スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーンファクトリーオーシャンズ

 つい先日、リトルビッグプラネットと天誅 忍大全ポータブルを購入したんですよ。
 リトルビッグプラネットは、なんかメルヘンチックなアクションですね。プレイヤーキャラクターの動きがちまちましててなかなかコミカルです。ストーリーモードをやった感じだと、それほど難易度が高いというわけではないようですが、結構面白い。PS3にしては珍しく子供受けしそうなゲームだと思いました。まだ序盤しかやってないけど。
 天誅 忍大全ポータブルは、システムは非常に面白いんですが、めちゃくちゃ画面が見づらい。PS2版買うべきだったかと少し後悔。


 というわけで本日発売と相成ったルーンファクトリーオーシャンズですよ。PS3版を買ってきました。
 まださわりしかプレイしていませんが、感覚的には据え置き機として前作にあたるWiiのルーンファクトリーフロンティアから少し斜め上に進んだという感じ。グラフィックや背景に関しては結構向上しているように思いますが、ダンジョンはまだほとんど行ってないので詳しいことはわかりません。
 キャラクターは、3Dの立ち絵そのものはとても良いんですが、モーションが少し残念。女の子に関しては、今のところ、これまでのシリーズ作品と比べてやや見劣りするものの、それでもやはり可愛い。これはイベントを重ねることで評価がまた変わってくるでしょうから、今後に期待。


 で、すごく不安な点がいくつか。

 畑が、ない。公式サイトのシステムを見たままで判断すると、農作物の作成はダンジョンオンリーのようですね。出荷箱回収システムもないようです。
 次に、男キャラが恐ろしいほど鬱陶しい。キャラがとにかく酷い。主人公ですら品の悪さを感じさせる発言がいくらか見えます。高潔であれとは言いませんが、言葉使いぐらい整えておくべきだったと思います。
 そしてもうひとつ、これは畑がないことと繋がるんですが、酒場で依頼とか、ダンジョンのシステムから踏まえるに、どうも普通のRPG化してしまった印象がある。RPG寄り、じゃなく、RPG化。

 今後プレイ続けていく上でどう印象が変わるかはわかりませんが……正直なところ、あまり良い予感がしません。キャンディ、モニカに続く第三の裏切りが舌なめずりしながら私を待っているように思えてならない。厳しい戦いになりそうです。
スポンサーサイト

一時停止の監視ログ


 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」のアニメを見ていなかったから知らなかったんですが、今期アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』OPを歌っているClariSとかいうユニットは、なんでもニコニコ動画に上げた歌がデビューに繋がったらしいですね。しかも中学生だそうで。
 まどか☆マギカのOPはかなり気に入ったのでとりあえずCDを買いましたが、いや、歌唱力はさておき、声がとても良いですね。大好きなタイプ。とくに似ている、という感じはしないんですが、霜月はるかに通ずるところがあると思います。今後、歌唱力が上がっていけば、曲次第で大成するかもしれませんね。
 それはそうと、まどかOP『コネクト』、これ作った人、素晴らしいセンスだと思います。構成も面白いですが、リフがとても綺麗。アニメOPだと聞けませんが、二回目のA~Bメロのところが最高です。作詞・作曲 渡辺翔となっていますが、Wikipediaの項目もなく詳細がよくわからない。Twitterに同姓同名の方がいるようなので、おそらくこの人だと思いますが、なにやらThe Tabletsというバンドのボーカル兼ギターとのこと……まだ本格的な活動はとっていないのかな。
 なんにせよ、ClariS、渡辺翔、共に今後が楽しみな人達です。昔みたいに音楽業界が潤っているわけではないようなの、で生き残るのはなかなか難しいかもしれませんが……。



