スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四回 Story Rumble 終結!

  第四回 Story Rumble


 ――武器はもったか?

 ――弾薬は?

 ――あの野郎共のドタマに照準を合わせたか?

 ――あとは祈るだけだ。

 ――俺たちが書いた遺書がちゃんと届くよう、にってな。

 ――さあ、見せてやろうぜ、実力の差って奴をな!



『その夢、非売品につき』(私の作品)

 最下位/全作品中(第三回から引き続き独走中)



 逆に考えるんだ、「数字を入力しなくてすんだ」と考えるんだ。


 というわけで結果発表がありました。

 Story Rumbleです。
 今回もなんだかんだで凄かった、というか面白かった。さすがみんな物語作りに慣れてますね。ですが、やっぱり人が少ないってのがどうもあれですね。もっといろんな作品が読みたい。欲を言えば二〇人ぐらい欲しいですね。
 しかし、人が集まらないことには人も呼び込めないという。難しい。このままだと次回開催は……ということになりかねないようなので、どうにかできないもんかと考えてはいるんですが。
 っても、私ネットで小説系・ショートストーリーサイトってぜんぜん見ないので、そういう人達が集まるところって知らないんですよね。ネットはどうも広すぎる。

 CACTCO 書人処<カクトコ>という小説サイトが出たときはちょっと登録して目をつけていたんですが、うーん、主旨が違いすぎる。あれはあれで面白いところだと思うんですけども。


 ああ、そうだ。めちゃくちゃどうでもいいんですが、今月の29日に出たバカとテストと召還獣 6.5を読んでたんですよ。
 あれの一発キャラ(ミスコンの最後に出てくるキャラ)に私の作品で出したキャラの名字と同じ字の名字が出ていて、見たときちょっとびびった。渡会っていう名字なんですけど。もしかしてバカテスの作者の人もATOK2008を使っているんでしょうか。『わたらい』の名前変換(F2)で一番上に出てくる字なんですよ。いや、本当にどうでもいい話なんですけどね。というか言っておいてなんですが、2009でも2007でも同じか。なんか「わたらい」って言ったら『渡井』か『渡會』っていうイメージがあるんですが。


 さて、Story Rumble。はたして次回は開かれるのかどうか。というか、次回があるなら私も読者が心の底から楽しめるものを書かないと「ヤツの作品は無駄に長くて読むのが辛い」という理由で辞退者が出かねない。もうすでに出てたらごめんよ! 次は、次こそは――!(その後、彼の姿を見たものはいない)
スポンサーサイト

世界はあたしでまわってる――アンジェラ姫の逆襲――

世界はあたしでまわってる 光と闇のプリンセス
発売元:グローバル・A・エンタテインメント
ジャンル:RPG



「女の子が普通に恋できる世界じゃなきゃダメ!」とおっしゃる姫様は正しい。


 もとはDS版だったようですが、そこから闇アンジェラと新キャラを加えてPSPに移植された作品のようです。

 最近やったRPGの中では屈指の面白さです。アンジェラとモエの可愛さが半端ない。よくこんなの作れるもんです。
 要素としてはなんといってもこの作品の売りの『わがままシステム』。これが最高。アンジェラLOVE。

 たとえば、武器屋でわがままを言うことで新製品を出させたり、フィールドの地形を変えたり、ダンジョンで敵のエンカウント率を上げたり下げたり、あげくの果てには敵のレベルも上げたり下げたり。
 もちろん、戦闘中でもわがままは発動します。先制をとったり、敵を麻痺させたり、沈黙状態にしたりと、もうなんでもかんでもやりたい放題。しかし姫様のやることだからなんでも通ります。アンジェラが正しいといえばそれが正しい。

 旅の連れは一匹、謎のピンクスライム。このスライムはレベルアップしない。敵の部位をものまねすることでステータスが変化します。まあ、言ってしまえば、サガフロンティアの種族としてのモンスターとちょっとネタが被っているというか、ほぼいっしょというかあれな感じですが、要は敵の能力を吸収して育っていくタイプ。正直、私は上手く育てられずに、最後までまともな戦力になりませんでした。魔法はともかく、ステータスがぜんぜん追いつかないんですよね。いや、私がアンジェラを強くしすぎただけとも言えるんですが。宿屋で使える『食事』という項目でアンジェラの能力が上げられるんですよ。それを使って、実は私の初プレイにおいて、最後の街に入る前に強さ(力)、賢さ、丈夫さ、素早さのステータスがカンスト(255)してた。おかげでラストダンジョンでもダメージはほぼ1でした。ラスボスも楽勝。

 まあ、私のそんなプレイはさておき、この作品、面白いことは面白いんですが、作業が非常に多い。

 物語は、街に行ってクエストをもらう。クエストをこなして、先に行く為の問を開ける鍵をもらうということの繰り返し。
 で、肝心のそのクエスト。
 これが特定の『モンスターを○匹倒す』とか『○○○を×個集める』というクエストばっかりで構成されてる。これもやっていくと楽しいんですが、苦手な人は苦手だろうなと思ったり思わなかったり。私の場合それを楽しんだ結果がステータスカンストでのラスボス戦なわけですけどね。あまりに一方的すぎた。


 しかし、私はRPGとしてこれは非常に面白いものだと思います。ストーリーの緩さもすごく好感が持てる。最後まで姫様が変わらなかったのが良い。アンジェラの為のアンジェラによるゲーム。

 プレイ時間は20時間。まあ、私はかなり時間をかけてやってこれですから実際は15時間ぐらいかな。周回による引き継ぎなどは無し。それでも十分に面白かった。次回作を、というよりは、もっとこの手のゲームが増えれば嬉しい。

