スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連乗された世界の皇女

 Ciel nosurge~失われた星へ捧ぐ詩~、公式サイト堂々オープン! ついでにTwitterもスタート!

 機種はPSVita、発売予定日は今年の四月下旬。
 今回はアルトネリコの世界(類似、模倣しているだけの可能性有り)に、『ヘルミーナとクルス』のシステムを彷彿とさせる育成&恋愛シミュレーションみたいですね。ただ、プレイヤーは傍観者の性質が強いようにも思います。設定上はプレイヤーの意志を反映するキャラがイオンと同じ場所にいないようなので、直接物語に影響を与えることは難しそうです。
 ただ、今作はオンライン限定ということで、おそらく他のプレイヤーとの絡み、もしくは他のプレイヤーの進行状況が密接に関わってくるんでしょう。その辺りは詳細待ちですね。

 個人的に、以前PSVita&ガスト&オンラインの組み合わせというもので空想したゲームがあるんですよ。アトリエシリーズをそのままオンラインにしたような。ゲーム開始時に住み込む地域を選択して舞台ごとに収穫できるアイテム、作れるアイテムの性質に違いを設けて、町作りをしつつ他の町(プレイヤー)と交易できるようなゲームです。RPGメインではないので、ルーンファクトリーより牧場物語に近い感じのやつ。途中まで空想したところで、ゲーム的な面白さがまるで無いことに気づいたのと、既存のMMOとの違いがまるで考えられなかったので自分の想像力の無さにうんざりしましたが、しかし、やはりアトリエのオンラインというものを一度やってみたいなという気はしないでもない。
 依頼したり、されたりしたいものです。ただ、それをやるにしても一定の目標みたいなものがないとモチベーションがわきませんからね。ユーディーみたいに、自分の世界へ戻る、という『現在の世界からの脱出』のようななものがわかりやすくて良いかと思うんですが、具体的なところが思い浮かばない。
 オンラインのアトリエがもし出るとしたら、どんな形になるでしょうねえ。アトリエオンライン、それほど実現する可能性が低いものだとは思わないんですよね。Ciel nosurge以降、ガストがどんな方向性を打ち出していくのかわかりませんが、期待のまなざしをもって待っていたいものです。
スポンサーサイト

生きとし生けるすべての幽霊に

 ゲームショップで『Close to~想いのかけら~』が先月発売されていたのを知りました。今は亡きKIDが残したゲームはCyber frontによってPSPへと続々移植されていましたが、まさかいまになってこのタイトルが移植されることになるとは思ってもみませんでした。いまとなっては古いゲームですが、とても良い作品だった覚えがあります。まあ、小雪の独擅場になっているんですけどね。
 この作品は主人公が幽体状態ではじまります。で、作中に出てくるヒロインのうち、小雪と麻衣は霊能力を持っているので主人公の姿が見えるんですよね。ただ、小雪はまあいろいろあって幽霊を見て見ぬふりをしているわけですが、そんな序盤の話はさておき、この小雪ルート、小雪そのものの儚さとあいまって、EDがなかなか神秘的なんですよ。KIDゲーの中でもかなり好きな部類です。
 しかし、Irisはいつになったら来るのだろうか。もう無理かな。
 あと、別の会社ですけど、アカイイトとかも。アカイイトはいまだに値段が高騰してるんですよねえ。アカイイトのノゾミは可愛かった。


 PSPでギャルゲーがぽんぽん出るのはいいですけど、オリジナルがいまいち伸びないのが残念ですね。

絶望を撃ちおとす弾

 CallofDuty BlackOpsのキャンペーンモードを軽くプレイして、さあオンでもやろうかと思いながら『トラスティベル~ショパンの夢 ルプリーズ~』と『フォークスソウル~失われた伝承~』を購入してきました。いや、なんか美少女が出てくるRPGが急にやりたくなったので。フォークスソウルの女主人公は少女と呼ぶには無理がある年齢ですが、見た目が良い&コスチュームが幻想的で魅力的なので特例です。
 ところでこのトラスティベルとフォークスソウル、かなり古いソフトだからか、どちらもトロフィー機能がついていないんです。トロフィー機能というのは、ゲームの進行度合いによって獲得するポイントのようなもので、ある一定数がたまるとトロフィーレベルというものが上がったりします。これが上がったからといってとくに良いことはありません。
 そのトロフィー、それ自体はさほど気にしていないんですけど、トロフィーは取得時の詳細な日付と時間も記されるので、プレイの進行度合いやプレイ履歴が後々確認しやすくなり、ときどき役に立ったりします。セーブデータだけだと、ひさびさにゲーム再開となったときどこまで進んでいるのかさっぱりわからなかったりしますからね。私は、だいたいの場合は一度プレイしはじめたら一気にラストまでやるタイプなんですが、時折唐突にやる気が蒸発してしまうことがあり、その状況に陥ると数ヶ月単位でプレイを放置することがあります。ここ三年ぐらいだと、パッと浮かぶのはデモンズソウルやルーンファクトリーフロンティアがそのタイプでして、ひさびさにプレイをはじめたとき苦労しました。


