スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦いつづける魂


 勢いあまって注文してしまった北米版デモンズソウルが届くのを待つ日々。もうとくにやりたいプレイもないのに早まったことしたかなという気がしないでもない。またワームと黒骸骨を狩る日々が始まるのか……。しかし、北米版って実際はどういった国の人がプレイしているんでしょうね。欧州版はまた別にあるみたいなので、基本はアメリカかな。マルチプレイもやってみたいので、過疎ってないことを祈るばかり。
 とりあえずは脳筋でも作ってモニスタでも振り回しながらデーモンとのローリングダンスにしゃれ込もうかと思います。


 寝ているときに夢を見て、起きたとき、やたら鮮明に内容を覚えているときがあるじゃないですか。でも、しばらくしたら、あれだけ鮮明だったにも関わらず、中身がほとんど思い出せなくなったりするんですよね。まるで何年も前の出来事だったみたいに。
 こういう現象に見舞われると、人間の脳は時間の整理というか、時間に対する認識が非常に甘いように感じます。昨日の夢と、数年前の出来事と、いまは区別が付きますが、これが半年前の夢と数年前の出来事、となるともう区別がつかなくなっているんだろうな、と。無駄に高性能なくせに、基本の設計思想がなってないもんだからこういう謎の現象の処理によってパフォーマンスを低下させているんじゃないだろうか。
 まあ、たとえ完全に使いきったとしても、私の場合大したことはできないんですけどね。せいぜい二次ロリ画像の収集力が高まるぐらいかな。
スポンサーサイト

その扉に手をかけて

 神のみのエルシィ無双が止まらない。マンガじゃあれほど空気なのに……。いや、それよりも、神のみアニメ、正直微妙です。改変されてるセリフのセンスの無さが凄まじい。原作のテンポが良すぎるというのが問題なんでしょうが。あのアニメの出来だと桂馬やヒロインの機微がまったく伝わらないんじゃないでしょうか。唯一良いと言えるのは作画と小ネタ、そしてエルシィだけ……むしろ小ネタに凝るぐらいならセリフ回しとテンポにこだわれよと言いたいところですが。でも、エルシィはやっぱり良い。
 二期も確定しているそうですが、この調子でやられたら絶対すぐに飽きる。かのん、栞と好きなキャラがまだ続くのは良いんですが、肝心の出来はどうなるんでしょうかね。


NEC、IPSパネル/LEDバックライトの23型フルHD液晶



  (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /


 上位機種が三万七千円前後でIPS……最近の安物IPSの氾濫はどうにならないのか……。いや、いいんですけど。
 こういうディスプレイに関しては、実際に見てみないことにはわからないんですけど、どこにも置いてないんですよね。ディスプレイの購入だけはいつまで経ってもギャンブル。うーん、でも17型のデュアルディスプレイもそろそろ限界が見えてきたんですよね。23型の縦置きデュアルディスプレイにしたいところ。モニターアーム+安物23型IPSのセットで幸せになれるような気がする。まあ気のせいなんですけどね。

100枚目のコイン


 スーパーマリオブラザーズ1をさくっとクリアできたので、3をちょろっとプレイしてたんですよ。ステージをクリアして、アイテムとって、ボーナスの神経衰弱をやって。そういうことをやってて、大昔マリオ3をやっていたときは一人でゲームをプレイすることなんてなかったなあ、と思いだしました。
 マリオ3に限らず、ゲームをやっているとき、いっしょにゲーム画面を見ている人が近くにいることが多かった。順番待ち(「一機死ぬかステージクリアしたら交代なー!」「ちょ、いまのノーカン!」)だったり、横で茶々を入れたり、入れられたり。見る側でいたこともよくあった。

 べつにいま新しく出たりしている一人用のゲームつまらないとか、そういうわけではないんですけど、今後、ゲームをやっていく上で、一つの画面の前で誰かといっしょにゲームを楽しむ、そんなことはもう二度とないんだなと思うと軽い喪失感に襲われました。ボンバーマンをやるにしても、Wifiで対戦が出来ますからね。たしか、Wiiのマリオカートも対戦できるんでしたっけ。
 対戦も、協力プレイもネットさえ繋がっていれば簡単にできる。それはそれでゲームとして楽しいのは間違いありませんが、コントローラーを奪いあうのもゲームとしての楽しみだったといまなら思えます。あまりにありきたりなノスタルジーですね。


 それはそうと、Wiiのマリオコレクション、SFCのベタ移植でしかないなら、SFCマリオカートやスーパーマリオワールドも入れたら良かったのに。まあ、仮に入っていたとしても、結局それも一人でプレイするんですけどね。

