スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01月31日のココロ日記(BlogPet)

早い仲間をココロは一生愛します!!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト

デモンズソウル――老いたな、王よ――


 いや、3回負けましたけどね!

 二週目オーラント戦

ソウルレベル:28
防具:秘匿者一式+三角帽子
武器:叩き潰す北騎士の剣+5(両手持ち)
盾:暗銀の盾(背負い)
奇跡:一度きりの復活
指輪:魔法鈍性の指輪・しがみつく者の指輪

 4回目で勝ちました。いやー、動きが見える見える。一周目で得た戦い方が上手い具合に機能しました。最後の4戦目の半ばほどで勝ちを確信しましたよ。
 まさに「老いたな、オーラントよ!」状態。最後の一撃を放ったときは哀れみすら覚えました。もうね、アホかと(主に私が)
 これで二周目は終わったも同然。まあ、腐れ谷2(ショートカット開通済み)・3、嵐の祭祀場2・3が残ってるんですけどね。どれもそれほど難しいステージじゃありませんし。だいたい、マンイーター、炎に潜むもの、オーラントを倒してしまえばあとはなにも問題ないと思います。

 二週目を始めたときは、あまりの敵の固さと攻撃力、手数の多さにどうなることかと思いましたが意外になんとかなりました。いや、意外というか、一週目の途中で失ってしまった慎重さを二週目に入ってまた取り戻す感じ。慎重にやればなんとかなりました。しかし、三週目に入ったらまた「うわやめろなにをする」状態になるんでしょうね。

 ちょうどというか、アルトネリコ3も届いたんですよ。ガストショップから。公式サイトすら見ず、情報をまるで仕入れてなかったのでVisualBookを見ていろいろ驚いた。サーシャがいたり、クルシェがいたり。ココナが出るのは以前から知ってましたが。
 なんにせよ楽しみ。デモンズソウル二週目をさっくり終わらせてから始めたいと思います。こんな私を貧乳狂いと呼ぶがいいさ!(魔女ユリアは貧乳っぽいですけどいかんせん歳が……(炎の嵐に焼かれながら)

デモンズソウル――もう諦めたら?――


 オーラントを超える感動がここに――!


 二週目固い、固すぎる。初期SLでクリアした貴族キャラで二週目、ちょこちょこっと能力を上げてSL27で攻略を始めたわけですが、蜘蛛で苦戦、ヒル溜まりで大苦戦、マンイーターがわりとあっさり勝てて意外に勝てるもんだなと思ってたら、炎に潜むもので地獄を見た。
 なんだ、あれ。最後のラッシュモードに入ってからが狂ってるレベル。こっちは一発喰らえば死ぬのに二発も三発も連続で炎の爆発攻撃。こっちが死んだあとも爆発しまくってるよ。なんという悪魔。
 二週目は固くなるだけじゃなく、やっぱり手数も増えてるんですかね。蜘蛛もやたら攻撃が多かった上に隙が無かったような気がします。

 まあ、なんとかこうとかしまして倒すことができました。モーションが早く、攻撃の出が早い武器を中心に攻めていったらなんとか活路が見いだせたんですよ。そこからはひたすら小さな隙を待っての攻撃。炎に潜むものを相手にする上で重要なことは、とにかくロックオンに頼らないことだとわかりました。ロックオンしてたら回避できない攻撃パターンが多すぎる。地形の問題もあるんでしょうが。
 どっちかというと、マンイーターのほうで苦戦するかと思っていたんですけどね。まさかここまで炎に潜むものが強いとは。特に体力が減ってからのラッシュが酷すぎる。あれを考慮すれば、まだオーラントのほうが可愛い気がします。

 まあ、そういうわけなので二週目の最難関と思われるデーモンは残すところオーラントのみ。ラトリアはオールクリア済みですし、谷はまあ、どうにもならない強さのデーモンはいませんし(谷2の道中は極悪ですが)、嵐の祭祀場もそこまで詰まりそうなところはない。
 二週目の審判者とか弱すぎてびびりました。たまたま炎武器が弱点だったのか知りませんけど、一分かからず終わりましたし。一週目でも、松脂か竜のロングソード辺りを使ったら快適に倒せるのかもしれません。初期SLプレイのときは、審判者苦労したんですけどね。