 デモンズソウルはトロフィー情報を見る感じ、ファランクス(最初のボス)を倒した後四ヶ月ぐらい放置してます。別のステージで苦労したとか特にそういった理由からではなく、ただ単純にゲームから離れていただけというね。
 ルンファクFは一年目の秋の月に入ったデータを数ヶ月放置して、その後プレイを再開したときは農作のノウハウを思いだすのに苦労しました。ちなみにルンファクFを放置した理由はキャンディと結婚できない&夏の月で水着着替えを覗くイベントに、なぜかキャンディのパートが無かったことで意気消沈したからです。ロリキャラといっしょに子供を作ることができないとか正気の沙汰じゃない(←2年前から同じことを言い続けてます)




 いまこうやってエントリを書きながらロマサガ3 一人旅~体術最強伝説~というものを見ています。
 TAS使用のタイムアタックなどではなく、主人公の一人であるモニカの体術ですべての攻略をやろうという趣旨の動画でして、これがまた非常に面白い。一人旅というだけでもシビアな条件なのに、さらに体術限定というんですから一筋縄ではいきません。序盤から試行錯誤が積みかさねられていて、何気ない普通のプレイしかしていなかった身としてはそのプレイに驚愕するのは当然のこと、そしてそれに加えてゲームの作り込みにも改めて感心しました。サガ系のモンスターやシステムは、その説明を聞くだけで楽しめます。
 ロマサガ3をプレイしたことがある人にはぜひおすすめしたい動画。まあ、再生回数もかなり行っている動画なので、ロマサガ3が好きな人は知っている人ばかりかもしれませんけどね。

第1353回「あなたが一番集中しているとき」


 『こどものじかん』11巻が期待以上の流れだったので、テンションが良い感じに上昇しています。私が望むのはロリキャラが栄光を掴むことですからね。それ以外のヒロインもどきなんて自滅させておけばいいんですよ!

こんにちは!トラックバック担当の藤本です今日のテーマは「あなたが一番集中しているとき」です。私は本当に集中力がありません。勉強なんてもってのほかで学生の頃からテスト勉強ですら集中していなかったですそれでも集中できる時間ってあると思います私の場合は音楽を聴いているときはじーっとだまって集中しています。入り込んでしまって気付けば時間がたっぷり過ぎていた、なんてことは多々あります皆さんは一番集中している...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたが一番集中しているとき」


 そこまで深く入り込んでいるものでなくてもいいなら、大抵の場合、繰り返し作業をやっているときは自然と集中している状態になりますね。とくにゲームや読書、勉強なら練習問題をひたすら解くときなどは入り込みやすいように思えますが、この辺りは趣向が絡んでくるでしょうか。
 ただ、一番集中しているとき、となると難しいですね。つまり全体を見つつも精査が必要とされるような状況……一瞬の油断も許されない作業中にのみ発揮される集中状態となると、生半可なものに対しては起こりえません。

 そのような集中状態を呼び起こすものとして、唯一正しい答えがこの世界に存在するというのであれば、それは『二次ロリ画像選別中』以外にありえないでしょう。

 もっとも集中力が高まった状態、それが二次ロリ美少女たちを彩るあらゆる要素を見のがさないでいようとすれば自然に達する境地であることは、同好の士である皆様方には説明するまでもないことかと思います。二次ロリ画像を前にして、私たちの集中力は、プリキュアに見入る幼女のそれにも勝ることでしょう。