 ルンファクオーシャンズが出るのを心待ちにしているこの頃ですが、最近なんか急にアクションがやりたくなってきました。いや、もう散々やってるんですけどね。なんというか、初代デビルメイクライみたいな、あのすっきりとしたシステムでありながらもシビアな感じのアクションゲームがやりたい。もしくはPS2のShinobiみたいな。
 ニンジャガイデンとか、ベヨネッタとかはちょっと違うんですよ。デビルメイクライも4がなんか妙な方向に行ってましたから、次回作は期待できそうにもない。なんかこう……敵が固いだけとかじゃなくて、こっちは強いけど敵も強いみたいな。って、わりと普通ですね。なんていうんだろうな、いまいちイメージが固まりませんが、デビルメイクライで言うなら、1・3にはあるけど4にはないような要素。そういうのを持ってるアクションがやりたいと思うのです。
 しかし、アクションゲームは作る側としても難しいんでしょうね。システムをずっと同じものにしているとプレイヤーが飽きるし、かといって変な機能をつけると難易度やプレイ感触が激変してユーザーが離れるし。
 まあ、とりあえずなんか適当に探そうかと思います。

ハートフルファンタジー『魔法少女マミ☆マギカ』は君の心の中に

 ルーンファクトリーオーシャンズでやっと、やっと、ロリが来た! 信じて待ったかいがあった! これで勝つる!
 と思ったらそのロリ嫁もといパンドラのところに???という文字が。結婚可能ヒロインでもヒーローでもない。メインキャラクター扱いだから結婚はできる、と信じたいけど……よもや両性具有などと言うまいな。本当にやりそうだから困る。いや、むしろ、この容姿なら女主人公×パンドラでもありか!(やがて私は考えることをやめた)


 なんでも巷では売り切れ続出らしい『魔法少女まどか☆マギカ』のオフィシャルコミックスを購入してきたんですが、思った以上にあっさりな内容でした。しかも、あんまり絵が可愛くない。表紙の絵は全員とてつもなく可愛いんですが……。背表紙に描かれているQBもマスコットキャラっぽく見えるし。アニメの出来が良いだけに、残念。二巻、三巻もアニメ放映に合わせて続々発売されるようなので、今後に期待したいところです。
 外伝である『魔法少女おりこ☆マギカ』『魔法少女かずみ☆マギカ』という作品も並行、または順次発売されるようなので、こちらも楽しみ。


 その純然たる甘さで数多の私を殺害してきた『きみといると』が、最近発売した四巻で完結しました。いきなり修羅場などになることもなく、とにかく二人の甘い関係をまざまざを見せつけられるので、もうどうしようもないぐらい自殺衝動に駆られます。ただ、中身としては、最終巻とはいえ、三巻ぐらいからそれほど変わらないループ展開。終わり方も妥当というか、最善というか。もともとストーリーとしての仕掛けでどうこうしようという話ではなかったので、これで十分だと思います。恥ずかしさで転げ回りたいときには読みたい作品。

死亡フラグを折る為にやっておきたいこと


 まどか☆マギカのほむらが狂おしいほどに可愛い。現在5話、ここに至るまでにたいして出番があるわけでもないのに、なんででしょうね。理由を簡単に考えるなら、まどかを大切にしながらもそれを主張しない控えめなところ、という感じですが、詳しいところは自分でもよくわからない。まどかEDでほむらの影姿が悲痛な様子でまどかに手を伸ばしているシーン。ああいうシチュエーションそのものが私の好物だということも関わっているのかもしれません。とにかくほむらは可愛い。ほむほむしたい。
 他のアニメもいくらか面白いのがありますけど、ストーリーが気になる、好奇心を煽られるという意味では、やはりまどか☆マギカは頭一つ飛び抜けてますね、マミさん的な意味ではなく。
 とりあえず、キュウベエの正体が明かされる日を心待ちにしておきたいと思います。本気でなにものなんだあれは。そこらの悪魔でもあそこまで露骨に契約を求めたりしないだろうに。