ゲーム機用アクセスポイント WLI-UC-GN

 というわけで早速買ってきました。

 BUFFALOのUSB無線子機WLI-UC-GN


 ネットに繋がっている状態のPCのUSB端子に繋げるだけで、PSP,PS3,DS,Wii+iPhone3Gなどの無線LANのアクセスポイントになるという優れものです。こんなものが2,000円で買えるとは。

 一応、PSPでなんだかんだとやってみましたが特に問題はないようで。ネットは普通に接続できますし、ゲームでのDLも問題ない(モンスターハンター2ndGのダウンロードコンテンツで確認)。一応、Xlink kaiというアドホックモード用にも対応しているとのことですが、こればかりは友達がいない私には確認することが不可能なのでなにも言えない。ゲームを一緒にプレイする友達とか。あれですか、都市伝説ですか(ところがどっこい……現実です……!これが、現実……!)。

 キーセキュリティの暗号化モードであるWPA-PSK(AES)接続も問題なくできる。WPAキーは手動入力でしたけど。

 どうやらPSP側のAOSSはWPA-PSKに対応してないみたいですね。AOSSだとWEP64で接続されることになるようです。AOSSは本当に楽なのでできればAOSSで対応していて欲しかったですが、まあ文字をちょろっと入力する手間なんて大したものじゃありませんからね。

 ちなみに、この製品は、親機(アクセスポイント)として使う場合、ゲーム機専用のアクセスポイントとしてしか使えません。というか、こういうことができるだけでも凄いですが。無線LANの仕組みはよくわかりません。私にとってはもはやブラックボックスですよ。

 そもそも無線LANってどうやってデータを発信しているんでしょうね。赤外線やらなんやらの発展とか……ラジオ、無線辺りかな。遡るとどこまで行くんでしょうか。無線はどっかの戦争で初めて実用化されたものが動かされたとか聞いたことがあるような気がする。第一次大戦辺りか、もっと前か。技術的にはイギリスの産業革命後でしょうから、一九世紀以降に出てきたものであるとは思うんですが。いったいどういう発展をしてきたんでしょうね。というか今後どうなっていくんでしょうね。家電がぜんぶ無線LAN対応なんてことになる時代が来るんでしょうか。無線LANに変わる通信技術が生まれなければありえそうですね。

 違う、話が違う。

 えー、WLI-UC-GN。ゲーム機のアクセスポイントに困っている方にはいいかもしれません。本体はかなり小さいし。
 おまかせっ! あんしんっ! ツインエンジェ――じゃなくて、おまかせ安心AOSSのBUFFALO。まあ、こんなこと書いててもすぐに後継機の製品が出たりするんでしょうけどね。ドラフトだった無線規格IEEE802.11nがもうすぐ正式なものとして認められるみたいですから。それにあわせて新製品が出るでしょう。
 と思ってたら、

IEEE 802.11nは、現在認定を受け、市場投入されている802.11n ドラフト2.0準拠製品と同じ周波数帯で基本機能の変更なく相互接続性を確保する。ドラフト認定された機器は最終的な認定プログラムの中核となる要件を満たすため、再テストを受けることなく「802.11n認定機器」として扱えることになった[4]。



 現在出回っているDraft2.0製品は、まったく問題なくこれから出てくる802.11n製品と合わせて使えるようです。良かった良かった。
 まあ、私の場合、無線子機として使うことはないと思いますが。パソコンを無線LANで繋ぐのだけはなにがなんでも避けてやる。

 しかし、やっぱりなぁ、ゲーム機がこんな簡単にネットに接続できるのか。こういってはなんですが、幼い子供にはもう迂闊にゲーム機を持たせられませんね。ゲーム機を扱う為にある程度の知識が必要とか。どうなんだそれ。DSはどうだか知りませんけど、PSPはかなり普通にネットをうろうろできますからね。なぜかタブブラウザですし。
 もうここまで来るとなにが必要でなにが不要なのかわからない。情報伝達の手段としてネットは必要でしょうけど、携帯ゲーム機にまでそれが伝達されるとなると……うーん。まあ、こういうのは時代に取り残される人間の解釈でしかないのかもしれませんけどね。製品として、望まれるときに望まれる形として出てきたというだけで、それ以上の意味はないわけですから。ちょうど、少なくなってくるセミの鳴き声に気づいてセミの儚さについて感慨にふけるのと似たようなもんでしょう。それにしても、ふと思ったんですが、二次ロリ美少女がセミ捕りしている姿が想像できない。二次ロリ美少女って遊びがいちいち大人っぽいイメージがありませんか?


 以前、無線LAN環境はうんたらかんたらと言っていましたが、いまはPCをゲーム機専用のアクセスポイントにできる無線LANアダプタがあるらしい。しかもたったの2,000円ぐらいで。

 うーん、二年前とはえらい違いです。ちなみに、二年前に私が買った無線子機は3,000円強しましたが、当然、PCをアクセスポイントにする機能などない上に、やたらと電波を拾わない奴でした。まあ、Xlink kaiとかいう、携帯ゲーム機(DS、PSP)でネットワーク対戦ができるソフトには対応しているとは書いていますが。てか、よくこんなの捨てずに取ってたな。

 まあ、なにはともあれ、今度ちょっと買ってきて試してみようかと思います。PCをアクセスポイントにできるならWiiのLANアダプタ? とやらも買わなくて済みますし。WiiってLAN端子が標準で搭載されていないんですよね。モンスターハンター3をやってる人はみんなどうやっているんでしょうか。やっぱり標準搭載されている無線LANかな。
 私の中で無線LAN=いつ切れるかわからないというイメージが出来上がってしまっているのでネットに接続するの怖いんですよねぇ。少なくとも無線LANで動画サイトを見るのは苦行以外の何物でもありませんでしたし。

