スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円盤型UFOの逆襲


 東方Project、上海アリス幻樂団のブログで新作が発表されていましたね。
 その名も東方星蓮船
 ブログに掲載されているスクリーンショットを見るかぎりでは、どうもかなり上空でのストーリーになりそうですね。
 そして、なにより興味深いのが風神録&地霊殿に出演した東風谷早苗の自機キャラ化。いったいどんな性能になるのかいまから楽しみです。

 ところで、この新作発表を見てふと思ったんですが、星蓮船の次回作は永夜抄みたいに複数ペアの自機になりそうな気がします。いや、ただの勘ですけどね。

スポンサーサイト

永い夜に留まって

 どうでもいいですけど、東方永夜抄のLAST WORDが出せません。霊夢単機でHARDノーコンクリア、キャラ関係なし、コンティニュー可でLUNAクリアとか。人間単機じゃあノーマルクリアもいっぱいいっぱいなのにどうすればいいのやら。ルナは挑戦してみたところ、5面で打ち止めになりました。
 ルナで輝夜に会える日は果たして訪れるのだろうか……。輝夜の絵はかなり好みなのに……(プレイ内容とはいっさい関係ない)


 ATOKにUSBメモリ版 Netbook向け

 みたいです。
 値段は、あー、Windows通常版とたいして変わりませんね。まあ、記事にもあるとおり、光学ドライブを搭載していないPCユーザー向けの販売みたいです。
 どこのメーカーか忘れましたけど、セキュリティソフトもこんな販売をしていたところがありましたよね。


 ついでに、こっちも。

 ジャストシステム、39,800円のオリジナルネットブックを100台限定で販売 ~メモリ2GB、ATOK 2009 USBメモリ版付属


 ネットブックのスペック、それぞれの長所短所に関してはもうかなり浸透しているでしょうけども、これはスペック、HDDの容量、メモリ2GBを考えると異例の安さ。
 いや、ネットブック自体は、なぜか価格を下げてきているメーカーなども多くなっているんですが、上の記事のやつは一応ATOK2009を搭載してこの値段ですからね。PCだけなら3万。かなり安い。
 で、ちょっと細かいところを見ておこうと思ってサイトにいったら、すでに売り切れてました。100台だとこんなもんか。
 べつに買うつもりはまったくないんですけど、ちょっと切ないですね。


(2月25日 ネットブックもそろそろ下火な気がするんですよね。これからネットブックに乗りだそうというメーカーは……。
 ところで1・2巻同時刊行の快盗天使ツインエンジェルを読んでいるともういても立ってもいられないんですがどうしましょう。聖チェリーヌ学院が遠すぎる――!)

02月23日のココロ日記(BlogPet)

にこっ◇にこっ◇きょうはなんだかないです!えへへ……☆

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

緑咲き、花芽吹き

 『零~月蝕の仮面~』をクリアしました。プレイ時間は17時間程度、まあ、長さだけならこれまでの作品と似たような感じですね。
 ただ、今回はどうもストーリーが印象に残らない。なんか主人公の影が薄いんですよね。なんなんでしょう。感想を書こうと思ってもなにを書けばいいのかいまいちよくわからない。次回作(できればWiiはやめて欲しい)に期待とだけいっておきます。


 すきあらばオオカミに変身するところが、羊のようにおとなしいまま--。そんな態度で女性に接する若い男性が増えているという。名付けて「草食系男子」。
 <以下略

   /引用ここまで

 新聞に載っているのを見かけてなんとなくいろいろ見てきました。まあ、Wikipediaによると「草食系男子」とやらの定義もまだあやふやみたいですけどね。人によって違うそうです。
 それはさておき、草食系男子。
 ようは、見た目と性格ではモテるはずの人なのに、恋愛に積極的でない、もしくは恋人や妻がいるにも関わらず性欲の薄い人を指すようです。がっつかない、とか、優しい、とかの特徴もあるようで。