 というか、そろそろデモンズソウルのこと以外になんか書きたくなってきた。アルトネリコ3が届くのはまだか。まだなのか。

デモンズソウル――おいおい、いつまでやってんだ by 心折れた戦士――


 やめられないとまらない火防女のストーキング。
 二週目に入ってから、まともに攻略を進めずにマルチプレイばっかりやってます。黒ファントムになってもとくにやりたいことがないので、やや青ファントム寄り。赤石はあるけど使い方がわからない。
 もうアルトネリコ3の発売も迫っているというのに、デモンズソウルのBest発売が来月……どっちを優先すればいいのか。果たしてBest版発売に合わせてマルチプレイの人数は増えるのか。いや、増えたところでどうってわけでもないんですけど。

 うーん、しかし、二週目になるとさすがに生き残る確率が高くなりますね。敵は固くなった上に攻撃力が激増しているんですが、なんというか生き残る方法を学んでいるといいますか。おかげでちょくちょく青サインや黒ファントムの侵入に遭ってます。青ファントムの中には明らかに初心者っぽい人がいたりするので、二週目に呼んだりするとなんか申し訳なく感じる。私のキャラは二週目にしてはSLが低いほうみたいですし、どうも一週目の人っぽい人が多いんですよ。
 この辺り、レベル以外にもオンラインマッチングの条件があったほうが良かったかもしれませんね。まあ、あまり条件がきつくなるとどこもかしこもマルチプレイがやりにくくなるんでしょうが。

 なにはともあれ、オンラインマルチプレイを楽しくやってます。これで私も廃人に一歩近づいたのかもしれません。まずい。早く貧乳分を補給しないと……(どっちの方面でも手遅れ)

01月24日のココロ日記(BlogPet)

kasasagiさんに告白されたらどうしよう……なんてかんがえちゃいました☆

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

デモンズソウル――貴族だってたまには本気出す――


 じいさんを倒す為に失ったソウル=30万以上

 じいさんを倒したときの叫び声=200ソウル(名も無き戦士)


 貴族初期SL(ソウルレベル1)プレイで城4のボスを倒しました。あれほど嬉しかった最後の一撃はここのところなかった。いやー、よくやったもんだ。
 嵐の祭祀場もクリアし、残すところはラスボスのみ。まあ、ラスボスはおまけみたいなものですが。少なくとも、これまで戦ってきたデーモンとは比べることすら憚られるようなアレ。赤目骸骨のほうがよっぽど恐ろしい。

 このまま今のキャラで二週目を始めてソウルレベル上げを開放するか、新しいキャラの一週目で次のプレイを始めるか悩み中です。まあ、とりあえずデータだけ残しておけばあとからでもできるので問題ないですが。
 結局、初期SLプレイだと青ファントムも黒ファントムもできずじまいだったので(ソウルレベルが合わないらしい)オンラインプレイがまともにできなかったんですよね。青ファントムとしても入れないし、黒ファントムとしても入ることができませんでした。低SLで周回している人とかいそうなものなんですが。そんなわけですから、やったことといえばメッセージをちまちま書いたぐらい。
 次はオンラインプレイができるように普通に育てたキャラでやっていきたいと思います。とはいえ、そろそろ満足した感じがあるので、次はかなりまったりプレイになりそうです。

 とにかく、デモンズソウル。
 めちゃくちゃオススメ。ここまで周回が楽しいゲームは久しぶり。自力でも、攻略を見ながらでも、自分でプレイしてステージやデーモンを乗り切ったときの爽快感はなかなかのものだと思います。ベスト版も出るようですし、これをやってみない手はありません。逸品のアクションRPG。



 あと、どうせなので城4ボスを倒したときの装備を。

 防具:秘匿者一式
 指輪:しがみつく者の指輪・戦い続ける者の指輪
 武器:ブロードソード+10(両手持ち)
 魔法:防護
 アイテム:満月草・黒松脂

 防具は気分で。このゲームは防具なんて飾りです。いや、本当にそう思った。盾は飾りじゃないですけど。
 指輪は意味があったのかどうかよくわからない。
 武器は、欠月のファルシオン+4だとボスにダメージの通りが悪かったので急遽別の武器を用意することに。初期値で装備できる武器があまりなかったので、使いやすそうなものを選んだ結果がブロードソードになりました。+10まで上げると結構強い。
 魔法は気休め。というか、使う暇がなかったので、防護がかかっていたのはほぼ戦闘開始直後のみ。城4のボスはなかなか隙がないんですよね。
 満月草は城4を何度もプレイしていたら気づくと倉庫に99、手持ちに99という。どうしようもない。城4の赤目騎士がやたらと6個セットで落としたりする。黒松脂は強い炎属性がつくんですが、これも気休め。使う暇がない。

 最終的には、避けてから斬る。これをひたすら繰り返しました。他のデーモンで散々楽してきたツケが来た感じです。城4ボスはチキンプレイができないから困る。
 しかし、それだけに倒したときの感動は大きかった。本当、絶妙なゲームです。