 とりあえずは、技術の進歩を実感する為に無意味に手を出してみるのも悪くない。それに、これで昔の製品を心置きなく捨てることができるわけで。
 小型化は進むわ、多機能が標準搭載されるようになるわ、本当、なにもかもあっという間に過去のものになっていきますね。

08月26日のココロ日記(BlogPet)

いつか、取り戻せる違和感がほしいです。ココロの夢です。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

未来の重層

【ニコニコ動画】【第3回】MikuMikuDanceCup TRILOGY 表彰閉会式【MMD杯】

 第3回MMD杯閉会式動画。
 いやー、本当にね、もう素晴らしい大会でした。次回も楽しみすぎる。
 樋口優氏のコメントにもまったく同感。MMDを通して出てきた多くの技術と才能にはただただ感服します。もちろん、それでもこんなソフトを作り上げた樋口優氏の功績は、それのすべての土台になっているという意味で、やはりMMD動画と同じく、いやむしろそれ以上に評価される必要があると思います。


 というわけで私が個人的に

 優勝【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】プレゼント【ののワさん】


 準優勝【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】キラメキラリを踊ってみた


 として挙げた動画は残念ながら賞を獲ることはできなかったようですが、それでも再生数はここ何日かでかなり伸びているし、マイリストも結構増えてるかな? マイリストの数字はよく覚えていませんが。しかし、評価されているのは間違いないようでなんとなく安心。

 ちびミクがもっと広まって動画が増えることを祈るばかり(私の嗜好は関係ありませんよ! きっと!)


 しかし動画か。どうでもいい……わけではないんですが、MMD杯とか、そうでなくても、素晴らしいMMD動画を見るとなんか悔しくなる。どうして私はこっち側にいるんだ、とか。さて、どっから手をつけようか。

中央管理塔――ゲームアーカイブという集合体――


 Play StationStoreで配信されるソフトを心待ちにする毎日……ってほどでもないですが、ちまちまソフトを消化しつつアーカイブス(PS3、PSP用のソフト配信サービス)にも手を出してます。
 Wiiのバーチャルコンソールに比べるとタイトルは圧倒的に少ないですが、バーチャルコンソールがWii専用のものであることに対して、アーカイブスはPS3とPSPどちらでもプレイができるという。しかもデータを共有できる。PSPで途中まで進めたのをPS3で途中からプレイができるとか、なんて無意味で便利な設計なんだ。

 とりあえずは小手調べということで試しにサガフロンティアやらなんやらダウンロードをしてみました。

 いや、このシステム、思った以上に良いですよ。

 アーカイブスのほとんどはPSソフトなんですが、PSソフトが携帯機で出来るということにこんな爽快感があるとは思わなかった。PSPでやるサガフロンティアは良い。これは良い。とりあえずT260Gでちょろちょろやってますが、これはもう、このまま全キャラやってしまいそうな勢いです。専用のソフトも面白いし、アーカイブは止まらないし、PSPすげえ。これまで特別ソニーに傾倒していたことはありませんでしたが、PS3といいPSPといい、ここまで面白いゲームハードを用意できるのならファンにならざるを得ません。

 アーカイブスには『マリーのアトリエ』と『エリーのアトリエ』もありますしね!(結局ここ)

 おすすめですよ!
 マリーはシンプルなアトリエ!
 エリーはちょっと複雑だけどイベント豊富!

 好きなほうを選んでね!

 私はまだどっちもダウンロードしてませんけどね!(両方PSディスク持ってますからね。そのうちアーカイブスも落とすでしょうけど)


 次はどんなソフトが来るのやら。DL専用機であるらしいPSP Goが出たら配信増えるんでしょうか。現行のUMDソフトのDL版が出てくるだけになりそうな気もしますが……PSソフトの面白い作品で、できれば私が聞いたこともないようなタイトルがいいかな。やったことのある良作もいいですけど、やっぱりやったことのないゲームをやって新しい刺激を得たい。
 なんにせよ楽しみです。

Story Rumble


一次創作短編小説コンペ
Story Rumble


 Story Rumble日程

 採点受付:8月8日~8月21日 採点受付終了

 品評会:8月30日 21時~24時

 結果発表:8月31日 24時




 残すところは品評会と結果発表のみとなりました。

 8月30日の21時~開催するようです。都合が合う方はおしかけましょう!

 場所はStory Rumble品評会会場です。
 残念ながら私は参加できませんが、まったりと楽しんできてください。

 では、閲覧してくれた方、採点をしてくれた方、ありがとうございました!

 作品出しそこねたという方、次を期待してますよ!

 参加者の皆さん、今回も面白い作品をありがとう!

 ちょっと早いけど、第5回Story Rumble――Project SR(仮)――をお楽しみに!(副題は非公式です)

Story Rumble

 StoryRumble、開催中。

 参加者一覧


 採点&コメント受付 ~8月21日(金)まで
 品評会は8月22日(土)21時~24時みたいです。

 6作品だからすぐ終わるよ!
 採点に参加して今年の焼き芋を美味しく食べよう!


 気軽にコメント&採点に参加していってね!