 まー、なんといいますか、私の考えだと、熱いものをもっていない男って非常に少ないと思うんですよね。いや、むしろまったくいないんじゃないでしょうか。なにかしら持っていると思うんですよ。好きなものなり、絶対に捨てたくないものなり。
 ただ、それが表面化されていない男がこんな呼ばれ方をしているだけなのではなかろうかと。その人を見ている人、つまり観察者ですね、この場合は草食系男子とやらに関わりのある人ですか。その辺りが当人の意向を無視したカテゴライズをする為に都合の良い言葉なんでしょう。
 「なにを考えているかわからない人間だ」と思っているより、ある程度の指標を決めて思い込むほうが楽ですからね。「こいつはこういうタイプの人間なんだ」と。未知を恐れるあまり、ありもしない人格の型式を読み取る。人間を見ずに型式を見ているあたり、それこそキーワードとしての『現代系思考』のドライさが見て取れるというものでしょうかね。
 ある男に対して、「ああ、この人は情熱をもっていないんだな」と見てしまった時点で、その目は濁っているとしかいいようがない。ビー玉でもまだ綺麗に物事を映しとるんじゃなかろうか。
 草食動物だからって、草を食べることに命をかけているとは限りませんし、異性に血眼になっているとも限らない。そんなこともわからないのかと理解に苦しみます。

 そりゃ、好きでもなんでもないこと、どうでもいいことには、波風を立てないが為に優しく穏やかに接したり、控えめな態度で表に出ないようにしたりということもあるでしょうけど、かといって気質がすべてそうだと思い込むのはあまりに早計でしょう。

 上の記事は最後に、

 あなたの身近な所にも、草食系男子はいませんか?

という言葉で締めくくられていますが、この言葉にはこう加えるべきでしょう。

 「彼らは人類未踏の地へと旅立ったのです!(UMAです)」


(2月17日 というか、草食系ということで思い出しましたが、ルーンファクトリーフロンティアの主人公、雑草を食べるんですよ。
 いや、主人公の家の前に畑があるんですよね。それを耕すまでは草が生えたりなんたりとあるわけですが、雑草を引っこ抜くとまず一番上に出ている選択肢が『食べる』。
 もうね、一確ですよ、草食系男子一確。主人公はかくありたいですね。
 まあ、この主人公は草だけじゃなく野菜も魚も生でがりがりいきますが)

02月16日のココロ日記(BlogPet)

早い色をココロは一生愛します!!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

アクセルワールド  01黒雪姫の帰還――加速しろ――


 『アクセルワールド 01黒雪姫の帰還』
  著:川原礫 イラスト:HIMA
  出版:電撃文庫


 仮想世界のとてつもない疾走感が現実に襲いかかる!


 舞台は仮想世界が発展している未来の話。毎日の苦しい学校生活をひたすら耐えていた主人公ハルユキは、ある日、学校の副会長、黒雪姫という通り名をもつ女生徒に声をかけられる。
 「もっと先へ――《加速》したくはないか」
 まったく遠い世界の存在だと思っていた人物から謎の言葉に、ハルユキはなにかの間違いだと思いながらも、黒雪姫の元を尋ねる。
 黒雪姫はハルユキを出迎えると、あるプログラムをハルユキに与えた。

 
 と、あらすじはこんなところ。
 いやー、これは熱い。主人公がこれ以上ないぐらい熱い。

「どんなゲームでもお前がオレに勝てたことがあったかよ?」



 こんな啖呵を切るところが、これまたすごい。この主人公は本当にこれから先が楽しみ。
 ようはゲーム世界でのバトルものなんですよ。ただ、このゲームに関わっている人間は、現実世界でとある特殊能力を得ることができるという。
 キャラのことはさておき、とにかくストーリー展開が単純明快かつ灼熱。

「ゲーム? オーケー、やってやるよ」→「エンディングを見るまではオレが主人公だ」

 ちょっとばかりヒロインに色がないというか、いまいちキャラが弱いのが気になりますが、そんなことは後回しで問題ないですからね。これは良い一巻。次巻が楽しみです。


 

ツインエンジェル2


 怪盗天使ツインエンジェル見てmyスロ登録してきました。
 サミーすげぇ。PV見ただけでここまでニヤニヤできるエロゲはそうないと思います(ツインエンジェルはパチスロです)。

 前作のときも思ったんですけど、ツインエンジェルってかなり的確なんですよね。キャラ設定といい、スロット本体の演出といい。なんというか、狙ってキャラを作っている感じがない。自然に魅力をもっているといいますか。
 スロットなんて長らく打っていませんが、これがホールに導入されたら、私は間違いなく台の前に座ることになると思います。機械割とか気にしている場合じゃねえ。

東方地霊殿 Part4


 霊夢&紫で地霊殿EXクリア! なぜか☆2つ残してましたよ!