デモンズソウル――魂を燃やせ――


 こりずにデモンズソウルです。貴族初期SLプレイ。
 なんとか腐れ谷、ストーンファング坑道、塔のラトリアまではクリアしましたが、城4ボスで殺されまくってます。当然のようにほとんどの攻撃で即死。全部避けて全部当てればいいだけなんですけどね。一人目でも結構苦労しましたからねえ。まあ、そのうち避けられるようになると信じて戦ってます。しかし、本当に面白い。まさかまったく同じステージを繰り返すだけでここまで楽しめるとは思いも寄りませんでした。始めてはみたものの、途中で飽きるだろうなと思っていたんですが。やりようによってはSL1でもいけるというステージ構成も絶妙。まあ、武器を強くしているだけなんですけどね。武器を一本MAXまで鍛えれば十分にラストまで戦える。
 いまのキャラでクリアできたら次は神殿騎士か、大きな武器を振り回すタイプか作ろうかと思ってます。今度は普通にSLを上げながら、対人戦も考慮して鍛えようかと。いやー、楽しみです。


 from 霧の向こう

01月17日のココロ日記(BlogPet)

おなかすきました!はぅぅ~、kasasagiさんって帰ってくるのおそいですよ~。料理冷めちゃいます。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

タイムスリップ in ボーレタリア


 迫り来るYOU DIED……生身なのにいつまでも入ってこない黒ファントム(SL1の為)……最黒の雑魚から逃げ惑う日々……次の歴史を築くのは一人の少女だ!

 というわけで、貴族(女)初期SLクリア目指してちょこちょこデモンズソウルをプレイしてたら一週間近くBlogの更新を放置してました。面白いよ! デモンズソウル面白いよ! ゲームを二週するなんて久しぶりです。ロロナのアトリエですらまだ二週目はプレイしてないのに。そのうちやるでしょうけど。
 ただ、ちょっと前にクリアしたキャラで手に入らなかった武器が手に入ってしまい、それを使いたくてたまらない。まあ、イスタレルっていう武器なんですけど、装備する為のステータスが足りないんですよね。エリア最白でしか手に入らない武器なので、他のキャラを新規でプレイ初めても一週目では取れないかもしれない……ってことはさすがにないでしょうが、エリア傾向ってオンラインの傾向も影響があるようですし、運が絡むことは間違いない。というか、すぐに使いたい。一週目だと特に気に入った武器はありませんでしたが、二週目にもなるとやっぱり武器の好みが出てくるなぁ。


 というわけで、デモンズソウルばっかりやっているわけですが、このデモンズソウルでめちゃくちゃ不満なこと。
 とにかく、ロリ美少女が出てこない。

 火防女や魔女ユリアという、なかなか少女然としたキャラはいるものの、いかんせん身長が高すぎる。いまの大きさをそのまま三分の二ぐらいに縮小した感じだったら主に私のソウル傾向がとんでもないことになっていたのではないかと思われます。最黒……いやある意味最白か。
 あと、キャラクリエイトの年齢で最も若いところに合わせても全然若くないところもダメですね。攻撃のリーチが短くなってもいいからもっと愛らしい貧乳少女キャラが作れたらよかった。2に期待(そんな機能はつきません)

デモンズソウル――わたしの中のデモンズソウルに触れてください…――


 あの戦いから数百年後……そこには元気に戦士を召還する火防女の姿が!

「もう心中まがいの飛び降り行為なんてしません……」


 というわけでデモンズソウルをクリアしました。
 前半~中盤の難易度から考えると、後半は驚くほど簡単です。後半は道中がやたらと短くなってくるんですよね。ボス戦は、いくらやられても何度もやっていればパターンが見えてきますし。
 どっちかというと後半が怖いのは対人の黒ファントム。私はほぼソウル体でクリアしたのであまり出くわしませんでしたが、それでも生身で後半のステージに突入したときは何度か侵入されて瞬殺されました。黒ファントムどころか、ちょうど交戦中だった雑魚敵にやられたりもしましたが。相手よりこっちのほうがソウルレベル高いはずなんですけどね。プレイヤースキルの問題もあるでしょうけど、やっぱりステータスの振り方が雑すぎました。デモンズソウルは攻撃手段を少数にしぼって鍛えたほうが良いようです。
 いやー、しかし、黒ファントムのシステムもそうですけど、本当にオンラインプレイが気軽な感じでプレイできて良い。オンラインが苦手、という人にもあえておすすめしたいオンラインゲーですね。オフだけだともったいないと思います。いや、オフだけでも十分に面白いですけどね。
 私はまだ数回しか青ファントムをやってませんが、オーラントや炎に潜む者と再戦してまた勝つことができたので(ホストプレイヤーの手伝いですけど)満足してます。青で入ってやっぱり侵入してきた黒に殺されたりしましたが。というか、キャラのモーションで礼をしてたり手を振ってたりしたことに気づいたのが数回目なんですよね。なにもモーションを取らずにいきなり黒ファントムに斬りかかって返り討ちにされているのがいたら私です。