 そういえばWindows7のSP1が今月23日にリリースされるらしいですね。公式のアナウンスはこちらMicrosoft Windows 7 Service Pack 1
 たいした変更点はないとのことなのでいつものセキュリティ更新などと変わらないようですが、Sandy bridgeに一部機能を活かすことのできるAVXとやらが今回のバージョンアップで搭載されるとかどうとかの話を見たような気がします。まあ、肝心のそのSandy Bridgeは思いきり躓く形になってしまいましたけどね。どうもタイミングが悪いです。

粘土細工の大人達


 『こどものじかん 9巻』発売から結構立ちますけど、何度か読み返してやっぱり面白い作品だなと実感。なんだかんだでりんは可愛いわ。あと白黒コンビもなかなか。白ちゃんはどんどん若返っていく。しかし、いつまで経っても巨乳組は空気。話の中でわりと重要な位置にいたりするんですけど、不遇っぷりがすさまじい。やはり貧乳こそが真理ですね、今回の巻でそれがよくわかりましたよ。って、これ前も似たようなこと言ったかな。

 それにしても、ふと思ったんですが、こういう、自分の感情に素直なキャラ達が目立つ、展開を引っ張っていく話というのは珍しいですね。色恋が主題にないから、というのも理由の一つでしょうけど、主人公の愚直さが上手く展開に繋がっています。そして、その裏で白井先生という、理性に抑圧されているキャラが良いスパイスになっています。話を動かすのが青木&りんペアで道を舗装するのが白井&黒ペア。素晴らしいバランス。
 しかしこの話、なかなか着地点が見えてこない。それどころか、いまとなっては、唐突にクライマックスへと爆走していきそうな気もする。もうほとんどエンディングの材料は整っているような感じですし。ああ、終わるのが怖い。新しいロリ成分がどんどん失われていく。


Intel、PCメーカー向けに6シリーズ・チップセットの出荷を再開


 思ったより早かったですね。Intel公式で発表があってから十日ほどですか。というか、早すぎる。こんなすぐに制作できるものなんでしょうか。なんというか、Intel側は結構前からこの不具合についてわかっていて、わざと時期をずらして公表したんじゃないかと邪推してしまいます。Sandy Bridgeの出鼻をくじかないように、とか。
 まあ、なんにせよ、これで問題が解決するならそれに越したことはありません。メーカー側でどれぐらい時間がかかるかはわかりませんが、メーカーによっては今月末ぐらいには新しいM/B出荷が始まりそうですね。

レーテーの野へ


 プラトンの『国家』訳:藤沢令夫の岩波文庫版をここのところ読んでいました。私の頭ではソクラテスや議論の参加者達の言っていることがよくわからないので、流し読みみたいなものですが、長さの割りには読みやすい本でした。岩波文庫の訳本って読みにくいのがちらほらあるんですよね。
 さて、中身も軽く触れておきます。ソクラテスが描いた"国家”という社会。

最高の統治を達成しようとする国家にあっては、妻女と子供は共有され、すべての教育は共通に課せられること、同様にして男女ともに、戦争においても平和のうちにおいても共通の仕事を行うこと、そして彼らのうちで哲学においても戦争に臨んでも最もすぐれている人々が王となること
  ――『国家 下巻』岩波文庫 P186より引用

 これは、いまでも理想と成りえそうです。というよりも、こういった社会は人が文明を築いてかれこれ数千年、いまだに一度も成立していないことを考えると、ソクラテスが実現可能だ、と言い切ったこの社会が本当に実現できるものか疑わしいところではありますが、私がこう考えてしまうのも、ソクラテスが懸念した通り、文章化することによって動的理解というものが失われているが故のものかもしれません。往々にして、筆述と読解はゆがむものですから。
 しかし、先人の声を聞く耳のないものとしては、先人の遺した文章に縋るほかはありません。それが美しく整えられているだけのものに過ぎないことがわかっていてもね。