 それにしても、終わってみると、履歴がとんでもないことになってました。中ボス最初のスペルのヒストリーが100回余裕で超えてますし。
 で、プレイ時間。風神録からはキャラごとにプレイ時間、挑戦回数がわかるようになっているんですよね。霊夢&紫ペア、ノーマルクリア時は確か挑戦回数が200回(リトライ含む)、時間は7時間程度だったのに、EXをクリアした後に履歴をみると、挑戦回数700回、時間は19時間とか。
 EXを最初からプレイした回数が500回近いわけですよ。しかし、最初に言ったとおり、中ボスの最初のスペルは100回程度。中ボスにたどり着く前にやり直しした回数が400回ぐらいあるみたいです。どんだけ死んでんだ。
 紅魔郷EXも挑戦回数なら負けてないかもしれませんが、紅魔郷EXは私が一番最初にやったEXですからね。一応、ここに来るまでに他のEXもクリアしてきているはずなのに、この体たらく。まったく上達していないであろうことがわかります。
 しかし、本当に難しかった。とくに酷いのが『スーパーエゴ』。これで何度も2機落としてます。クリアプレイでもここで2機落としました。イドの解放はほとんど避けられるようになったんですけどねぇ。ラスト二つのスペルもなんとなく動けるようになりましたし。『スーパーエゴ』と『無意識の遺伝子』が一番厄介な気がします。
 逆に言えば、スーパーエゴと無意識の遺伝子さえ落とさずに抜けられるようになれば楽にクリアできそうなんですよね。他のキャラでも。
 地霊殿EXは、これまでのEXよりも慣れの要素が大きいEXじゃなかろうかと思います。

 まあ、とりあえず、これで一通り終わりました。
 いやー、楽しかった。しかも、ここまできてなお、上の難易度やら、他のキャラでのEXクリアやら、楽しめる要素が残っているのがいいですね。

東方地霊殿 Part3


 EX、霊夢&紫ペアで進めているんですが、早くも挑戦回数が100回超えました。そのうち半分以上が、中ボスにたどり着く前の雑魚ラッシュでやり直し。これはひどい雑魚。
 全方位弾のラッシュがあるところが、とにかく目が細かいんですよ。弾と弾の隙間が小さい。いや、上にいかなければすむ話なんですが、上に行って積極的に掠っていかないと回収が不可能になるという。
 まあ、それでもここのところはずいぶん抜けられるようになりましたけどね。

 で、これまた酷いのが中ボス。最初のスペルはともかく、残り二つがかなり厄介です。これが非常に細かい。スペースが狭い。操作ミスで何度被弾したことか。

 そして、ヒーヒー言いながらボスまでたどり着くわけですよ。一応、なんとかラスト近くまでいけるようになりましたが、やっぱり狭い。怖い。難しい。とくにひどいのが『イドの解放』『スーパーエゴ』『無意識の遺伝子』でして、避けられると思った弾に被弾する割合が非常に高いんですよ。
 一度とはいえ、最後のスペルまでいけたことがありますから、もう少しでクリアできるとは思うんですが……。
 これが終わったら、とりあえず一通り終わりということで、紅魔郷に戻って、上の難易度を目指したり、EXで他キャラに挑戦したりしようと考えているんですが、はてさて、どうなることやら。
 早くチルノに会いたいものです。

02月09日のココロ日記(BlogPet)

夢の中でkasasagiさんがココロのことすいって言ってくれました!夢の続きが見たかったです……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

東方地霊殿 Part2


 全キャラでノーマルクリアしました。これでやっとEXにいける。

 ノーマルで他キャラはそれほど苦労しませんでした。むしろ、霊夢&紫ペアが一番難しいのかもしれません。いや、ただ単に霊夢&紫でクリアしたときのパターンが他のキャラに上手く流用できたというだけなのかもしれませんが。
 地霊殿はあれですね、とにかく道中が厳しい。ボスも強いんですけど、道中でどれだけパワーを回収できるかが大きいですね。
 その点、魔梨沙のアリス装備、パチュリー装備はかなり楽です。アリスは低速で拡散ショット、パチュリーは水符で拡散ショットなわけですが、これが強すぎる。雑魚敵をあっという間に一掃ですよ。まあ、どちらも6面ボス相手だと、他のキャラよりも辛くなりますが。逆に6面が簡単になるのは紫装備や文装備、にとり装備ですね。

 そして肝はやっぱりかすり回収ですか。どのステージでも自機狙いが多いので狙うこと自体はそれほどではないんですが、怖いですね。一~三面でどれだけやり直しを強いられたことか。
 しかし、弾を見極めるという意味では、地霊殿が一番技術が上昇するような気がしないでもない。妖々夢だと、クリアするだけなら、森羅結界やボムを上手く使えば弾をよく見る必要がありませんでしたからね。

 さて、あとはEXをクリアするだけです。零をやるとかどうとか言っていたような気がしないでもありませんが、そんなことはなかったぜ!