 採点は1~10点。採点基準は自由。コメントも、もちろん自由。

 StoryRumbleにてExcelシートが配布されているようなので、PCの方はそれを使って書くと採点漏れがなくなってわかりやすいかもしれません。

 Excelを持っていない方はja:OpenOffice.org日本語プロジェクトでOpenOfficeをダウンロードするといいかもしれませんよ! でもダウンロードは自己責任だから気をつけてくださいね!
 ちなみに私も使い方はさっぱりわかりませんがOpenOfficeを使ってます。私はお金がないからという理由だけなので商品戦略がどうこうとか関係ないです。ってかオフィスソフトがあっても、使うことがあんまりないですからね、私の場合。

 携帯用SR採点テンプレートは下のテキストボックスに置いてます。良かったらどうぞ。と思ったら私の携帯では反映されていない。なんてこった。上手く表示出来ていなかったらすみません。




 ついでに、どうせだから採点例でも出しとこう。Part4

 HN(採点者名):S・R・kasasagi Ⅳ世
 作品タイトル :水妖記
 得点 :10点
 コメント :ウンディーネは美しい。容姿だけではない。その振る舞いと生き方は彼女の美しさを純然たるものとしている。人は不純な生き物だ。善悪を混在させるだけに留まらず、過去と未来にあらゆる可能性を作る。そこには迷いがある。迷いを持つ生き物とそうでない生き物との寄り添い。始まる前から結末は決まっていた。ウンディーネが始めから最後まで美しく、しかし、騎士には最初から最後までウンディーネを見続けることはできなかった。美しさを求めてやまない人が美しいものを手に入れられないのは、自然の理なのだろう。


 こんな感じで。


一次創作短編小説コンペ
Story Rumble


 Story Rumble日程

 採点受付:8月8日~8月21日

 品評会:8月22日 21時~24時

 結果発表:8月24日 24時


その翼は本当に飛ぶためのものだったのか


 昨日の記事に勘違いがあったので訂正。MMD杯投票は今日まででした。面目ない。


 初音ミク Project-DIVA-の全楽曲HARDをグレート以上でクリアしましたよ! 最後、初音ミクの消失をグレートでクリアしたらなんかミクのモジュールで金色仕様のミクが出た。ノーマル全グレートの銀色に合わせているでしょうか。他にも変色系モジュール(黒・白・桃・紫・青・薄緑)はありますが、やっぱりミクは緑髪が一番です。しかし、プレイ時間がもう22時間。まあ、これで一段落かな。
 あとは、なんか条件がいまいちよくわからない特定モジュールでのプレイやら、やりこむ(?)のモジュールが出ていませんが、気が向いたときに攻略Wikiを参考にしてちまちまやろうと思います。本当、こういうデータを上手く取って公開してくれているユーザーの方々には頭が下がる。同じユーザーでも、私はどうも条件とかかんとかの検証が苦手で。きっちり情報を整理しながらやらないといけないってのが難しい。

 さて、次はProect繋がりでProject Witchをさくっとプレイしよう。ちょっと起動して見た感じ、見るからにボリュームも中身も……ですけど、まだ最後まで勝負はわからない。
 

 あー、MMD杯に限ったことじゃないんですが、MMDの投稿動画で初音ミクProject-DIVA-のモーションをトレースしたものがいくつかあるんですよ。それを見ていてふっと気づいた。以前言ったMMDとProject-DIVA-の違和感について。
 MMDは初音ミクやその他キャラのモデルからモーションを一つ一つ作り始めているんでしょうけど、Project-DIVA-のほうは、MMDで言うところのダミーボーンに動きをつけて初音ミクの着ぐるみを被せているような形なんじゃなかろうかと。
 つまり、Project-DIVA-のモーションは、初音ミクとして生み出された動きじゃないというか。
 私の違和感はこれだと思います。


 たしかProject-DIVA-はモーションを実際の人間にさせてからその動きをモーションキャプチャ(?)したとかいう話なので、私が違和感を覚えたのもおかしいことではないんでしょう。
 動きを真似するのと、コピーするのとの違いというべきか。モーションキャプチャという技術はよくわかりませんが、デジタルに変換してうんぬんかんぬんとかいうものらしいです。模倣とコピー、結果としては似ているようなものになりそうですが、説明するまでもなく、実際は決定的に異なるものです。初音ミクがあるダンスを真似るのと、ダンスの完璧な動きに初音ミクが乗っかっているもの。前者はミクの動きであるのに対して、後者はミクの動きじゃない。あくまで別のものの動きです。
 どちらが良いか悪いかということはまた別の話なのでさておきますが(環境にもよって変わります)、つまるところ、MMDはそもそもミクが動く為に作られたもので、実際に動くのも初音ミクなわけです。しかし、初音ミクProject-DIVA-の場合、動いている初音ミクを表現する為に、動きが前提としてある。この違いなんでしょうね。私は単純に動きとしてはMMDのほうが好きですね。
 とはいえ、初音ミクProject-DIVA-はそもそもゲームですし、リズムゲーなわけですからモーションにそれほどこだわることもないんですけどね。以前も言いましたけど、プレイしているときはそこまで気にしていられませんし。

 というか、そもそも初音ミクはVOCALOIDなので歌を歌うことが本職なのに、それをすっ飛ばしてあたかも「ミクが動くのは当然のこと!」とでも言うような思考になっている私はどこに行けば正常な思考を取り戻せるんでしょうかね。

