スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTC EVO WiMAXレンタルモード、発動

 三日前、auショップにHTC EVO WiMAXを買いにいったんですが、そこで店員さんに「こちらは通常のスマートフォンとは通信区域が違うので確認の意味も込めてレンタルをやっておりましてえるぷさいこんぐるぅ」と言われ、レンタルしてきたんですよ。そのEVO WiMAXのおかげで、テザリングを行うことでこうやってネット環境を一時的に構築することができているわけですが、この機種ちょいと微妙です。レンタル期間があって良かった。正直、これをしばらく使うというのは面倒くさい。
 機能とか、性能自体はいいんですよ。しかし、これ大きいんですよね。他の機種より若干大きいサイズのようで、長時間片手で操作するのが辛い。あと、いろいろ同時にやっていると本体がかなり熱を持ちます。テザリングの影響もあるんでしょうが。

 なんにせよ、今回のこのレンタルは良い経験になりました。スマートフォンへの転向の意識が強まりました。というのも、やはりできることの多さが魅力的です。Webサイト閲覧、動画視聴、そして特筆しておきたいのはテキストの読みやすさ。ブログや掲示板、SNS、小説、その他もろもろ。Androidアプリにも、青空文庫閲覧に適したものなどがあり、ちょっと使ってみたところなかなか好感触でした。
 あと、テキストにも含まれますが、Twitterですね。これはわざわざ言うまでもないですが、Twitterの形式とスマートフォンでの表示はよく合っています。使いやすい。まあ、文字の打ちにくさに目をつぶれば、ですが。

 というわけで、文字入力ですね。なんか評判が良いらしいOpen Wnnフリック対応版というものをダウンロードして使用していますが、変換に関してはSocialIMEということで、とても優秀なんですよ。ストレスフリー。しかし、問題はやっぱり入力なんですよね。フリック入力は便利だとは思うんですが、ソフトキーは打った感触がないので意識と手がかみ合わないんですよね。まあこの辺りは慣れかもしれません。


 今回のレンタルで、だいたい私が望むスマートフォンがどういうものかわかりました。4インチ以下で軽くて持ちやすいやつ。もうどうせだからキャリアメール&おサイフケータイが搭載されていることも条件に加えようと思います。
 今月の17日に発表されるらしい、auの夏モデルに期待したいと思います。もしこれでまったくダメそうだったら秋まで待つしかないかな。秋になればさすがに標準スペックがデュアルコアになるかなー。
スポンサーサイト

スピンアウトbyスピンアウト


 収まっていたかと思っていた花粉の襲来に悩まされています。まさかここまで苦しむことになろうとは。ここ何年かはひどい鼻づまりもなかったので油断してました。鼻が詰まりすぎて頭が痛い。しかも頭が痛すぎて二次ロリコンが不治の病に。このままだと二次ロリ貧乳キャラしか愛せなくなってしまう。偉大ながら愚かな神よ、これが私に与えられた新たな運命だと言うのか。


 ネット環境がないからめちゃくちゃ不便だー、と思ったけどそうでもありませんでした。いまのところ、アニメが見られないことが一番不満なんですが、よくよく考えたら後からニコニコポイント使って一気にまとめて見るのも悪くないかなと思ったり。BDとか借りるとき、中途半端に一巻ずつとか見ていくよりも、一気にまとめて見るほうが気持ちいいですよね。あんな感覚。
 どうも間があんまり好きじゃないんですよね。アニメの放送で、良いところで引きになって持ち越されるってのはけっこう苦痛です。適当に過去作品のBDを見ながらのんびりネット開通を待とうかと思います。


 ところでPSNのネットワーク障害がまだ続いているとかなんとか。ちょうど良く(?)ネット不通な私には隙がなかった。まあ、PS3でゲームをプレイするとしても、最近プレイしているゲームはオンライン要素が少ないものばかりなのであまり関係ないですが。バイオショックとアサシンクリードⅡぐらいしかやってませんからね。いずれも攻略情報がいらなさそうなゲームで良かったです。ルンファクとか攻略Wikiなしじゃやれる気がしませんからね、攻略はもちろんのこと、バグ的な意味でも。