迷子の知性


 猫や犬、小鳥の動画を見ていると思考力がなくなっていくのがわかります。なんという可愛さだろうか。小動物の可愛さに限っては、二次元で三次元に勝つのは非常に難しいことであると認めざるを得ない。
 人間は三次元よりも創作である二次元のほうが、善悪のいずれかに特化した魅力的な人物像を描けるので、中身が二次元>三次元になりますが、動物の愛らしさは文章や絵では表現できませんね。仮にできたとしても、二次元に描く動物は、特定の意志を持っているように描かれてしまい、野生の持つ魅力を書ききれません。観察に観察を重ねたうえで、三次元の小動物の動きをコピーした二次元を作ったとしても、それだと創作の主題に絡みにくくなるんですよねえ。
 小動物といえば、人間の幼子も動物的ですよね。あれも観察していると、さっぱり行動原理がわかりません。野性味あふれる言動が散見できますね。一般的に言われるところでは、身近にいる人間の行動を模倣しているというもので、事実、そういった部分もありますが、あくまで言動だけを真似ているんであって、中身(感情の一連の流れ)があまり伴わていなかったりするんですよね。だから道理を前提に求めると余計にわけがわからない。そこが可愛いと思う人がいたり、逆にそこが鬱陶しいと思う人がいたり。幼子とそれを取りまく社会との乖離はすさまじいものがあります。


 最近、というほどでもないですが、スレートPCの宣伝をよく見ます。Twitterとか、IT関連情報サイトの広告とかで。スペックはまだ足りませんし、タッチパネルオンリーというのも明らかに扱いづらいと思うんですが、iPadあたりの牽引で人気が出たんでしょうかね。CULVとはなんだったのか……。
 いずれ、レーザーで投影するタイプのヴァーチャルキーボードとかがスレートPCに実装されるようになって、物理キーからどんどん離れていくようなことになったら、物理キーボードで“カタカタカタカタ”鳴らしている人の肩身がせまくなったりするんでしょうか。趨勢がどう決まるのかまだわかりませんが、不思議な感じがしますね。

キノコ鍋狩り

 順調に体脂肪率が増えていってます。なんてこったい。運動不足がここに来て響いてきたというのか。冬の間だけならいいんですけどね。このまま、エレベーターに乗った瞬間ブザーが鳴り響き、回りの人から困惑したような、そしてどこか哀れみを宿した目で見られるような体型になってしまったらどうしよう。引きこもりが捗るな……。
 いやー、しかし、ここ一年ぐらいで一気に体重&体脂肪率が増えたので本当に困惑してます。一年前までは体脂肪率が標準一歩手前のやせ気味の範囲だったのに、気づくと体重が+6kg、体脂肪率が標準後半、肥満一歩手前とか。やばい、体重やばい。
 そこまで怠惰な生活をした覚えはないんですが)、ゲームばっかりやって引きこもり過ぎたところはあるので、まあ、報いかなという気はしないでもない。というかゲームしながらポテチ&コーラは控えるべきだったか。いや、まあいいか。(怠惰に溺れる図)


 偽物語がはじまったみたいですね。アニメ本編は見ることができていないのに、Twitterやアニメ系のまとめサイトやらでやったらめったらみんな楽しそうだから羨ましい。まあ、しかし、期待できそうな内容で良かった。偽物語PVはいくらなんでも薄すぎて、本編を想像するための要素が少なすぎた。
 ミルキィホームズ二期もあることですし、今期もアニメから目が離せそうにありませんね。

2012年の呼びかけ


 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 ニコニコ動画でのアニメ放送で前期アニメの最終回ラッシュだったので、ぼーっとアニメを見ながら過ごしてました。ただ、アニメを散々視聴した結果、イカ娘の可愛さ以外はあんまり記憶に残りませんでした。ストーリーとか演出とかがどうでもよくなるぐらいイカ娘が可愛い。
 Fate/Zeroの前半は良いところで切れましたね。引きが強い……と言うより、不完全燃焼の見本みたいな感じ。というか、原作をパラッと立ち読みしたらアニメへの興味がなくなってしまいました。アニメとしてとても良い出来だと思うんですが、展開を知ってしまうと興味が著しく変質しますね。先の展開を知りたいという動機がアニメの視聴意欲に与える影響は計り知れないようです。やっぱりオリジナルアニメに対し、原作付きはその辺りに弱みがありますね。
 前期のオリジナルアニメ、廻るピングドラムもなんだかんだで見続けて、ここまで来たら最後まで見ないわけにはいかなくなりましたし。あれは二転三転して面白いですね。設定のつなげ方がすごい。いや、絡まらせた紐状態ではじまって、そこから解いていくという感じでしょうか。最終回が楽しみです。


 ところで、今年のおみくじで初めて末吉を引きました。初詣のおみくじなんて大吉ばっかりだろうと思っていたところでこの結果、如何ともしがたい無常感を覚えます。今年はヘビーな年になりそうです。

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。