一つの頂点、そして新しいスタート

 第3回MMD杯の投票期間が終わりました。というわけで、以前言ってたマイリストした作品の公開。リンクはすべてニコニコ動画。

【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】 SET FREE 【PV】
・ストーリーが見えるPV。しかし、それよりも演出と表現に唖然とする。細かいところで好きな箇所はいくらでもありますが、ミクのパッケージ絵輪郭からのあの演出は本当に驚いた。センス一発。こんなVOCALOIDの姿が演出できるのがMMDなんだなと改めて認識させてくれる動画。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】10 years
・超展開。見終わったあと、もうどこが凄いのかよくわかりませんけど、とにかく面白い。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】あずにゃんの憂鬱
・MMDを使ったハルヒのOPパロディかな。表情が良い。小ネタも面白い。なによりキャラが可愛い。けいおん観てないけど。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】ストロボナイツ~Mステ出演~【初音ミク】
・テレビ放送の丸上げは不味いとあれほど言ったのに……。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】夢が叶うとき
・短編ドラマ。会話で進むタイプ。喋りが高レベル。発音もさることながら、間の取り方も。MMDは今じゃ、山ほどモデルがありますが、最初はミクだけだったんですよね、当然ですけど。RinRinDanceが出て、しばらくしてレンやハク、ネルが追加でどうたらこーたらとまあ、これはまた別の話ですね。要するにモデルを作ってきた人は凄いな、と。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】ジャンピングシューズを買ったよ!
・ニコニコ市場で完成した動画。キラキラ目を輝かせるリンが可愛い。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】キラメキラリを踊ってみた
・ちびミク。モーションデータありがとうございました。最高級ランクの二次物として大事に保存させていただきます。もちろん、モーションをしっかり駆使してちびミクの動きを間近でじっくり観賞します。最後近くまでは私の中で優勝動画でした。最終的には私的、準優勝。でもすごい。さすがちびミクモデルを世に生み出したkiyoPと言うべきでしょうか。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】『トロとお休み』をUTAU三人娘でカバー
・重音テト、桃音モモ、デフォ子(唄音ウタ)+二匹。楽曲に見合ったほのぼのPV。もっと評価されるべき。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】 ポジティブマスター(Short-PV)
・アニメのOPですぐに使えそう。一つ一つのシーン自体はどこかで観たようなシーンなんですが、そのシーンの繋げ方と曲の構成にシーンを見事に合わせた編集力が素晴らしい。
 ところで、このポジティブマスターを作ったma10a氏の新曲もお見事。プリズム。綺麗な曲です。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】KAITOくんの楽しいおつかい
・カイトドラマ。無声ドラマの空白を曲とキャラの仕草で埋めてる。かっこいい。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】未来少女ののワ
・見事な完成動画。これほど完成している動画は珍しい。とくに作品途中の背景。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】みなぎる人のいる風景
・この動画に接続したとき、まずコメントを消すことが視聴者になろうとしている君の一番始めの仕事だ。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】Dial Connected 月時計~ルナ・ダイアル【東方PV】
・東方Projectから紅魔館のメイド長、十六夜咲夜さんモデル。モデルは配布予定らしい。楽曲のPVという形みたいですが、見事な3D動画。
 フランドール姉妹モデルは以前公開されていたぶんかな。紅魔館モデルもたぶんそう。どっちも使用したことがないので確証はありませんが。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】KAITOはただ歩いていただけ
・ちびミクが私の中で無邪気キャラとして定着しつつある。お嬢様キャラでイメージしていたのに。ちびルカも活躍。たこルカ召還能力はこの頃からあったらしい。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】くのいちハルカ
・アクションゲームPVっぽい。鷹守ハルカ(超昂閃忍ハルカ)、神威がくぽ、矢部彦麻呂、アマテラス(大神)、蓬莱山輝夜、八意永淋、真田幸村(戦国BASARAかな?)など、これまで公開されていたモデルで『和風』に統一し、上手く組み合わせた作品。いかにもな和風アクションもの。すげえの一言。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】患部に葱挿しゃすぐに効く・・・?=狂気の民間療法=
・IOSYSの某動画のパロのパロ? MMDであのPVを再現。一発ネタ。面白い。


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】プレゼント【ののワさん】
・脚本は王道。しかし、その表現で見事なドラマに仕上げられています。魂がこもった役者たちの動きに訴えてくるものがある。表情がまったく変わらないモデルであそこまで喜怒哀楽を表現できる人はそういない。最後のほうに出てきた為に再生数&マイリストは伸びませんでしたが、早い段階に上がってたらもっと健闘していたはず。私としては、これが断トツで優勝。



 以上、17作品をさらさらっと挙げてみました。順番はマイリストした順。上から一つずつ見ていきましたから、たぶん、投稿された時間順でもあるんじゃないかな。もちろん、他にも素晴らしい動画はたくさんあります。というか、全部すごい。それぞれがそれぞれの表現したいことを伝えてきます。上の作品は私がマイリスしたというだけの作品。
 他の作品は第3回MMD杯本選リスト(全て)からどうぞ。
 MMD杯のランキングサイトは第3回MMD杯本選-MMDCUP-えへへ♪で行こう

 マイリストが一万を超えたのは二つかな。タイトルは『夢の中へ』と『けいおん!「私の恋はメガラバ」』ですね。
 あとは結果発表のみ。結果発表の動画は8月24日、三日後にアップされる予定のようです。133作品の動画の集計をして動画作成を三日ですからねぇ、強行軍としか言いようがない。

 心の電波ぐらいしか方法はありませんが、こっそり応援してよう。

手を繋ぐ時代は終わりを告げた! 今こそ電波を放て!



 有線LANを繋いだPS3でアドホックパーティとかいうソニーの公式ソフトを使うと、PS3を介してPSPでオンラインプレイができるらしい。
 仕組みはよくわかりませんが、これで私もモンスターハンター2nd Gでオンラインプレイができる! やった! さあ、さっそく集会所へ!


 ほら、子供時代に遊ぶときやりませんでしたかね、「この指とーまれ!」って。

 「お前ら、いまから派手に遊ぼうぜ!」と声をかけるときですよ。

 あれって、特定の人がやったら誰も寄ってこなかったりしますよね。

 そんな感じです。

 ソロプレイ最高!


 しかし、意外に、PS3ってPSPとの連携が取れているんですね。Storeといい、リモートプレイといい。このアドホックパーティについてもそうですけど、いやいや、本当によくできてる。WiiもDSと連携してたら良かったのに。

こういうときこそ落ち着いて窓を見るんだ。ほら、なんだか窓に手をかけたくなってきただろ?