はったりをきかせたぬいぐみ


 危機感や餓えをある程度持っているということは大事だなと最近実感しています。ぬくぬくとした場所にじっと身をおいていると、未来に価値が見いだせなくなる。大仰な物言いにしてしまえば、個々人の危機感の強さはとりもなおさず社会全体の未来を照らす電灯ではないでしょうか。ただでさえ複雑怪奇な道、見通しの悪さがのちのちに与える影響は計り知れないものだと思います。
 まあ、かといって無駄に危機感を抱えこめばいいというわけでもなく。肉体的な生命活動そのものへの危機感はいよいよの窮地に瀕しなければただの杞憂に他なりませんし、社会活動における経済的な危機感は際限なく不安を煽るだけです。いま必要とされているのはもっと身近な危機感、それこそ「好きなことができなくなるかもしれない」ぐらいのもので、やはりそういったもののほうがより強く私たちに根付くのではないかと思うんですよ。

 そして、その危機感が私たちの毎日に意欲と展望をもたらし、新たなステップへと導いてくれるのです。具体的には二次元との融合という形で。


 あー、トトリが生きている世界に行きたいな。なんで二次元は二次元なんでしょうね。

世界をつなぐハンバーガー


 というわけでマクドナルドから投稿してます。どこのマクドナルドかは言えない……言えないが、私がその気になれば海外からでもありえる! ということだ……!
 まあ海外でもやっているサービスなのかどうかは知りませんけどね。というか海外のネットワーク事業の状況なんてまるでわからねー。なんか一般家庭用の回線は日本が一番安いということを聞いたような気がしますが、どうなんでしょう。

 これもあわせて三つかな、明後日までのエントリは予約投稿でやっているので記事の中身のチェックを行っていません。誤字・脱字があったら回線が入ってからまとめて直します。とかいいつつ、過去の記事でも誤字・脱字を放置している事例があったような気がしないでもないですが。それにチェックしてもけっこう見落としたりするんですけどね。普段は投稿する前と、投稿したあとにちょろっと見るだけなので同じところを見落とすことがまれによくあるんですよ。


 まあそんなわけなので記事と私の中の時間軸がいまいちかみ合わないかもしれませんが、そもそも私が時間に応じて投稿する記事とかPC情報関連ぐらいしかないのでどうでもいいっちゃどうでもいいんですけどね。他のネタはたいがい時事ネタとして新鮮みが落ちたころにやっと拾ってくるぐらいですし。
 最近Twitterもあまり見てない(ガラケーから見るのはやっぱり面倒くさかった)ので、最近の二次産業事情がよくわかりません。なんかやたらともしドラのマネージャーがみさくらなんこつのエロ同人を見たらなんたらかんたらという文字を見かけたような気がしますがそんなことはなかったぜ!
 あの発想はまさに『ありそうでなかった(勇気的な意味でも)』という感じがしますね。あれほどいろんな意味で購買意欲をそそるものはなかなかないかと思います。あの清楚系変態マネージャーがどんなふうに痴態をさらすのかと考えるだけで生唾ものです、もしドラ読んでないけど。そういやもしドラ、あれドラマ化? 映画化? されるみたいですね。この間とほうもなくひさしぶりにテレビを見ていたらCMが流れてました。需要あるんかな。まあ、ただたんに木っ端アイドルを売りだすための企画なのかもしれませんが(ネットから離れているので三次元に対して辛辣になりつつあるきょうこの頃です)


 そういえばCMといえばメルルのアトリエがテレビCMで流れたとか。原画の岸田メル氏がTwitterで言ってた気がします。これはぜひ見てみたい。新しいムービーもでてるんだろうけど、見る余裕がないので、もうちょいの我慢。てか、トトリのときも結局作品をプレイするまで前情報ぜんぜん調べなかったから、メルルでもそうしておくべきかどうか。自制がむずかしいところ。トトリとミミどうなってんだろう。二人の関係がどうなっているのかだけが気になる。


 というわけで投稿はここまで。これが終わったら、ちょっと日常とシュタインズゲートだけ見て帰ります。他は後回しでいいや。しかし、数百円で一時間以上も居座るんだから嫌な客なことこの上ありませんね。ちなみにきょうはベーコンレタスバーガーとマックシェイクバニラを食べました。あんまりおいしくありませんでした。

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。