公園のベンチを占拠した鳥


 久々にWii。Nintendoソフトしか売れないのが今昔変わらないWiiなんだよな。私が一年半振りに買ったWiiソフトも例に漏れずマリオコレクションだから困る。
 というわけでスーパーマリオブラザーズ2をやってました。面白かったんですけど、これコンテニュー無しでやれと言われたらかなりきついです。とくに要所要所の足場配置が絶妙すぎる。一マス半ダッシュでぎりぎりで届く範囲だったり、着地直後を狙った敵がいたり。ゲームオーバーになっても同ステージからやり直せるというマリオコレクションのシステムに助けられました。
 とりあえず、マリオ1と3も今度気が向いたらワープ無しでクリアしようと思います。1と3なら2ほど苦労しないはず。てか、2は本当にいろいろ酷かった。難しいと評判になるだけはあります。1を究めた人向けのゲーム。


 最近、各地で熊害が頻発しているようですね。ヒグマの生息地が近いところに住んでいる方は気をつけたほうが良さそうです。私は野生の熊というものを見たことがないので、もし町なんかで熊に遭遇したりしようものならビビって動けなくなること間違いないと思います。熊って色といい身体つきといい、とてつもない威圧感があります。
 野生動物で怖い生き物といえば、他にもいろいろいますが、猪。随分前の話ですが、結構大きい猪を見ました。幸い、そのときは猪がさっさとどっかに行ってくれましたが、山で人間以外の大きな生き物に遭うと生きた心地がしませんね。一種のアウェイ効果でしょうか。

寒心の誘い


 最近、勢い余って口の中を噛んでしまうことがよくあります。噛まないときは噛まないものなんですが、一度噛んでしまうと数日経たないうちに二度三度と噛んでしまうんですよね。傷が増えるたびに自分の無力さ、不甲斐なさを悔やむわけですが、しかし、どんなに嘆き悲しもうとも失われた刻は二度と還らない……。薄れゆく黄昏の扉を背に、新しい生命の産声を待つより他はないのです。
 まあ、そういうわけで部屋の模様替えをしたり、掃除をしたりとしてました。R-K1000でも買おうかなーと思ってたら、配置をどうするかが気になったもので。買うかどうかはまだ決めていませんが。まともなスピーカーがあまりないのでスピーカーも探さないと。去年、SC-F102SG買っておけば良かった。


 今年も残すところ二ヶ月余りということで、ゲームの年末商戦が近づいてきましたね。今年もなかなか面白そうなタイトルが並んでいるようですが……どうなることやら。個人的には今年末よりも来年二月過ぎ辺りからスマートフォンやらルーンファクトリーの新作、Nintendo3DSなど楽しみなコンテンツが並んでいるので、いまは満を持すための力を貯めているところです。ところでRPGとかで『ためる』をしているときに戦闘が終わったら残念ともなんとも言えない妙な気分になりますよね。いや、まったく関係のない話でしたが。

話し声が向こうから


 三次には彩りがない、華がない! そして、なによりも理想が足りない! 二次美少女と同じ時間を生きることができない三次なんてゴミだ!
 というわけで、神のみぞ知るセカイのアニメに注目してます。ちょっと桂馬が照れ照れしすぎという感じが否めませんが、いやしかし、結構面白いですね。声も思ったより違和感がない。エルシィが思ったより目立っているところもなかなかに嬉しい点。二期も確定しているということで、どこまで進むのかわかりませんが、個人的には前半に好きなキャラが集まっているので一期だけでも十分に楽しめそうです。
 しかし、普段アニメを見ないので、実は私、未だにブルーレイレコーダーをもってないんですよね。torneでも買っておけばよかったかな。


 トトリのアトリエ、DLCが始まりましたね。現在、ツェツィの戦闘参加(特殊なイベントなどは無し)とゲーム内での差し替え用BGMが配信されてます。ツェツィの戦闘参加は、まあ好みだと思いますが、BGM差し替えは、アトリエファンには垂涎ものです。すばらしいガストだすばらしい。ザールブルグ&グラムナート、イリスのアトリエ、マナケミア+その他、それぞれの戦闘用各種BGM集が300円、そして通常時の楽曲集が300円と非常にお得な内容。アニス、アニー、リーナ、大正もののけ、ファルカタ、黒い瞳のノアは残念ながら未プレイなのでわかりませんが、他の曲はさっと流すだけでも聞き惚れます。マリー・エリーなんて、発売してからかなりの時間が経っているのにもかかわらず、色褪せる気配が微塵もありません。まあ、黒い瞳のノアやファルカタのほうがまだ古いですが。
 ガストのゲームBGMはどれもRPGとして最高の演出になっているんですよね。冒険や日常の雰囲気が音の端々から感じられます。とくにマリー・エリーの工房BGMとか、どうやったらあんな曲ができるのかわからない。聴けば聴くほどマリーが爆弾を調合している姿、エリーが祝福のワインで酔いどれている姿が瞼の裏にありありと浮かんできます。マリー・エリーの工房曲は差し替えBGM機能追加のお試しBGMとしてついてきているので、トトリのアトリエをお持ちの方は、マリー・エリー未プレイの方でもぜひ聞いてほしい。そしてマリー・エリーをアーカイブスでプレイすればいいじゃない。