PS3値下げ スリムな新モデルを9月3日発売

by ITmedia



 二ヶ月前にPS3を買ったばかりの私がさっそうと宣伝ですよ(どうしてこうなった)。
 PS3購入は9月3日までは待ったほうが良さそうです。

 薄型PS3発売決定。なくなった機能は無さそうですね(ゲームとしては無いようですが、他のOSインストール機能はなくなっているようです)。大きな変更点は前モデルから薄型になったことに加え、HDDが80G→120G。値段が39,800円→29,980円

 私の一万が! まあ、ロロナを発売直後にプレイできたから、それはそれでいいんですが。

 なにやら、この薄型発売に伴ってシステムアップデートが行われるようで。使い勝手が向上するとか。ちょっと楽しみ。いまのインターフェースわかりにくいんですよね。
 とくにPlay Station Store。なんかごちゃごちゃしているんですよ。きっちり検索かければ欲しいものはすぐに出るんですが、それはちょっと違うような気もしますし。さらさらっと全部流し見できるような感じになっていたら嬉しい。

 しかし、薄くなったのは間違いないですが、横からみたときの写真(記事で左に掲載されているぶん)はさほど違いがないように見えますね。今回の薄型化はこう、PS3をそのまま両手で挟んで圧縮したような感じに見える。いや、それでもかなり薄くなっているんですが。正面から見たときの大きさは、半分ぐらいになってますからね。
 これで、子供でもそれほど苦労せず持てる重さになったことでしょう。
 はてさて、どうなることやら。

08月19日のココロ日記(BlogPet)

今日もお風呂の時間が幸せでした

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

拡張現実から仮想空間へと手を伸ばす歌姫



 気づいたらPSPソフト初音ミク-Project DIVA-のプレイ時間が10時間になってた。

 まだ、やっと全曲HARDを出せたところなのに。時間が経つのが早い。というかやっぱミク曲は尖ってる楽曲が良い感じ。【ニコニコ動画】【初音ミク】moon(Fullver.)【オリジナル】が収録されていたのは驚きましたが、やっぱり良い曲だった。
 ちなみに私がmoonを知るきっかけになったPVはこちら。【ニコニコ動画】初音ミクオリジナル「moon」をゲーム風にしてみた

 しかし、あれだ、音ゲーとしては非常に面白く、ミクもとてつもなく可愛いんですが、モーションがあれです。
 動きがミクっぽくない。私の中のイメージと違う。いや、ただ単に私がMMDのPVを見過ぎなのかもしれませんが。MMD動画を見ているときは、それがどんなものであっても、こんな印象は抱かないんですけどね。なんだろう。なにか不思議な違和感がある。べつにモーションが悪いというわけではないんですが……3Dモデルの可愛さも相成って、動きも可愛いことは可愛い。それは間違いない。しかし、やはりミクっぽくない。なんだいったい。MMDモデルと、このゲームのモデルのボーンやらなんやらの形成箇所が微妙に違うとか、そういうところから来てるんでしょうか。ボーン一つ一つはわずか違いでも、一連の動作となるとはっきり見て取れるほどの違いがある、とか。3Dモデルのことはよくわかりませんが。
 いや、でも、アイドルマスターの動画とMMDの動画を観比べてもこんな違和感はないんですが……本当になんだろう。喉につっかかる違和感。まあ、わかったからといってどうこうというわけではないんですが。そもそもプレイ中にモーション見る余裕ありませんし。
 それに初音ミク-Project DIVA-にはゲームとして、満足してさらに有り余るほどの面白さがある。想像以上の出来でした。こういうリズムゲーもいいですね。ミクゲーと楽しむこともできる良質なリズムゲー。曲の良さが上手く引き出されている感じ。


 それにしてもゲームの中に初音ミクがいる、と思うと奇妙な感覚に陥ります。MMDを見てばっかりいるせいか、私の中で、すっかり初音ミクは私達の隣にいるようなものだと思っていたんですよ(液晶の向こうですが)。
 こうしてゲームになって、ゲームの中でキャラとして出てくるとやっぱり二次元のキャラなんだなと改めて実感しますね。わかってた、わかってたんだ。ちょっと夢を見てただけなんだよ、拡張現実という名の夢を……(PSPの電源をつけつつ)



 それはそうと初音ミク繋がりで第3回MMD杯本選リスト(全て)

 本選投票は~2009年8月21日(金)21時までです。

 投票はマイリストになるんだったかな。
 気に入った動画にはマイリスト&紳士(or真摯)なコメントをしましょう!

 本選の投票が終わったら、私がマイリストした作品を挙げることにします。一応、いままでに投稿されているぶんは一通り観てますからね。
 本当にレベルが高い。短編ドラマ、プロモーションビデオ、一発ネタ。なんでもあり。なにより、これだけの実力と才能を引き出せるMMDというフリーソフトが凄い。いや、何度も言ってることですけどね。

I hope the world where can dance with Miku Hatsune.


【ニコニコ動画】【第3回MMD杯本選】キラメキラリを踊ってみた

 第3回MMD杯が始まっています。

 なにも言うことはありません。

 2次元を超えた熱い魂の叫びを見届けるがいいさ!