 そういえば、少し前にちょっとした気まぐれでデモンズソウル一週目のRTA(リアルタイムアタック)をやりました。二時間切れるかと思いましたが、残念ながらRTAでは叶わず。一応、ゲーム内クリア時間では1時間54分でしたが、これ+ロード時間とかなんとかですからね。
 きっかけはニコニコ動画でデモンズソウルのRTA動画を挙げている人を見たことです。結構面白そうだったので。
 生まれは兵士で、ルートは、あー、どうだったかな。城1→嵐1→坑道1.2.3→塔1.2.3→嵐2.3→谷1.2.3→城2.3.4。後半はあってるはずだけど、塔と嵐2.3は逆だったかもしれない。
 兵士にした理由は、最初、肉斬り包丁で攻略しようと思ったからなんですよ。単純な攻撃力だとかなり大きいですから。しかし、普段使わない武器だったので、リーチがわかりにくく、想像以上に使いにくかった。そのため、マンイーターに二回もやられてしまい、諦めて予備に取っておいた竜骨砕きに持ち替えてその後攻略しました。
 で、谷2でボス戦前に窮鼠状態にして挑もうと思って毒で調整していたんですが、これまたボス前の腐敗人に連続押しだし攻撃でやられてしまう。ただでさえ長いステージなので大きなタイムロス。あとは、まあ普通にクリアしました。

 武器を決めておくのは当然のこと、やはりある程度SLの上げ方もあらかじめ考えておく必要がありそうです。あと、なにやら坑道や嵐はボスを抜かせるショートカットがあるみたいですね。動画で見てびっくり。実際、別のキャラでやってみたところ、わりと簡単にできました。RTAならこういうのも駆使しないといけないんでしょうね。
 また気が向いたらやってみようかと思います。

Intel 6シリーズチップセットに不具合

Intel、6シリーズチップセットに不具合、リコールへ


 原文はこちら(英語)。
 現時点で発売されているのはIntel® 6 Seriesに該当する、P67&H67、HM67ですね。つまり、Sandy Bridge用マザーボードすべてに影響するチップセットの不具合です。ページに書かれているぶんを素直に読むなら『SATAポートに関する設計ミスが見つかった。SATA接続したハードウェアとの通信において、性能や機能に影響を及ぼす可能性がある。しかし、この設計ミスはCPUおよび、他の製品に対しての影響はない』といったところですね。
 該当チップセットは出荷停止、それらを搭載したM/Bは、各ショップで続々と販売休止になっているようです。すでに買ってしまったという人はショップに問い合わせる必要がある……となっていますが、現時点では対策がなにひとつ無いようなので、Intelが出荷する修正チップセット待ちということになります。これは二月下旬から顧客に届くようにするらしいです。そこからM/Bに載ってPCショップへ、となりますから、実際にどれぐらい時間がかかるかはわかりませんね。上の原文によると、四月には(ユーザー?)全体に行き渡る提供ができるだろう、となっています。回収・交換対応はこの辺りの時期ですかね。


 私も性能に期待してSandy Bridgeに関する記事をいろいろ挙げましたが、まさかこういうことになるとは思ってもみませんでした。Sandy Bridgeで、メモリの相性がどうこうという問題やら、ASUSのマザーに少し問題が多い、とやらの話が出回っていましたが、まさかチップセットそのものの問題だったとは。始まる前からM/B全滅とか、想像の域を超えてました。
 Intelが掲載した文章の中では、将来的に影響がでる、という風に書かれていましたが、実際、あれだけ不具合報告があったということは、すでにストレージや光学ドライブとの通信に影響が出ていたということなんでしょう。だからOSがインストールできなかったり、インストールできたあともフリーズが多発したりしていたと。

 不具合を黙認して使い続けながら待つか、完全に眠らせるか。Sandy Bridgeのプロセッサが優秀だっただけに、苦い選択になりそうです。


※追記
 Intelの発表の日本語訳版。
 インテル コーポレーション、チップセット製品の設計上の問題を特定し、解決策を実施

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。