 それにしても、トトリのアトリエ、本当に出来のいい作品だと思います。トトリのアトリエはロロナのアトリエの世界観があった上で進化したという感じなので、流れという意味では、マリー→エリーの展開を彷彿とさせるところが大きいです。しかし、世界観だけではなく、調合システムや戦闘システムのことも併せて考えると、文字通り、いままでの作品の集大成、もしくは良いとこ取りという感じがするんです。この感覚はザールブルグ→グラムナートでやってきた人ならおそらくわかるでしょう。まさかこれほどのゲームが出来上がるとは思っていませんでした。
 まあ、私はガスト信者なので出来に関わらず次回作が出たら購入しますが、こうなると、やはり次回作も期待してしまいますね。マナケミアか、アトリエか、はたまたイリスか(可能性は薄いでしょうが)、はやくもいまから待ち遠しいです。
 とりあえず、いまはトトリ&ミミのいちゃラブを眺めながら明日を思い馳せておきます。この組み合わせは歴代アトリエで最高の二人組といっても過言ではないでしょう。次点はマリー&シアと同着ユーディー&ラステルで。ユーディー&ヘルミーナはヘルミーナ(幼女ver)だったらなあ……。

祝福を慕う定常の火


 つい勢いでWiiのバーチャルコンソールにあった神々のトライフォースをDLしてしまいました。いやー、誘惑は強敵でしたね。本当はロマサガ3にするつもりだったんですが……。まあ、過ぎてしまったことはさておいて、しかし、いまさらですがやっぱりバーチャルコンソールの料金ってちょっと高い。とくに、スーファミやNintendo64のソフト。この2機種はあと200ポイントは低く設定してほしかった。ロマサガ2・3を落としただけで1,600円ってのは判断が難しいところ。64のソフトに至ってはぜんぶ一本千円だし。
 Nintendo3DSではゲームボーイのバーチャルコンソールをDLできるようになるという話ですが、また結構な値段するんでしょうね。ファミコンソフトでも五百円するんですから、それ以上は確実か。カエルの為に鐘は鳴る、夢をみる島、辺りがでたらDLせざるを得ない私としては、Nintendoの良心に期待したいところ。あと、できればGBAのアニスのアトリエも欲しいなあ、結局買えなかったので。


 今日、テイルズオブグレイセスの体験版をプレイしました。ソフィとシェリアかわいいですね。最近やたらと男ばっかりなゲームをやっていたので、こういう可愛いらしいキャラという存在、潤いの必要さを改めて実感します。ジャングルで凶暴な動植物の魔の手から逃げ惑っているときにロりっ子アマゾネスと遭遇するようなもの。これがあるから今日も生きていけるってやつです。

 そんなわけで、ここのところゲームばっかりやっているので他のことがあんまり手につきません。どうもいい具合に面白いゲームが重なっています。まあ、とはいえ、いまのところ積んでるゲームといえば戦場のヴァルキュリア1と空の軌跡FCぐらいですけどね。結構消化したほう。これから年末にかけてまた面白いゲームがあるようですから、それまでに終わらせておきたいものです。
 しっかし、本当に昨年と今年は家庭用ゲームに面白いゲームがやたらと出ましたね。私としては、ロロナ、アルトネリコ3、トトリと来ただけで嬉しい流れだったわけですが、それだけでなく、ラブプラス、続編のラブプラス+、ProjectDIVA、続編のDIVA2nd、GOW3、ニーアレプリカントやデモンズソウル、テイルズオブヴェスペリア、アンチャーテッド2、inFAMOUS、KILLZONE2などなど。私の興味が向いている範囲で思い出せる作品だけでもかなりの量があります。まあ、DIVA2ndやラブプラス+は未プレイなんですが。
 他にも、最近出たところならけいおんや零の軌跡、ポケモンのブラック・ホワイト。ちょっと前ならEnd of Eternityやシュタインズゲート、MW2、ゼノブレイドも話題になったゲームですね。いやあ、豊作豊作。ゲーム豊穣の女神がいまここにって感じです。年末商戦を前にして気が早いかもしれませんが、来年も楽しみにしたいところです。もちろん、愛くるしい少女キャラの登場への期待も込めて。