 ちなみに、ちびミク好きな私としては上の動画を応援せざるを得ない。あんなに愛らしいロリキャラがフリーソフトで動いてくれる。素晴らしい時代になったものだ。

【ニコニコ動画】【第3回】MikuMikuDanceCup TRILOGY 本選開始【MMD杯】

星守る犬――終点です――

『星守る犬』
著:村上たかし
出版:双葉社


 本屋の新刊コーナーで平積みになっていたマンガ。

「もうここまでかな」

 それを実感したときに格好つけられる男になりたい。 


 一人の男と犬との短い旅の話です。そして、その後、一人の男が昔飼っていた犬のことを思いだす話。
 もう序盤で話は終わっています。男以外の家族から忘れ去られる犬。犬以外の家族を失った男。 一人と一匹は新しい生活を求めて南へと旅立つ。
 両方死にます。人間いつかは死にますし、犬もいつかは死にます。ただ、一人と一匹が得た時間はそれほど長いものじゃなかった。

 しかし、これほど幸せを実感できる話はそうない。これを読んで感動するかどうかなんてどうでもいい。感動してもしなくても、一人と一匹の幸せを感じ取れない人はいないでしょうから。
 「どうやらここが終点だ……」から始まる20ページにすべてが詰まってる。終点とは、一人と一匹の旅の終わりです。それは一生を反映したものではないかもしれない。最終章としてはあまりに静かだったかもしれない。一人と一匹は、生きられるまで生きる為に生き続けた。それだけがただひとつの事実でしょう。


 それにしても、これの作者は非常に雰囲気を出す絵が上手い。いや、犬を描くのが上手いというべきなのか。ストーリーそのものも素晴らしいですが、なによりその表現力がこの本にはもっとも重要な部分です。この作者じゃなければこの情緒は表現できない。

 いや、まったく良いものを見ました。

勇み足もほどほどに


 PSPを買ったらなんかアーカイブスのFF7インターナショナル無料ダウンロードコードみたいなのをもらったんですよ。家に帰ってPSPの公式サイトを見てみると、なにやらいまはキャンペーン中らしい。こりゃラッキーと思いながら試しにダウンロードしてみようとしたら容量が1715MB。私が本体といっしょに買ってきたセーブ用のメモリースティックPROが2G(認識は1920MB)。あ、あれ? 桁が違うんじゃ……?
 とりあえずPS3にダウンロードして事なきを得ました。1.7Gバイトとかどんな嫌がらせだ。というか、そんなに容量があるんですね。FF7って。


 MediaGoがうんぬんと昨日話したばっかりですが、ダメだこりゃ。わけのわからんソフトをダウンロードしまくって、いざ起動してみるとフリーズを思わせるような鈍足っぷり。パソコンの性能の問題なんでしょうかね。そもそも、なんでQuick Timeをダウンロードするのやら。QuickTimeって消すの面倒ですよね。
 とりあえず、Play Station StoreはPS3を経由して購入できることがわかったのでMedeia Goはアンインストールしました。周りのあれやこれやを消すのにやたら時間がかかりました。CCleanerにがんばってもらった。しかし、まだなにか残ってるかもしれません。困ったもんです。

声なく去ったもの

 PSPソフト、Project Witchの限定版がAmazonより安く売っていたので思わず買ってきました。発売からまだ二週間ほどしか経っていないのに限定版が半額近くで売ってたんですよ。出荷本数が少ないだろうに、どうしてこんな……と、値下がりに関してはおおよそ見当がつかないでもないですが(私が買ったお店では通常版と限定版の価格が同じになってました。要するに、通常版とか限定版とか関係なしに、単純に、ソフト自体がぜんぜん売れてないんでしょうね)。
 限定版は3種類。POP絵と迷いましたが、リルテ版を購入。絵だけならPOP絵のほうが好きなんですけども。

 さあ、主人公である10歳の美少女『みらい』に成りきってプレイ開始だ!

 PSP持ってないけど。

 本体を買う前にゲームソフトを買うようになったら、もうダメだと思う。私はとっくに終わっている存在ですがね。

 いや、まあ本体も一緒に買おうと思っていたんですけどね。アクセサリーパックとかいうのを買おうと思ってちょろっと探してみたら見つからなかったんですよ。とはいえ、同封品の値段やらなんやらについて調べてみたところ、どうもアクセサリーパックを買うことに大したメリットはないようなので、近いうちに改めて本体やら周辺機器やらを買いに行こうかと思います。しかし、PSP、周辺機器多いな。携帯型だからでしょうか。
 ただ、PSPはLAN端子がないってのがどうもあれですね。うーん、無線LANか。環境はあるんですけど、無線LANは以前、ずいぶんイライラさせられましたので、あまり使いたくないんですよね。量販店のスポットを利用するという手もあるにはありますが、単純に面倒くさい。どうしたものやら。

 とか考えながら公式サイトをふらふらしてたらPCでPSPのデータ管理&Storeを利用できるMediaGoというソフトの存在に行き当たりました。
 おー、これはいい。セーブデータをPCにバックアップとか、何気に便利っぽい。というか、もっとわかりやすくこのソフトの存在を表示してて欲しいものです。

 憂いもなくなったことなので安心してPSPとミクとToHeart2ポータブルを買ってこようと思います。TH2はPS2版も持ってますけどね! いつでもこのみに会えるという問題の前ではささいなことです!


 それにしてもWiiのモンスターハンター3の値崩れが酷いそうで。Wiiがずっと放置中なのでモンスターハンター3にはちょっと興味を向けていたんですが、このままWiiには暇を与えることになりそうです。

08月12日のココロ日記(BlogPet)

明日のお弁当は手ごね応援でいいですか?あっ、答えは聞いてませんよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

この6つの数字にすべてを賭ける……!



