるだけのスタミナがあったほうがいい。
・予備動作なしの突き攻撃は非常に出が早いがその後の攻撃にまで対処する時間はある。食らった後、焦って逃げようとして追撃を受けないように。
・全体的な動きに隙がなく、下手に先手を打とうとすると手痛い反撃を食らう。アルトリウスが動いたあとを狙う。

☆カラミット
・ブレスはそれぞれ攻撃範囲がまったく違う。立ちあがりブレスは前方(カラミットの懐目がけて)、突進後の振り向きブレスは後方に、伏せからの前方ブレスは左右にローリングで避けることを意識する。
・ソロだと尻尾は切れない(諦め) 近接武器のみで尻尾を攻撃するチャンスは立ちあがりブレス、尻尾の叩きつけ攻撃。縦攻撃がある長物(大鎌やサイズなど)なら通常時でもとりあえず当てられるが、カラミットはやたら動きに旋回ものが多く、尻尾を追いかけるだけで結構な時間を食うことになる。尻尾を切る場合は根気よく、尻尾がこちらの攻撃の届く場所に来るのを待ち続ける。なにか良い方法はないものか。
・予備動作はどれもわかりやすいが、盾削りが非常に大きい攻撃ばかりで、とくにブレスは盾で受けると盾削り&ダメージ共に大きい。さらにブレスの中でも立ちあがりブレス、伏せブレスは盾で受けようものなら多段ヒットで体力50でも即死必至。盾はカラミットに張りつくときの保険程度に考え、攻撃はすべてローリングで避けるつもりで立ち回ったほうがいい。

☆マヌス
・派手に腕を振りまわす攻撃が多いわりに攻撃範囲はあまり広くなく、ダメージもそれほどない。ただ、真正面にいると左右からの攻撃を受けることになり、闇魔法の槍攻撃も食らう可能性があるので、側面を取りながら戦う。
・叩きつけ攻撃や二連、三連、五連撃などがあるが、いずれの攻撃の後も隙が大きい。攻撃が止んだのを見計らってヒット&アウェイを心がければ安全に戦える。
・マヌスに密着している場合、マヌスが上空に飛びあがり、踏みつけ攻撃をしてくるときがある。攻撃範囲は広くなく、キャラクター目がけて降ってくるわけではないので、飛びあがったのを確認したらマヌスから離れるように動く(マヌスをロックしている場合、飛びあがったときロックが外れる。回避するときは注意)
・闇魔法は三種類あり、空から降り注ぐもの、前方への飛沫、周囲の霧からの収束がある。空から降り注ぐものはマヌスから離れるように動く。前方への飛沫は左右に避ける。周囲の霧からの収束は避けるのが難しいが横に向けて盾を構えるとダメージを減らせる。――と、いろいろと対策を考えたんですが、ウーラシール市街に『銀のペンダント』というアイテムがあり、これを使うことで闇魔法を反らせます。ただ、私がマヌス倒したときはこれを所持していませんでした。そもそも闇魔法を使ってくるかどうかは運によるところが大きいです。最初の二つは回避が楽なのでペンダントを必要としないし、最後のひとつにしても耐えるだけならそれほど問題もなかった(まともに食らう体力1000近くは削られるのでそれより体力があるキャラであれば)。体力が低い場合、最後の収束魔法は回避が非常に難しいので銀のペンダントを取っておいたほうが安全。


 と、倒したときに念頭に置いていたのはこれぐらいですね。聖獣は早いだけ、マヌスは連撃、闇魔法と初見殺し的なところが大きいがそれだけ、カラミットは単純にパワー勝負。いずれも何度かやれば、それほどアクションが得意でなくても問題なく倒せるようになると思います。まあ、それでも本編ボスよりは強いですが。パリィなしでグウィンと戦うぐらいには強いと言えそう。
 ただ、アルトリウスは凄まじい。
 とくに体力の低い魔法使いキャラを使っている人なんかは非常に苦戦すると思います。アルトリウス初戦で、魔法を使おうと杖を構えた瞬間即死、となった人がかなりいるんじゃないでしょうか。
 体力が高いキャラを使っている人でも、ごり押し的な戦いをしていたら苦しいでしょう。手数が多く、回復する暇がほとんどないうえ、一撃が結構重い。強靱があってもなぶり殺しにされます。人によっては公王三人とかより辛いかもしれません。
 しかし、どれもこれも本当に楽しい。負けても楽しいです。ダークソウル本編にはこういうのはありませんでした。このボスたちと戦うために本編を周回しなくてはならないのが残念でならない。
 とりあえずは他キャラで挑んだり、白をやったりしばらくしようと思います。さすがに本編に向けるやる気はもうほとんどないので。良いDLCでした。