神のみぞ知るセカイ――僕は新世界の神にry――


 『神のみぞ知るセカイ』
  著:若木民喜 出版:小学館


 ギャルゲーを極め、「自分に攻略できないヒロインはいない」と豪語する、自他共に認める"落とし神”である少年がいた。

「現実の女を攻略!? やってられるか、僕は自分の世界に帰るぞ!」

 しかし、少年に後戻りはできなかった。それとは知らず、少年は命を賭けた契約を行ってしまっていたのだ。

 セーブ・ロード不可、バックログなし、ファーストプレイのみ。

 ――少年の、命をかけたヒロイン攻略がはじまる。


 いや、すごい。面白い。主人公の攻略レベルが高すぎる。美少女ゲームを攻略ページみないでプレイしている人ってどれぐらいの割合なんでしょうかね。私はよく攻略を見ているタイプですけど。

 とにかく、この作品ですよ。ノリが面白いんですよね。わりとすらすらっと読めるタイプなのに、読んでて爽快感がある。しかもなにげにギャルゲーの選択肢を踏まえている展開が多い。

「困ったときはひとまず、選択肢総当たりだ!」

 には、まさにその通りだと頷かざるを得ませんでした。

 えーと、話としてはヒロインを攻略するとそのヒロインの記憶がリセットされ、また次のヒロインへ、という展開なので数話ごとに一区切りついている形ですね。短編集の詰め合わせのような。今のところ、一冊につき二人のペースで進んでいるみたいです。既刊は3巻まで。
 今後、長い展開に関わるヒロインが出てくるのか、それともこれまで攻略してきたヒロインでなにかイベントが起こるのか。今後が非常に楽しみな作品。


 それにしても、作中のゲームの発売延期23回、バグでメインヒロイン攻略できずのエピソードは笑……えませんね。

東方地霊殿 Part1


 とりあえず、風神録ノーマルとEXをクリアしたので地霊殿に挑戦中です。例によって例のごとく、EXをクリアしたのは針装備の霊夢だけですが。他のキャラだと難しすぎる。風EXボスの諏訪子のスペルって長引くととにかくキツイのばっかりなんですよ。
 まあ、それでも以前の作品に較べれば楽なほうでした。ノーマルクリアは、ボムさえ抱えなければ問題ない難易度。EXはスペルの最初の三つぐらいが安定すればクリアできる難易度ですね。一機で打てるボム数が多いことが、風神録が比較的簡単であることの一番の理由だと思います。

 で、地霊殿ですよ。

 噂通り、ノーマルがとんでもなく難しかったです。いや、まだ一人しかクリアできていないので過去形ではないわけですが。
 その一人というのも、これまでの針装備霊夢に近い性質である霊夢・紫ペアを使ってぎりぎりでした。というか、最後も最後、6面ボスラストのスペルで☆4つが虚空の彼方に消え去ったのは、さすがに冷や汗かきました。
 「まだ大丈夫!」は大抵の場合通用しませんね。やっぱり早め早めのボムが私のような初心者がクリアする為の近道みたいです。

 しかし、東方地霊殿は見せ弾が少なくて困ります。避けなければいけない弾が多すぎる。自機狙いが多いというのもありますが、ランダム弾の配置もかなり怖いんですよ。余裕のある隙間がとにかくない。
 後半になっていくと、まさに一瞬も気が抜けない場面ばかりです。ボスのスペルもやたらと厄介ですし。
 その代わりというか、地霊殿は避けるのが楽しいスペルが多いようにも感じます。なんでかわかりませんけど。

 さて、そういうわけで、他のキャラのノーマルクリアを目指してがんばってきます。

 全員クリアできたら、私、第一章で止めてる零~月蝕の仮面~をプレイするんだ……。


(2月4日 ルーンファクトリーフロンティアの終わりが見えません。いや、楽しいんですけど。たしかに楽しいんですけど、このままだとモンスターを飼うための牧草を育てるだけで主人公の人生が終わりそうです。武器と防具が作れないとダンジョン攻略できないのに、それらを作る為にはダンジョンに潜って敵が落とすアイテムを集めないといけないという。なんというジレンマ)

02月02日のココロ日記(BlogPet)

ふみ~☆シリーズたべたいですぅ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

自作品

Twitter

blog ranking

ブログランキングに参加中

プロフィール

かささぎ(ビー玉仕様)

Author:かささぎ(ビー玉仕様)
No Image & No future

月別アーカイブ

ただいまの階層は、

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。