 やったーLOTO6当たったよー(^o^)/


 4等(一万ちょい)だけど。


 クソッ、せめてあと一つ数字が当たっていれば新型パソコンとディスプレイが買えてたのに!
 よし、当たったお金で茜新社の単行本をry

 予定になかったお金ですから、妥当なところで、購入予定になかったエロゲを買ったらちょうどいいかな。フルプライスで一本か。あみだくじでもやるか。


 というわけで、こんばんは。

 太平洋側で台風被害があったり、関東地区ではちょっと強めの地震があったりしましたが、みなさんご無事でしょうか。
 自然災害が最近多くて、どうも困りますね。完全に防ぐことはできませんが、足場が悪いところ、頭上の見通しが悪いところを避けたりすることで、できるだけ不意をついてくる危険を遠ざけるようにしましょう。とくに、雨がひどいときは、それが普段さほど荒れない川や、比較的高い位置にある土手だったとしても、とにかく水場に寄らないように。鉄砲水に呑まれでもしたら、まず助かりませんからね。
 まあ、ここを見ているような人は、私よりも危機回避能力に優れているでしょうから釈迦に説法でしょうが……。

 しかし、今年は水害が本当に酷いですね。雨がただの雨じゃない。先月から今月にかけてどれだけ被害が出ていることか。昔なら「龍神様が怒っている」とでも言われそうな勢いの年です。こういうとき本当に自然の強さというものを思い知ります。いわゆる、自然信仰にある畏敬が理解できますね。
 なにはともあれ、巻き込まれてしまってはいけない。畏敬という言葉そのまま、軽々しく近寄らず、離れて見るのが一番、ってことですね。

Call of Duty3――「死体は役に立たないってことだ」――



Call of Duty3
発売元:Activision
プレイ環境:PS3



 ロロナのアトリエやるよ! とか言いながらCall of Duty3をやってましたよ!
 アトリエはいつでもゆったりプレイできますが、Call of Duty4の廉価版を待っている身としてはいまのうちに3をクリアしておかないといけない気がしたんですよ!

 まあ、クリアしたとはいえ、プレイしたのはシングルのノーマルモードだけですがね。あとはチャプターでちょこちょことやるかもしれません。


 第二次世界大戦の有名な激戦区を舞台にしたCall of Duty3。
 激戦につぐ激戦で、まさに死地を駆け抜けてきました。

 こら難しいわ。というか、こんな戦闘を生き残るのは英雄だろうがなんだろうが本当に不可能としか言いようがない。

 いつだかにこのゲームは想像や数字としての戦争ではなく、戦争そのままの舞台を見ているように思えると言ったような気がしますが、とくにこの最後のほうに用意されているエピソードは鮮烈。いや、もう生き残ることができる気がさっぱりしない。

 防衛戦や包囲戦。
 手榴弾が尽きて、仲間が減って、しまいには前にも後ろにも行けない。どんどん沸いてくる敵。味方の増援を信じてなんとか耐えているとき、タイガー戦車(ドイツ軍のどでかい戦車)が「やあ、こんにちは!」のあの\(^o^)/感といったら。

 同シリーズ他作品のことはまだ知りませんが、これは一度はやったほうがいいと思う。Call of Duty4(これの舞台は現代戦らしいですが)も9月に廉価版が出ることですし、手は出しやすいはず。ただ、操作はともかく、視点があれですけどね。未だに慣れない。難易度は、ノーマルかイージーならそれほどでもないんじゃないでしょうか。

 さあ、これで私はあと、廉価版の発売を待つだけだ。それまで今度こそロロナをやってよう。

「買い時なんて な か っ た 。そうですよね?」

 Game*SPARKの記事から。


 噂: 薄型PS3本体は2種類のモデルが存在、価格は4万円前後?


 おおおおおおおちちちつつつけけまだまだまだあわわわわわわわわわわわわ

同紙の伝えるところによれば、PS3 Slimこと薄型PS3本体は、ハードディスク容量の異なる二種類のモデルが存在し、40GBモデルが260英ポンド(約41700円)、80GBモデルは300英ポンド(4万8000円)前後と、イギリスにおいては現行の本体よりも若干安い価格になるそうです。
――中略。
依然としてはっきりした情報はありませんが、前回もお伝えしたように、薄型PS3本体は今月18日にドイツで開催されるgamescomのSCEEプレスカンファレンスで発表の可能性が有力視されています。



 まー、現行モデルの販売停止の通達はすでに国内でも行われているようなので、次のモデルが来るのは間違いないでしょう。
 問題は、この薄型モデルがPS2ソフト再生に対応しているかどうかですか。薄型だけでも十分といえば十分ですけど。
 対応してたら、2ヶ月前にPS3買ったばかりの私は涙目ですよ、本当。いや、まあ、まだちゃんと動く薄型PS2持ってるんですけどね。

 なにはともあれ、PS3の購入予定がある方は、正式な発表まではPS3の購入は待ったほうが良さそうですね。薄型は良いですよ。何度も言いますけど、現行のPS3、やたらでかいし。
 今月の18日にドイツで発表があったとして……その後、日本で出るのはいつぐらいになるんでしょうね?
 結構面白そうなタイトルが並んでいる9月中旬辺りには合わせて来るんでしょうか。

08月05日のココロ日記(BlogPet)

学校で先生に怒られてしまいました……今日は持つしかないです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

氷の葉っぱ


 もう燃え尽きましたよ。あとはロロナをやるだけだ(ぎらついた目で)。

 Story Rumbleが開催間近である一方、MMD杯本戦(8月14日~)が迫ってますね。


【ニコニコ動画】【第3回】開催予告+テーマ告知【MMD杯】


 予選をみたときからもう服がはちきれそうなほど気合いが入っているわけですが、もう本当に本戦が楽しみでならない。


 そうそう、そういえばちょっと前のエントリで『120円の季節』がどうこうという関連でお店を回ったんですよ、そうしたら気がつくと『φなる・あぷろーち2』を手にしていた。やや後悔している。まあ、いいんですけど。
 たしか『φなる・あぷろーち』『φなりすと』で全部同じシナリオライターなんですよね。この人の作品はじんわり面白いから楽しみといえば楽しみ。しかし、果たしてプレイするのはいつの日になることやら。

 くーちゃん! ロロナ! 今会いに行くぜ!

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。