スポンサーサイト

非効率なレベル上げ

 GOD EATER BURSTに一区切りがついた側から、早速テイルズオブグレイセスfをプレイしています。

 いつものごとくゲーム中毒期間です。
 ダークソウルの追加DLCもあるし、なんかゲームだけでみっちり予定がつまっているような気がしてきます。

 とりあえずグレイセスfを順調にプレイ中なんですが、想像していた以上に紫髪ツインテールロリっ子であるソフィが可愛い。すごく好みです。ロリキャラであるのは当然のこと、戦闘スタイルもなぜか格闘タイプというのもいい。アニメムービーシーンではすばらしくアクロバティックな戦い方を見せてくれます。
 テイルズといえばパーティメンバーのちょっとした掛け合いであるパーティチャットがありますが、これまたソフィのすっとぼけ具合が良い感じです。
 ヴェスペリアではあまり可愛いキャラクターがいなかったので、パーティチャットの回収は適当だったんですが、グレイセスはソフィのおかげで見逃すわけにはいかなくなってしまい、攻略Wikiを見ながらのプレイとなっています。
 パーティチャットのフラグってあんまり気にしなかったことなかったんですけど、実際に攻略Wikiを見ているとやたら細かいフラグが散りばめられていることがわかります。こんなの自力で全部見るのは無理でしょう。本当、こういうときは情報を書き込んでくれている先達のプレイヤーの方々に頭があがりません。
 アトリエ系なんかはわりとおおざっぱなプレイをしていてもイベントフラグは大丈夫なんですけどね。テイルズシリーズやスターオーシャンあたりはやたらと細部に凝っていますよねえ。私からすると雑然としているように感じてしまうんですが、こういうところが好きだという方もいらっしゃるんでしょう。

 しかし、テイルズシリーズって長命ですよね。しかもブレがない。
 昨今、スクエニのFFやDQをはじめとしたJRPGは様々な新しい路線を打ちだそうとしていますが、テイルズシリーズはそういう風潮に流されず独自の良さというものをわかって商品を作りあげているように思います。まあ、悪く言えば挑戦がないとも言えますが、皆が皆、新しいものを作っていてはプレイヤー側の選択に支障がでますからね。こういう、安全牌とも言うべきシリーズが連綿と続くことはとても良いことだと思います。
 テイルズの次回作はエクシリアの続編のエクシリア2らしいですが、こういう完全な続編というのはデスティニー以来ですかね。設定云々はよくわかりませんが、可愛いロリキャラに期待したいものです。

最後のミッション

GOD EATER BURSTのストーリーをやっとクリアしました。
 難易度6でエンディングっぽいものが流れてからがなんかえらく長かった。敵がとにかく強い。ハンニバル以降はどうやら無印からBURSTになったときに追加された要素のようですが、このストーリーも結構なボリュームで、本当に楽しく遊べる作品だったと思います。プレイ時間は正確にはわかりませんけど六十時間ぐらいかな。そろそろ飽きそうなところだったのでちょうど良い塩梅でした。
  アラガミを狩って、武器を強化して、またアラガミを狩って――とおそらくモンスターハンターと似たようなルーチンのゲームだと思いますが、素材集めに奔走しなくて良かったので助かりました。ストーリー以外に出てくるフリーシナリオを適当に埋めていけば自然にそこそこ素材が手に入っています。

 しかし、前半から後半にかけてどんどん感じ方が変わっていくというか、非常に面白いシステムのゲームでした。最初は回避ゲーで後半は盾ゲーというか。デモンズソウルからダークソウルまでを一気にプレイした感じです。
 基本的にはハイ(ミドル?)スピードアクションなんですけど、間合いや武器の関係上、どうしても動き回れないことがあるんですよね。とくに後半のアラガミは遠近どちらも攻撃を備えているうえ、広範囲&高威力(まともに被弾すると一撃で五分の三以上持っていかれるものが多い)という、おおよそのゲームにありがちなボス仕様なのでガードに頼ることが多くなるんですけど、それもスタミナのことを考慮するとガードするより回避したほうが良かったときもあったり。
 プレイヤー側のシステムと敵のバランスがとても良いゲームです。ソロでも問題なくプレイできますしね。

 来年には2も出るそうで、いまから楽しみです。プレイヤーの女キャラがさらに可愛くなっていることを期待しつつ。

三次が保たんときが来ているのだ!

cusko1

 数日前から3Dカスタム少女をこっそりプレイしていました。
 あまりに可愛い子がお越しになったので震える手でスクショを撮りました。背中になんか背負っていますが当然十八歳以上です(ゲス顔)

 四年間に渡って様々なユーザーの方々がMODを作ってきてくださったおかげでとんでもないことになっているようです。かくいう私もたった数日でG単位のMODをDLし、いろいろと遊んでいます。
 上のSSもボディから背景までほぼ全部MODです。声もMODですこしピッチを上げています。もちろん、見えないところまでです。唯一、原作のパーツを使用しているのは瞳だけ。ちなみにこの子、某ネギの歌姫が愛用しているブツを着用しておられます。