クーポン券は明日の予定を諳んじた


 昨日、スマートフォン欲しいかもしれない云々かんぬんどうしたこうしたしましまロリロリニーソブルマなどとのたまっていましたが、やっぱりよく考えたらいらないよなあ、常識的に考えて、と思い直してました。機能は十分だろうし、あったらあったで面白いかもしれないけど、根本的な問題として、用途が存在しないんですよね。なにすればいいのかと想像して目の前が真っ暗になりました。ざんねん、あなたのそうぞうはそこでおわってしまった。困ったもんです。


こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です!今日のテーマは「クーポンや割引券は使いますか?」です。最近は、どのお店でも、「次回ご来店の際は○○%割引!」などと、割引クーポンなどがもらえますよね。オススメのお店のクーポンばかりを集めた雑誌もコンビニなどに置かれていたりと、行かなきゃ損買わなきゃ損といった感じですが、皆さんはクーポンなどを活用して、買い物や食事等をされますか?私は、割引クーポンを
FC2 トラックバックテーマ:「クーポンや割引券は使いますか?」


 ネットの通販サイトでクーポン適用がどうこうというものを見かけますよね。私がよく見るのは主にDELLとかHPとか、あとNTT-Xstoreかな。まあつまりPCに関するものが多いんですけど、ああいうのってどうしてやっているんでしょうね。いや、どうしてやっているというか、あれをやることでメーカーに利益があるのかという。
 中には、五千円だとか一万だとか結構大幅な値引きなんかもあったりして、ネットで見る最安価格よりもさらに安くなったりすることがままあります。私は疑り深い人間なので、そういうのを見かけると当然のように「パーツの潜在的な不具合が見つかったに違いない!」と自分でもちょっとなに言ってるのかわかんないです的な疑惑を商品に向けてしまうわけです。まあ結局最後は疑惑なんて無かったことになるんですけど。
 ああいうのを見ていると、通常時、つまりクーポンが無いときに購入することを躊躇ってしまうようになるんですよ。まだ安くなるかもしれない、明日からクーポン期間が始まるかもしれない、とかね。実際、なぜか知りませんけど、たった一日で値段が大幅に上下することはよくあります。
 クーポン券に振り回される買い物はご免被りたいものですが、買いたい時が買い時と断言できないのも怖いところです。まあ、一度買ったものの値段の移り変わりは見ないようにするのが一番なんでしょうけどね。

そんな新製品で大丈夫か?

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/10/04/007/index.html


 神は言っている、auはまだ死ぬ定めではないと。
 まあ、べつにスマートフォンを待っていたというわけではないんですけどね。実を言うとあんまり興味はありませんでした。
 しかし、実際に新しい機種が出るとなると少し気になってしまう。今回発表されたこれはおサイフケータイにも対応しているようですし、他にも従来の携帯電話で搭載していた機能があるとのことなので、これを機にスマートフォンに触れてみてもいいかなと思うようになりました。
 いまのところ懸念があるとすればバッテリーの持ちぐらいなんですが、そもそも鳴ることがない私の携帯はバッテリーがいつ切れようとも大した問題はないのであった、まる。
 これを皮切りに新しい製品がポンポン出てきたらいいんですけど、そうもいきませんかね。カメラ機能とかどうでもいいんでテキストを見たり書いたりするほうに利便性がある機種でないかな。いや、そんなこと機種が出たら出たで質の良いBluetoothキーボードを求めて余計な出費を重ねることになりそうですが。


 最近、ずっとゲームやってました。
 以前、ちょろっと「新規ブランドの移植じゃないギャルゲL@ve once……PSPに新しい風が来たな……」と呟いたようなことがあったようななかったようなL@ve onceもやりました。宣伝バナーをさっくり消したうえにこれといってまともな感想は思い浮かびませんが、とくに地雷というわけでもなく、良作というわけでもない、いたってごく普通の作品でした。面白かったといえば面白いと言えなくもない。でも、この作品のシナリオライターの人はもっと出来る人だと思う。このブランドの次回作に期待したい。ああ、でもサウンドとシステムはどうにかしたほうがいいですね。

 で、PS3ではinFAMOUS。前も書きましたがとにかく爽快。後半になってくると敵もやたらと出てくるわ、主人公のコールが強くなるわで、もうなんというか、無双ゲーだけど無双できない絶妙なゲームに仕上がっています。ストーリーとか気にせず、アクションだけでオススメできる作品。電線や線路の上を電気の力で滑走したり、すさまじい速度で走る電車に轢かれたり、超高層ビルから飛び降りたりと、本当笑いが引きつるぐらいのスーパーアクションです。難解な操作は当然なし。電気で作った爆弾に巻きつけて、そこらへんのアクションゲーム好きな人に投げつけ回りたい作品。電気爆弾はお気に入りの技でした。なんでも2が出るそうなので、こっちも楽しみです。
 あまり知名度はないようですが、1は間違いなく名作の部類に入るでしょう。

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。