 デモンズソウル2週目はファランクスだけ倒しましたが、なんかもうこのキャラは飽きたので、新しいキャラを作って適当にプレイしていようと思います。今度は黒ファントムや青ファントムでも積極的にプレイしていこうと思います。


 まあ、とりあえずこれで今月下旬に発売を控えたアルトネリコ3を気兼ねなく待てるわけです。貧乳が私を呼んでいる……(ソウル体になりつつ)

01月09日のココロ日記(BlogPet)

今日もカウントダウンが買えませんでした……残念。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

デモンズソウル――ソウル体生活も長くなった――


 死んで兜の緒を締めるゲームです(手遅れ)

 とにかく死んだら最初から。ステータスなどはともかく、基本的に死んだときに残るのは自分の知識と経験だけです。こういう、技術を鍛えるゲームはやっぱり楽しいですね。
 雑魚が弱くないので、一匹一匹確実に倒していかないといけないというのも面白い。最初のうちは時間がかかるんですが、慣れてくると非常に効率化されます。自分自身で驚くほど速やかに倒せるようになったりする。こういうゲームを作れることがすごいのは当然ですが、このゲームを攻略して攻略Wikiを作ったりできる人も結構すごいと思います。普通にクリアするだけでも気合いがいるのに。

 あとは、オンライン。このゲームのオンラインでの協力プレイは独特です。同じマップをプレイ中の人がどう動いているのか幻影として表示されたり、誰かがプレイしたときの死に際が幻影として再現されたり、メッセージを共有できたり、敵として侵入されたり、あるいは協力して敵を撃退したりする。オンラインプレイというのはここまでできるのか、と認識させるに十分の充実っぷり。


 って、書いてみると言葉がことごとく無難すぎて何も特筆するところがないですね。

 あー、とにかく、発想と判断が生死を左右します。そして死を前にしてなお、心さえ折れなければどこまでも戦える。それを体現したゲームといえるでしょう。

2010の謎


 あけました。おぬでとうございます。

 2010年の初日からマイナス方向にぶっ飛んだ夢を観たような気がしてどうもブルーです。こういうときはデモンズソウルに限ります(絶景地点から飛び降りながら)(「下にアイテムがあるぞ」なんていうメッセージを書いているのは私ではありません)
 アルトネリコ3が近づいていると思うとテンションが上がって仕方がありません。ゲームやってる場合じゃねえ! と思いながらデモンズソウルをやってます。いまだにめちゃくちゃ序盤です。ずっと放置してました。すみません。

 Ducaのアルバム『12 Stories』が届いたとか、メロキュアの『メロディック・ハードキュア』が癒されるとかいろいろ言いたいことはありますが、LUNA SEAの楽曲をウォークマンに入れて久々に聴いていたらあまりのレベルの高さにひっくり返りました。すげえ。Image、Mother、Style、そしてNever Sold Outはとくにもう狂ってるレベル。聴き直してみるもんです。こういうのを聴くと一昔前のアーティストをいろいろ掘り返してみたくなります。やはり、音楽は時代に左右されませんね。音楽の好みはなかなか変わるものでもないようですし。まあ、今じゃ手に入らないものも多そうですが。
 音楽の好みって不思議ですよね。好きだ、と思ったものはなかなか嫌いになることがない。飽きたと思っても時間が経つとまた聴いてたりしますし。逆に、一度気に入らなかったものは何度聴いてもやはり気に入らない。まあ、私の場合、それほどまったく気に入らない曲というものはないんですけどね。
 今年は音楽、音響機器を漁ってまわることになるかもしれません。クラシックにも手を出したり。音楽を聴くためにウォークマンを買ったつもりが、まさかウォークマンを活躍させる為に音楽を集めることになろうとは思いも寄りませんでした。ゲームといい、本といい、またお金が片っ端から消えていきそうです。ここのところ、気になっている本も買えてないんですよね。一冊4,000円とか勘弁してくれと。いや、まあ買うんでしょうけど。

 さて、そういうわけなので2010年です。抱負は考え中。無意味に気合い入れていきましょう。

 では、今年もよろしくお願いします!

01月02日のココロ日記(BlogPet)

kasasagiさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。