 で、この作品。
 キャラクターがえらく可愛いうえに際限なくいちゃいちゃできるのは当然として、四年前の作品なんですよ。
 fpsを見てもらえるとわかりますが、あまり安定しているとは言えない数値です。標準のプレイ時で40程度、背景に動きがあるタイプで35程度、グラビアモードで30程度です。
 しかし、プレイにはまったく支障がありません。ぬるぬる動きますし、処理落ちもありません。基本、それほど激しい動きはないので、表示できれば問題なく動くんですよ。
 そのfps数値、驚くなかれ、なんとオンボードGPUです。グラフィックボードなしです。
 pentiumG6950のIntel HD Graphicsで余裕で動きます。G6950のintel HD graphicsはGPU統合CPUとしてはもっとも能力が低いものです。それでこれです。
 まあ、3Dカスタム少女は、四年前のPCとしてもそれほど高いスペックを要求するものでは無かったものだと思います。2007年のPCを基準として、グラボならエントリーモデル、CPUもメインストリームレベルで問題なく動いた程度だと思います。オンボGPUでは難しいでしょうが。それが、いまやCPU&GPUとして必要だった投資(二万~三万程度)がCPUの廉価モデル(五千円程度)ひとつで賄えるということです。
 CPU&GPUの発展はとどまるところを知らない……。当時から結構そうとする向きはありましたが、やはりGPU統合CPUは目に見える大きな進歩でしたね。AMDもAPUのGPU性能はかなりのものですし。

 そんなこんなで改めてPCパーツの発展に目を見張りながら、二次美少女に心を奪われていくのです。
 「きゃわわqあwせfrft」とか変な声が出たのはひさしぶりですよ。3Dカスタム少女本体ももちろん楽しいものですけど、MODを導入すると怖いものなしです。あらゆる要素を楽しめます。MDO作成者の方々の情熱にはただただ平伏さざるを得ません。
 いまなら再販版がUSBオナホ付きで七千五百円程度で売っています。

 未婚化、少子化が叫ばれる昨今ですが、そんなことは窓から放り投げて、とりあえず3Dカスタム少女の中で待っている美少女のため、PCに居住スペースを用意してみてはいかがでしょうか。

GOD EATER BURST


 GEBをちょこちょこプレイしています。
 やっと難易度も4まで来て、操作に少し慣れてきたというところですが、いまだに大型アラガミミッションでのソロパーフェクトが取れません。あまりに下手くそすぎる。
 プレイヤーキャラクターは女キャラでやっているんですが、これがどうも大正解だったようで、アリサとの絡み&可愛い服装でなかなか楽しめています。使用キャラが可愛いとモチベーションがあがりますね。

 しかし、プレイすればするほど操作の面倒くささが気になってきますね。やっぱこういうゲームは大画面&大きいコントローラーでやりたいところ。GOD EATER BURST HD出ないかな。

神無月の懐事情

 二次美少女コンテンツを探るヒマもなく無双OROCHI Zに没頭していました。やっとストーリーモードの戦国シナリオ以外の再臨シナリオが終わったところまで来ました。戦国の再臨シナリオが終わったらあとはドラマティックモードをプレイするだけです。まあ、だけとか言ってもやたらシナリオ数があるみたいですけど。
 もうとにかく大ボリュームですね。やることはほとんど変わらないんですけど、そこはシナリオの多さとプレイヤーキャラクターの量でカバーといったところです。シナリオは正直わけがわからないというか、ぜんぜん熱くもなんともないんですけど、まあノリで乗りきれます。ノリで、ノリきれます(勝利画面のポーズを決めながら)
 全体的にキャラクターのモデリングが本当に素晴らしいと感心していましたが、なんかあまり好みの美少女キャラクターがいなかったのは残念です。お市と卑弥呼は好みに近いですけど、お市は勝利画面での上目遣いがやたら怖い顔になっていてそれが残念。なんか化粧に失敗した残念な人になってる感じでした。
 いや、二次美少女は化粧なんて必要としないことはわかっていますよ?

 とにかくそんな感じでもう十分に楽しんだので戦国無双3Zはしばらくお蔵入りになりそうです。GOD EATER BURSTも買ったことですしね。


 そういえば明日はバイオハザード6の発売日ですね。体験版をやってみた感じではかなり残念な展開、システムだったのでしばらく様子見しようと考えています。
 バイオハザードは一応、1~5、コードベロニカまでプレイしてあるので今になって6をプレイしないというのも具合が悪いんですよね。バイオ5のときは一人でやっていましたけど、6ではCo-opも出来ればいいなと思ったり。
 それにしても、バイオハザードはもうこのままの路線で突っ走るんですかねえ。バイオ3までが懐かしいです。いまとなっては、完全に巨大モンスターのパニック映画風味ですからね。どうしてこうなったんでしょうね。


自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。